スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブログ開設前の釣り ルアー編
- 2008/07/31(Thu) -
ルアーは、数年前、ロックフィッシュに嵌り、積丹方面に通っていたが、
旭川に来てからは、渓流やポンドでの釣りが多くなった。

今年、長年一緒に暮らして来た愛犬が死んでしまった。

これまでは、愛犬が居たので、長期遠征が出来なかったが、
今年は、羅臼にカラフトを釣りに行こうということになり、
早くからタックルの準備をしていた。

そうする内に、海サクラや海アメに手を出してしまい、
益々、ルアーの機会が増えてしまった。

まずは、3月の忠別ダム。
ここには、3回通った。
まだ雪が残っており、氷の空いた隙間に春を待てない釣り人が
ひしめきあっている。
3回とも、周辺ではあまり上がっているところは見られないが、
なんとか、30~40㎝クラスのニジマスを1~2本上げることが出来た。
3.30忠別ダム4.5忠別ダム4.5忠別ダム (2)
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブログ開設前の釣り 投げ釣り編
- 2008/07/29(Tue) -
最近は、めっきり投げ釣りの釣行が減ってしまった。
元々は、カレイの投げ釣りがメインだったが、
船釣りの回数が増えたことが原因。

最近は、ショアからのサクラや海アメの釣行も増えて、
益々投げ釣りから遠ざかっている。

今年の投げ釣りは、たったの3回。

4月の浜益昆砂別は、ボーズ。
悔しいので、浜益の管釣りでうっぷん晴らし。

5月の岩内沖防は、内海では型も小さく、数も出ないので、
禁止のテトラ越しの外海でやってみたところ、
数、型とも満足行く釣果が得られた。

かみさんは、内海側で粘ったが、今一つ。

ところで、自分はなぜかしら、投げでも、船でも、軟体を釣ってしまうことが多い。
この時も、内海側で1体。
外海側でも1体掛けたが、かみさんとの連携ミスでタモ入れに失敗し、
仕掛けごとさよなら。

同じく5月の野塚は、投げとルアーの両刀遣い。
投げは、完全ボーズ。
150m投げてもビクともしなかった。
ルアーでは、海アメ2匹。
野塚は、例年6月の釣り場、ちょっと早かったか。

投げ釣りのスタイルは遠投派。
かみさんでも100mは投げる。

ということで、オマツリの可能性高い、混み合った岸壁や防波堤は苦手。
必然的に、人の少ないサーフか沖防ということになる。

ふにゃ竿のちょい投げも、嫌いではない。
数年前は、4月に海アメくん達を尻目に島牧の千走に良く通った。
ここは、夜釣りになるが、漁港のどん詰まりのちょい投げで
クロガシラの30㎝オーバーが二桁釣れることがある。
最近はどうなのだろう。

一昨年は、冬の室蘭にオオマイ狙いに通った。
ここもちょい投げで50㎝オーバーが狙え、数釣りも可能。

投げ釣りには、投げ釣りのおもしろさがある。
ただ、この時期は、船のソイやショアの海サクラなどの時期とかぶってしまうので、
本当になやましいところだ。

なんとか、投げ釣りの釣行回数を増やしたいものだ。
この記事のURL | 投げ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブログ開設前の釣り 船釣り編
- 2008/07/28(Mon) -
例年、月1ペースで船に乗っていたが、
旭川に単身赴任となってから、さすがに船釣りの回数は減った。

私の釣りシーズンは、例年、正月のそう八釣りで開幕する。
今年も1月5日、厚賀漁港から静内沖へ出港。
例年だと40㎝クラスが針数付いてくるが、今年は小型で30㎝クラスが中心だった。
良型のサクラも掛かったが、走られてオマツリし、バレてしまった。
かみさんと2人で50㍑クーラー満タン止まり。

次も1月、川白漁港から福生丸でのサクラ釣り。
この時期は、まだバケ釣りで、私達は針数を3本に減らし、オマツリを防止している。
この日は、一生に一度の大爆釣。
型はまだ小さいものの、多い人で50本、私達も2人で50本。
船長のポイント選びが大成功した。
GRP_0010.jpg
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征再び おまけ
- 2008/07/27(Sun) -
2008.7.26

