パラオ遠征、最終日。
- 2013/01/16(Wed) -
楽園での夢のような3日間。
ずっと、ここに居たい願わずには居られない。

この日は、GTエキスプレスに予約が入っていたため、
キャプテンバレットのキャビンボートに乗せていただいた。
PC300037.jpg

キャプテンバレットは、BSで放送された「夢釣行」に
ガイドとして出演しており、

私達は、この番組を録画して、
穴が空くほど何度も見て、
GTフィッシングを勉強したのである。

なので、初対面ではあるが、
なんだかとても親近感を感じてしまった。

さて、最終日は、ダイビングのベストポイント、
ベリリュー島で勝負。

マンタで有名なジャーマンチャネルを通って、
ベリリュー島へ。
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征2日目
- 2013/01/09(Wed) -
2012.12.29

パラオ遠征2日目は、少し遠出をして、
コロールから北へ1時間弱、
パベルダオブ島の北のテールトップのインリーフでチャレンジ。

前日より風は収まったが、
相変わらず風は強いので、アウトリーフには出られない。
PC290031.jpg
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征1日目
- 2013/01/03(Thu) -
2012.12.27~28

5月に引き続き、2回目のパラオ遠征。
前回は、潮が悪い中、同行いただいたM氏がGTを3本ゲット、

かみさんは、1バラし、1本ゲット。
なんと自分は、ノーヒット。

1日目、2日目は、バイトも少なく、
やや諦めムードも漂っていたが、

3日目は、ヒットまでには至らなかったものの、
たくさんバイトがあり、楽しめた。

今回は、大潮で潮は良かったものの、
41年振りの大型台風がパラオを襲ったことが
大きな不安要素ではあった。

12月27日の昼に千歳空港を発ち、約3時間で仁川空港に到着。
トランジットのため、3時間待ち。
パラオ到着は、深夜の2時。

ホテル到着は3時。
その後、翌日の準備をして、就寝は4時。

ガイドのお迎えは、7時45分なので、
2時間程度の仮眠という感じで、
初日はいつもハードである。

今回は、居酒屋「夢」も経営している坂入氏の
GTエキスプレスに乗せていただいた。

朝食の買い出しを済ませ、8時過ぎに出港。
台風以降、風が強い日が多く、

この日も、風速7~8mと強風のため、
アウトリーフには出られず、
パラオの中心、コロールから北西に40分程走った
ユーカクチャネルのインリーフでスタート。
PC280003.jpg
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征、準備完了。
- 2012/12/24(Mon) -
3連休は、釣りに行きたいところだったが、
今週、木曜日からのパラオ遠征の準備のため、断念。

おかけで、すっかり準備を完了できた。

前回の遠征後、大韓航空の手荷物の規定が変わり、
1人1個までとなってしまった。

ロッドケースは、絶対持って行かなければならないので、
スーツケースは、2人で1個しか持ち込めない。

前回は、スーツケース2個とロッドケース。
今回は、スーツケース1個とロッドケース。

かみさんは、荷物をうまく1つにまとめるのに、
かなり苦労したようだ。

さらに、スーツケースは、23kgまでの重量制限がある。

タックルだけでもかなりの重量になってしまうので、大変な訳だ。
PC230001.jpg
ルアーは、小物釣り用も入れると40個以上。
これだけのルアーを集めるのに、
どんだけお金がかかったか、なんて考えないようにしている。

リールは、キャスティング用のスピニングが3個と
ジギング用のベイトが2個。
これだけでも、かなりの重量になってしまう。

もちろん、お土産なんてしまい込む隙間なんてもうない。
まぁ、滞在期間中の3日は、ほとんど釣り三昧なんで、
お土産を買っている暇もないけどね。

前回は、かみさんにしてやられたので、
今回は、リベンジを果たさなければならない。

28日は、大潮ということで、前回とは違い潮回りもいい。
気かがりは、先日、数十年ぶりに大型の台風がパラオを通過し、
かなりの被害があったことと、

気温差約40℃に、身体がついて行けるだろうということ。
まぁ、何とかなるでしょう。
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征、動画編。
- 2012/05/23(Wed) -
パラオでの3日間は、本当に夢のようだった。
あまり釣れなかったけど、

非日常の南国の大海原で、
ただキャストしているだけでも楽しかった。

休みさえ取れれば、今すぐにでも行きたいところだ。

さて、今回、御同行いただいたM氏が取ってくれた写真が、
先日DVDに焼いて送られてきた。

空けてびっくり、私達の知らない間に、
たくさんの動画を撮っていてくれていたのだ。

私達は、初めてのことだったので、
自分達の釣りで手一杯。

さすが、ベテランの余裕である。
この動画は、本当に記念になった。
M氏には、重ね重ね感謝の気持ちでいっぱいである。

それでは、まずは、かみさんのファーストGTから。
7kgほどの小さいGTだったが、さすがGT、いい引きでした。

M氏の的確な指示と励ましで、何とか獲れました。
[広告] VPS


<タックル>
ロッド:リップルフィッシャー アクイラ81七里カスタム
リール:NEWキャタリナ5000
ライン:バリバス アバニキャスティングPE SMP5号
リーダー:フィッシャーマンショックリーダー130lb
歯切れ対策:ザイロンノット40号30cm
ルアー:マリア ローデット180mm クリア
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