スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
う~様の悲劇、苫小牧東港のサクラマス狙い。
- 2011/04/17(Sun) -
2011.4.16

週末になると天候が荒れる悪循環が続き、
予定の釣行ができない。

土曜日は既に1度延期した雄冬沖のソイ釣りの予定であったが、
またしても、波が高く出港できず。

雄冬の船は、小さいので、ちょっとした波でも出港できない。
3月末から好調が伝えられていただけに、残念である。

週末は、どこも波が高く釣りにならないが、
家にじっとしているのもなんなので、
ほとんど期待できないが、
波が低い苫小牧東港に、ぽつぽつ釣れていると聞く、
サクラマスを狙いに行ってみた。
04-16苫小牧

朝の4時過ぎに到着してみると、
フェンス右側から中央付近まで、
クロガシラ狙いであろう投げ竿がずらーっと並んでいる。

仕方がないので、中間よりやや左側に釣り座を構え、
まだ薄暗い4時半前にスタート。

少し明るくなると、目の前で頻繁にボイルし出す。
結構大きいボイルなので、海アメかなぁと期待するものの、
時たま、ルアーにコツンというアタリがある程度。

そうこうするうちに、かなり右側でサビキの方が魚を上げる。
海アメっぽいなぁとかみさんと会話しなが、
黙々とルアーを投げるが、相変わらず軽いアタリのみ。

魚はいるようなので、ここで、浮きにチェンジ。
キビナゴを付けて投げるが、全くアタリはない。

おかしいなぁと餌をアミエビに替えると待望のヒット。
結構重いので期待しつつ巻き上げ、魚を確認。
なんと、パンパンに太ったう~様であった。

リリースしようとすると、お隣の地元の方が、
いらないならちょうだいとのことで、差し上げた。

干し焼きにしたり、刺身にしたりして食べるとのこと。
近所の方々の分も含め、10匹必要とのこと。

その後も釣れるのは、う~様ばかり。
フェンスから下を覗くと、もの凄い数のう~様。

ところが、6時半ごろフェンスの左端の方が、
タモを出して魚を上げた。

これはと思い見に行くと、58cmの立派なサクラであった。
これで俄然やる気になって、あれこれとルアーを投げてみるが、
その後、終了の7時半までに、サクラが上がることはなかった。

この場所でサクラを狙うには、まだ少し早い感じがした。

一方、あれだけ賑わっていた、プールにはほとんど人がいなかった。
地元の方のお話によると、プールは今時期からGWまで暖水が出ていないとのこと。
ということでは、魚も上がっては来ないとのお話だった。

来週末も雄冬沖を予約しているが、
週末荒れるローテーションが
なんとか崩れてくれることを祈るばかりだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | フライ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
初めての十勝川は?道東のアメマス釣り。
- 2010/03/21(Sun) -
3週間振りの釣り。
早春の嵐をなんとか交わして、それなりに満足した釣りができた。

20日、午前中に札幌を出発して、目指すは昨年良い思いをした道東の小河川。
到着は、午後2時過ぎ。
なんと、川はまだ結氷していた。

仕方がないので、音別川に行ってみると、
河口は、やや渇水気味。
釣り人はたくさん居たが、ピンポイントでしか釣れていない。

ということで、国道に架かる橋の少し上流に入った。
IMGP1235.jpg
釣り人は、フライマン3名。良い調子に釣れている。
先行者の邪魔にならないよう少し離れたところに入ると、
あちこちでさかんにボイルが見られる。

早速、オリーブ系のマラブーを流してみるが、全くアタリがない。
お隣の方にお話を聞くと、派手目のフライは2、3投でスレてしまうとのこと。

オリーブ系ばかり用意していたので、手持ちのフライの種類は少ない。
試しにウェットを流してみると、なんとかヒット。
42cmの小ぶりアメマスが釣れてくれて、ほっと一息。

近くの方とお話をしていると、あまり釣れていないのを気の毒に思ったのか、
これ使ってくださいと、チャート系のマラブーとオリーブ系のニンフをいただいた。
この記事のURL | フライ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
へたくそにもほどがある、道東遠征用フライ。
- 2010/03/15(Mon) -
今週末は、道東に行こうか、道南行こうか、
いろいろ迷ったが、条件が今一つなようなので、結局、家でだらだら。

来週の連休は、オフショアサクラと道東遠征にも行きたいと思っている。
ということで、道東用のフライを巻いてみた。

この時期のフライと云えばマラブー。
フライを巻くなんて年に数回しかないので、
いつまで経ってもうまくならない。
IMGP1233.jpg
もしかして、ビーズヘッド大きすぎ?

1時間半かけて、やっと7個巻けた。
IMGP1231.jpg
結構しんどい。
オークションで買った方が楽だったかもしれない。

すぐに壊れそうなので、かみさんの分も入れると、
少なくても、この3倍は巻かなきゃならない。

昨年は、黒やオレンジ系も釣れたので、
少し用意しておこう。


一方、オフショアサクラ、今年は相変わらず絶好調の模様。
ライセンスに入ってしまったため、定数は10本。
皆さん定数釣りしているようだ。
最近は3kg級も結構上がっている。

ただ、まだバケ釣り主体のようなので、
バケとシャクリの両方用意しなければならない。

毎年、かみさんに大物を持って行かれているので、
今年こそは、ドカーンと一発食らわしてやる。
この記事のURL | フライ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
爆釣の筈が・・・、道東のアメマス。
- 2009/10/25(Sun) -
札幌に戻ってくると、これまでより道東は遠いので、
なかなか行けなくなるなぁなんて思っていたが、
高速がトマムまで延びたのと、
いい情報がぞくぞく入ってくるので、
居てもたっても居られず、道東に向けて車を走らせてしまった。

土曜日、11時出発、途中道を間違えたりして、
到着したのは、予定より1時間遅れの夕方4時前になってしまった。
IMGP1056.jpg
この記事のURL | フライ | CM(14) | TB(0) | ▲ top
道東遠征第1弾 とある小河川のアメマス
- 2009/04/12(Sun) -
下りアメマスを狙って道東遠征を企てた。
今年は、夏の海と秋の川にも行こうと思っているので、第1弾とした。

今回は、かみさんが所用のため、単独釣行。
11日昼近くにのんびりドライブ気分で旭川を出発。
春の暖かい日差しの中、快調に飛ばし、白糠に入ったところ、
なんと、茶路川上流は絶望的な濁り、まさに、コーヒー牛乳。
IMGP0642.jpg
ここ数日、急に暖かくなったので、雪解けが進んだためだろう。
当然、下流の状況は容易に想像できる。
この記事のURL | フライ | CM(13) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。