旭川に帰る途中、糠平ダムに寄ってみた。

IMGP0106.jpg

釣り人は、フライマンとえさ釣り少年だけ。
期待せず、広範囲に探って見たが、
当たりすらなく、インレットに移動。

ミニうぐい様がたくさん釣れるが・・・・・。
流れの速いところにスピナーを流してみると、
IMGP0105.jpg
可愛らしいちびっ子ニジが釣れた。

これ以上釣れる気配もないので、本日の釣りは終了。

途中、層雲峡周辺の石狩川のポイントをチェックしてきたが、
いい感じのポイントがたくさんあった。

ハードな釣行でへとへとだ。
今日は早く寝よう。
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征再び パート2
- 2008/07/27(Sun) -
2008.7.26

音別海岸を後にして、前回も行った厚内漁港へ。

話を聞いてみると、東側の防波堤はポツポツ上がっているようだ。
IMGP0097.jpg
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征再び パート1 自己新記録達成
- 2008/07/27(Sun) -
2008.7.26

前回の道東遠征は楽しかったが、今ひとつ数を出せなかったので、
再び、道東へ車を走らせた。

往復500km、このガソリン高の時に我ながらあきれてしまうが、
釣りバカ達は、旬を逃すとどうしょうもないということを言い訳にして、
押さえきれない衝動をいとも簡単に正当化してしまうものだ。

目指すポイントは、やっぱり安定感のある音別海岸。
午前3時到着、前回に比べて車は少ない。

明るくなるのを待ち、準備を整えて、4時前に海岸へ。
前回入ったポイントより河口側に入ることにした。
この時間はそれほど人も多くない。
天気も良く、朝焼けがとてもきれいだ。
IMGP0078.jpg
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フックを巻いてみよう。ダブルフック編
- 2008/07/24(Thu) -
カラフトは、トレブルフックではスレ掛かりするし、シングルフックだとフックアウトしそう。
海サクラもジグミノーの場合、シングルでは心配。

そこで、ダブルフックで対応しているので、ご紹介しよう。

まず、PEラインを重ね、チチワでアイを作る。
2020.jpg
この記事のURL | フック巻き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フックを巻いてみよう。シングルフック編
- 2008/07/24(Thu) -
最近は、よくフックを巻くようになった。

その理由は、どうしてもアイ付きフックは、フッキングした時にスプリットリング
とフックが金属同士でテコの原理が働き、バラシに繋がるような気がするからだ。

そこで、フックの巻き方をご紹介。

まず、用意するものは、
2031.jpg
PEラインの8号:海サクラ、海アメ、カラフト用
ケプラー4.5号:渓流、ポンド用(3.5号ぐらいで十分)
ボピンホルダー、スレッド

2032.jpg
ヘッドセメントと瞬間接着剤

2033.jpg
収縮パイプ、ハサミ、PE用ハサミ、ハーフヒッチャー

2034.jpg
最後にバイス
この記事のURL | フック巻き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征2日目パート3
- 2008/07/22(Tue) -
夕まずめに向けて、海サクラを狙って広尾に移動。
まずは、ラッコ川~1名確認。
豊似川~6名確認。

時間も3時を過ぎていたので、
かみさんも参加して、豊似川でやることに。

音別海岸よりも波が高く、ちょっと怖い。
波に気を付けながら、キャストするが、全く反応無し。

周りでは、チビアメが上がるのを2回確認。
一度だけドラグを鳴らすいいバイトがあったが、残念ながら波にもまれてバラシ。

波も高くなってきたので、ここで今回の道東遠征は終了。

今回の遠征は、条件に恵まれず、数こそ出なかったが、
釣れた魚は大きくて、強い引きを堪能できた。
目標の70㎝オーバーは叶わなかったが、まあ、良しとしておこう。
是非とも、もう一度行ってみたいと思わせる遠征であった。

音別海岸朝6時
音別6時

この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征2日目パート2
- 2008/07/22(Tue) -
音別海岸から昨日行った厚内漁港に行くことに。

9時から釣行開始。
ルアーマンは3名だけ。

防波堤の先端に入り、ミノーをキャスト。
シーーーーーーン。
反応なし。

ジクミノーにチェンジ。
ショートバイトはあるが、なかなか乗らない。
ここでは、小さめのアメを2バラシ。

帰ろうと思い、途中防波堤の何カ所かでキャストするが、反応なし。
ちょうど1/3ぐらい戻ったところで、ライズを発見。

朝と同じジグミノーをキャストするといきなりヒット。
昨日と同じく、潜り込みなかなか上がらない。
ドラグも唸っていい感じ。

かみさんは、車で寝ているので、自分でタモ入れ。
無事収まって、50㎝オーバーゲット。
厚内1
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征2日目パート1
- 2008/07/22(Tue) -
2008.7.21

