後は釣るだけ、ブリの準備完了。
- 2010/08/29(Sun) -
今週は、かみさんに所用があって、釣りはお休み。
来週も土日に大きなイベントのお仕事で釣りに行けない。

寒い思いをしなくていいこの時期、
釣りに行けないのは、とても残念である。

さて、着々と準備を進めていたブリ釣りであるが、
このスピニングリールを入手して完了である。

いつも行く釣具屋さんにお願いしていた
シーゲート4500Hが今日入った。
IMGP1411.jpg

本当は、ソルティガが欲しいところなんだけど、
なんといっても、二人分の道具が必要なので、
どうしても、低価格のものになってしまう。

これで、ジギング用のリールは、
スピニングが、このシーゲートとサクラにも使っているフリームス4500J。
ベイトがソルティガZ30と電動ではあるがシーボーグ400FBe。

私のメインタックルは、ロッドがテンリュウのジグザムJZ531S-8、
リールはこのシーゲート。
かみさんは、ロッドがダイワのディーオ120-180、
リールはソルティガZ30。

かみさん用は、パワー不足を補う組み合わせとした。

さて、今年のブリは、前半戦はとても好調で、
船中60本なんて日もあったよう。
ここ数日は、やや切れ目に入ったような感じで釣れない日あるようだ。

サクラ、ヒラメと同様に船釣りとはいえ、ボーズ覚悟の釣り。
9月は2~3回程度予定しているが、どうなることやら。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(14) | TB(0) | ▲ top
道東遠征第3弾、2泊3日世界遺産の旅。
- 2010/08/20(Fri) -
毎年恒例となった知床のカラフトマス釣り。
今回は、あちこち寄り道しながら、欲張った釣行を目論んだ。

<1日目:8月17日(火)>
初日は、夕まづめの厚内漁港から。
あれだけ混んでいた釣り場は、人っ子一人いない貸し切り状態。

釣れないからこんな状態なんだろうけど、
取りあえずやってみることに。
IMGP1386.jpg

この記事のURL | ルアー | CM(15) | TB(0) | ▲ top
ブリの準備。
- 2010/08/14(Sat) -
先週の半ば頃から、皆さんお盆休みに入ったのだろう、
地下鉄や道路が空いていて、札幌の人口密度が減ったようでとてもいい。

私も今日から夏休み。
当初は、明日から熊石の解禁オフショアヒラメに行く予定であったが、
オーナーがお忙しいようで中止。

となると早めに知床遠征と思ったが、
台風が過ぎた後も、低気圧の影響で波が落ち着かない。

波浪予報を見ると、17日頃からはなんとかなりそうなので、
道東の海アメ最終戦と時間があれば7年振りの知床の投げ釣り、
最後にカラフトなんていう贅沢な釣行予定を立てているが、
なんと云っても、天気と波しだい。

さて、さすがに買いすぎの感もあるが、
本当に最後、ブリ用のジグを購入。
IMGP1385.jpg
とても安くてお手頃なわりに、
それなりに釣れるという噂のカムイイエローテイル。
フックが付いて、2,650円なり。安~い。

それとオークションで安く購入したソルティガセンサーX8に、
フックとスプりットリング。

これで、準備万端という云いたいところだが、
注文していたスピニングリールが、まだ届いていないのだ。
これが揃えば準備OK。

その前に、カラフト爆釣といきたいところだが、
今年は不漁年なのでね・・・。
この記事のURL | タックル | CM(6) | TB(0) | ▲ top
柳の下には・・・。道東の海アメ釣り。
- 2010/08/08(Sun) -
週末、久しぶりに道東の波の状態が良さそうなので、
道東遠征第2弾に行ってみた。

土曜日、午後3時、厚内漁港に到着。
あれだけ混み合っていた防波堤には、釣り人が3名。

早速、先端に向かってみると、予想以上の波と凄い濁り。
道理で、釣り人がいないはずだ。

取りあえずやってみるが、当然アタリすらなし。
仕方がないので移動。

あちこち見て回るが、どこも濁っている。
比較的濁りの少ない、乙部川でやってることにした。
IMGP1378.jpg


この記事のURL | ルアー | CM(16) | TB(0) | ▲ top
夜ブリの秘密兵器、哲ジグ。
- 2010/08/04(Wed) -
今日、とある釣具屋さんに注文していたジグが入荷したので、
取りに行ってきた。

知る人ぞ知る「哲ジグ」。
フィッシャーマンで販売していた「ヤマジグ」をご存じでしょうか。
このジグは、余別の弘安丸の船長、山田哲義氏が考案したため「ヤマジグ」と名付けられたとか。
ヤマジグは300gで、夜ブリにはちょっと軽い。
このため、山田船長が自ら400gで作成したのが、この哲ジグ。
IMGP1376.jpg
船長がお仕事の合間に作っているので、
全体に無骨で、ところどころ素人っぽい所も残るが、
実釣では、かなり実績があると聞いている。

これで、爆釣ジグ2本、ヤバイジグ4本、ジョーカー1本、哲ジグ2本。
あと1本、ジョーカーのオレンジイエローで打ち止めにしよう。

それと、ついでに、カラフト用のスプーンも購入。
コータックのアワビ張り18g。
IMGP1377.jpg
アワビ張り好きの私にピッタリ。

さて、お盆休みは、釣り三昧の予定。
8/15は、熊石のヒラメ解禁日なので、まずはオフショアヒラメ。
その後、天候を見ながら世界遺産知床遠征へ。
前後に、海アメなんかも・・・。
かなり欲張りな釣行を計画中。
この記事のURL | タックル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
お天道様には勝てないもので。
- 2010/08/01(Sun) -
今週は、釣りをお休み。
退院後、1か月の空白を取り戻すように、
週末はしっかり釣りをしていたが、
さすがに、入院中の体力の衰えもあり、少し疲れ気味。
今週末の荒天は、しばしの休養にちょうど良かったかもしれない。

ということで、かみさんの買い物にちょっとだけ付き合う程度で、
ほとんど家にいたので、サビなどでかなり消耗したフックを巻くことにした。
IMGP1374.jpg

私は釣りということを、仕掛け作りから、
料理をして美味しくいただくまでと考えている。

投げ釣り、船釣りなど、仕掛けは全て作るが、
ルアーに関しては、フック巻きとアワビを張る程度。
今のところ、ルアー作りまでは、興味はあるが手を出していない。

ただ、このフック巻きというのが、とても厄介。
毎回、真水に浸けてサビ対策を施しているが、
気がついたらサビだらけなんてことが結構ある。

かみさんの分も入れて、年間100本以上巻かなければならないが、
これが結構、重労働。
フライを巻くことを考えれば、簡単ではあるが、
フライと違って、バリエーションのない単純作業。

なんといっても、数が多い。
ミノー用なんて、3本ワンセットだから、
10本あればフックは30本。
エンドレスな作業をしているみたい。

因みに、私は、ジグ、ジクミノー、スプーンは、16号~20号の丸セイゴ。
このフックは、細く弾力があるので、バレにくいような気がする。

ミノーに関しては、チヌ針8号。
これは、軸が短く、ボディーに絡まったり、フックが絡みにくいためである。

アイは、手芸屋さんで細めのリリアンを買って使っているが、
今一つ満足していない。
多少太さがあって、もう少し強度のあるものがないか探しているところ。

来週こそは、道東遠征第2弾に行きたいところだが、
波と天気しだい。
週末ゆっくりして、リフレッシュしたので、
なんとか好天になるよう祈ろう。
この記事のURL | フック巻き | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |