無事合格、第二級海上特殊無線免許&優れもの喫煙グッズ。
- 2014/03/02(Sun) -
毎年のことであるが、
この時期は、寒いし釣れないので、一時的な冬眠生活に入る。

今週末は、オフショアサクラを予定していたが、
今週に入り、切れ目に入ったようで、
ほとんどの船が釣れていない。

ということで、残念ながら、今週も釣りはお休みとした。


さて、先月26日、第二級海上特殊無線免許の合格発表があった。
結果は無事合格。
IMGP9193.jpg

ネットで見ると、確か受験者は12名だったと思うので、
1名不合格者がいた模様である。

合格率は8割強ということなので、
札幌での受講者は、優秀であったということだろうか。

これで将来、マイボートで大海原に出る際に、
遭難の危険性を大幅に軽減できるということになる。


釣りとは全く関係ないが、
過去にこのブログで禁煙を高らかに宣言したが、

実は、志半ばでめげてしまい、
現在もれっきとした喫煙者である。

そもそも、禁煙などというものは、
これまでの人生の中で、1度しか経験がなく、
それも、高校2年のときに3か月だけである。

当時、仲間からタバコを吸わないような奴とは
付き合えんなどという理不尽な言葉を投げつけられ、
渋々、禁煙を破ったわけであるが、

自分は、健康に自信をもっていたこともあり、
それからは、全く禁煙しようとは思わなかった。

ところが、3年前に脳梗塞で入院する羽目になってから、
さすがに禁煙の必要性も理解しだし、

なにより、タバコによる経済的な損失を考えると、
いっそのこと止めてしまおうと考えたが、

結局、長年染みついた習慣から抜け出すことはできなかった。

ところが、つい先日、ヘビースモーカーの知人が入院したことから、
お見舞いに行ったところ、電子タバコなるもの吸っていた。

ちょっと吸わして貰ったところ、
病院にいた3時間の間、タバコを吸いたいと思わなかったのである。

電子タバコは、過去に購入したことはあったが、
当時は、タバコよりも高価なものであった。

いろいろと調べてみると、今の電子タバコは大きく進化し、
タバコに比べ1/5以上経済的な負担が軽減できるということがわかった。

そこで、早速、買ってみました。
IMGP9194.jpg

この電子タバコは、eGO-Cというもので、
写真上のリキッドを注入するタイプである。

因みに、このリキッドは6mgのニコチンがはいったメンソールフレーバーのもの。
このリキッド1本で、タバコ約100本分に相当する。

金額は、5本入りで2,200円、一本当たり440円。
つまり、440円でタバコが100本吸えるという計算になる。

電子タバコの原理は、フレバーとニコチンを入れたプロピレングリコールを
アトマイザーで噴霧化した蒸気を吸引するというもの。

蒸気にするためには、電子機器を使用するため、
バッテリーが必要となる。

写真の真ん中が自宅で使用する大きめのバッテリー、
写真下は、電子タバコ本体で外出用の小さめのバッテリーを付けたものである。

今のところ、リアルタバコと併用しているが、
リアルタバコは、4日に一箱に軽減された。

電子タバコは、燃焼させないので副流煙が出ないが、
さすがに職場のデスクでは吸いにくいので、

相変わらず喫煙ルームで吸わなければならないというところが難点である。

4月からタバコも値上げとなるが、
これを機に電子タバコに代えようという方も
増えるのではないだろうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | ボート免許 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第二種海上特殊無線技士国家試験受験記
- 2014/02/08(Sat) -
2月に入り、日本海のサクラマスも釣れ始めてきたし、
太平洋も昨年2月のように爆釣の気配も見えてきた。

しかし、自分達は、毎年のことだが、
2月は釣れないし、寒いので、
ほとんどあきらめ気味。

少し暖かい日があれば、
出かけてみようかという感じである。

今日は、今シーズン最低の気温であったが、
そんな中、第二種海上特殊無線技士の国家試験を受験してきた。

IMGP9185.jpg
この記事のURL | ボート免許 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無事合格しました。
- 2013/11/24(Sun) -
先月、急に思い立った船舶免許の取得。
調子に乗って、1級免許の取得に挑戦したため、

いろいろと悪戦苦闘の日々であったが、
なんとか試験に合格できた。
IMGP9161-1.jpg

我がスクールは、1級、2級とも全員合格。
ただ、1級の学科の合格発表で2つ欠番があったことから、

他のスクールの方だろうが、
少なくとも2名は、不合格であったのだろう。

自分は、基本的に知能指数が低いと思っている。
学生時代は、人の倍以上勉強をしなければ、
人並みの学力を得られなかった。

高校、大学とも、それほどの学校でもなかったのに、
一生懸命勉強して、やっと合格という状況であった。

要するに、頭が悪いのである。
なので、今回もかなり勉強した。

しかし、この歳になると、
覚えが悪い上に、忘れやすい。
自分でも、正直、ショックでした。

海図は、もともと理系ということもあり、
それほど苦労することなく頭に入ったが、
上級の機関は、かなり苦労した。

若い頃は、バイクに乗っていたし、
車もちょこっとだけ、いじくったりもしていた。

しかし、1級の機関は、そんなレベルではなく、
全く新しい知識を必要とした。

機関の名称も初耳のものばかり。
なので、参考書を行ったり来たりして、
なんとか、ちょっとだけ理解できるようになった。

そんなことで、気がついたら、朝の3時という日々であった。

後で解ったことなのだが、
自分が購入できる程度のボートだと、

5海里までの限定沿海となっているので、
調子こいて、1級なんて受験しなければ良かったと正直思った。

<2013.12.11記述>
再度調べてみたところ、限定沿海は、往復2時間の沖合まで航海できるようです。
つまり、片道1時間、距離にして概ね20海里、約40km沖合まで行けるということでした。

とりあえず、合格してホッとしている。


さて、昨日は所用があったので釣りは休み。
ということで、今日、ちょこっとだけ、行ってきた。

そろそろ、マメイカの時期なので、
余市、古平、美国と回ってみたが、
釣り人はいなかったので、釣れていないのだろう。

唯一、小樽の第一埠頭は、部分的に好調。
釣れていた方は、埠頭付け根辺りで電気を付けて、
磯竿にスッテの6連結で広範囲に探っている方のみ。

ここは、深さがあるので、餌木で数釣りするのは、
難しいであろう。

自分も電気の側で、30分ほどやってみたが、
2匹しか釣れなかった。

余市方面が釣れ出すのは、あと2週間ほど先になるのではないか。
マメイカの刺身は、自分の中ではヤリイカより上品な味わいがあると思っている。

特に、一匹握りは最高。
今年も、爆釣の場面に出会えることを期待している。
この記事のURL | ボート免許 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
惨敗、噴火湾のサケ&船舶免許実技試験。
- 2013/11/17(Sun) -
2週間前、ボーズを食らった
噴火湾オフショアのサケ。

土曜日、リベンジのため、
6時前に大中漁港が出港した。
IMGP9155.jpg
この記事のURL | ボート免許 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正直疲れました、1級小型船舶操縦士免許学科試験。
- 2013/11/10(Sun) -
今日は、ボート免許の試験日であった。
残念ながら、実技試験は、荒天のため延期となってしまったため、
午前中に学科試験だけ受験してきた。

場所は、小樽のフェリーターミナル。
IMGP9154.jpg
この記事のURL | ボート免許 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