朝2時半起床。
準備を整えて、音別海岸へ。

驚いたことに、すでにたくさんの車が止まっている。
空が白んできたところで、海岸に行ってみるとすでにたくさんの人。
みなさんかなり根性入ってます。

朝3時半の風景。釣り人でいっぱい。
音別3時30分
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道東遠征初日
- 2008/07/22(Tue) -
2008.7.20

道東は、海アメのハイシーズン。
あわよくば、海サクラもということで、道東遠征を決行。

9時にかみさんと旭川を出発。
ドライブ気分で途中寄り道しながら、まずは、音更のフィシュランドで情報収集。

どうやら、数日前にまとまった雨が降って、あまり良くないようだ。
比較的安定しているという音別海岸に向かうことにした。

午後4時、音別海岸に到着。
海はかなり波が高い。
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チビニジたくさん。
- 2008/07/19(Sat) -
今日は、明日からの道東遠征の肩慣らしで、友人が50オーバーを上げた
忠別川のポイントにかみさんと一緒に行ってきた。

釣れるなら違法行為以外は節操なくなんでもやる私は、
フライとルアーの両刀遣いで出陣した。

到着は、2時ごろだったが、アブの猛攻に合い、かみさんが外に出られない。
当然、準備もできない。本当にまいった。

一旦、ポイントからはるか離れて、準備をして、再出陣。

最初は、フライを流してみたが、ドライでは出ない。
少し沈めて、1ヒット、1バラシ。
しかし、小さい、20㎝ちょっとのおこちゃまばかりだ。

そこで、ルアーに切り替え、ミノーをキャストするが無反応。
最近、好調のスピナーを流すと、4時ごろ入れ食いに。
若干サイズアップするものの30㎝弱ばかり。

笑っちゃうほど小さい。
忠別1
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フローターデビュー
- 2008/07/13(Sun) -
今日は、雨の中、友人と愛別町のポンテシオダムへ。
ここでビック・ワンを釣るために購入したフローターのデビュー戦だ。

遅めの出陣で、到着は1時頃だったかなぁ。
すでに、ボートやフローターが7隻ほどとインレットにフライマン1名。

帰る方がいたので、釣果を聞いてみると、朝は良かったけど、
今は止まったとのこと。

この時間では仕方ないが、とりあえずやってみようということで、
フローターの組み立て。
友人に手伝ってもらい、悪戦苦闘しながら、なんとか組み立て完了。
結構めんどうなものですね。

無事水には浮きましたが、なかなか進まない。
というより、あまりにも遅いので、進んでいるのかどうかもわからない。

操作の練習で1時間以上。
気がついたら、流されて足の着くところに浮いていた。

ミノー、スプーンにはほとんど反応がなく、極小スピナーに変えたところで、
チビニジが掛かってくれた。

フローターの調整のため、一旦上がり。
調整がうまくいって、さっきより早く進めるようになった。

ここからやっと、釣りに集中出来るようになり、
4時頃に、30cmちょいのニジが2匹、
ブラウンらしき魚は目の前でジャンプ一番でバラシ。
7.13ポンテ

7.13ポンテ2


その後、当たりも無くなり、5時に終了。

始めてのフローターだったが、掛かった魚は、下に潜ろうとするので、
チビニジでもドラグをジージー鳴らし、ショアでは味わえない引きで、とってもオモロー。

今シーズンは、しばらく通ってみよう。
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はじめまして
- 2008/07/13(Sun) -
はじめまして。

TKDNと申します。

週末はほとんど、夫婦揃って全道各地で釣行を重ねる自他共に認める釣りバカです。

現在、旭川に単身赴任中のため、淡水での釣行が多くなっていますが、投げ、ルアー、
フライ、船など、釣りと名の付くものにはほとんど手を出してしまい、自分でもあきれてます。

自分のデータベースと見ていただいた方の釣行に少しでもお役に立てればと思い、ブログ
をやってみることにしました。

よろしくお願いします。




この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。