皆さん、良いお年を。
- 2010/12/29(Wed) -
いつもブログをご覧いただいている皆さん、
今年一年ありがとうございました。

今年は、4月末に脳梗塞で1か月の入院を余儀なくされ、
春先の一番良い時期に釣りはできず。
なんとか体調も回復したものの、釣行回数はかなり減ってしまった。

年末年始には、2回ほど釣行したいと思っているが、
明日から実家の函館に帰省するため、
年内の更新は、今日が最後です。

来年の目標は、沖縄遠征で20kgのキハダを釣ること。
まぁ無理でしょうが、目標だけは大きくということで・・・。

それでは、みなさん良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの釣りだったが・・・、苫小牧東港の海アメ。
- 2010/12/26(Sun) -
天気が悪かったり、体調を崩したりして、約3週間振りの釣り。
まだ風邪が少し抜けていないので、近間でということで、
約1年振りに苫小牧の東港に海アメを狙いに行ってきた。

到着は、まだ真っ暗な6時。
マイワシの時期になると満員で入り込む隙間もないフェンス前であるが、
今日は、ガラガラである。
IMGP1488.jpg
この記事のURL | ウキ釣り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
絶好の釣り日和に風邪でダウン。
- 2010/12/24(Fri) -
先週は、この時期としては、珍しく波も風もない絶好の釣り日和。
しかし、なんと金曜日から風邪を引いてしまい完全にグロッキー。

釣りを始めてから、ストレスが解消できているせいか、
ほとんど風邪なんか引いたことがなかった。

風邪気味でも節制すれば、週末には完治していたのが、
今回はそうも行かなかった。
大病を患った影響なのか、体力が落ちているのかも・・・。

今週こそはと思っていたが、週末は悪天候。
ここ3週間、まともに釣りをしていない。
あー、ストレスが溜まって、病気になりそうだ(笑)

さて、ここからは、私のメモを兼ねていますので、
興味のない方はスルーしてください。

またまた、ツナ用ジグをオークションで購入。

ジグとかルアーって、名前がとてもややこしい。
ブログにでも残しておかなきゃ、
覚えていたつもりでもすぐに忘れちゃう。

まずは、フィッシャーマンのクレイジーロング150g。
上から、ベイシック、ブルーイワシ、オールピンクホロ。
IMGP1484.jpg
一番下は、ネイチャーボーイのスイムライダー・鉄ジグ・玄海スペシャル150g。

クレイジーロングは、ご存じ定番中の定番。
6:4バランスでアピール力の高いスライドアクションが特徴。

鉄ジグは、その名のとおり素材は鉄。
センターバランスであるが、珍しく左右が非対称。
さらに、鉛とは異なりジャークとジャークの間に絶妙な食わせの間ができるそう。

お次は、とても気になっていたジグで、
ヤンバルアートのチャクラジグtypeS135g。
上から、ピンクバック・チャートベリー、ブルーバック・ピンクベリー、ダークブルーバックイワシ?。
IMGP1487.jpg
6:4バランスのショートジグ。
ハイピッチのショートジャークで、パイロットルアーとして
魚の活性や状態を探るのに適しているとこと。

ジグもかなり揃ってきた。
あと2、3個用意すれば、完了である。
この記事のURL | タックル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遠征用タックル、ツナ用ジグ。
- 2010/12/14(Tue) -
先週は、悪天候のため釣りはお休み。
釣りをしない週末は久しぶりだ。

昨日は、お休みをいただいて転院してから6ヵ月目の定期検診。
結果は、ボロボロでした。

血液は、脂質系3兄弟はすべてアウト。
最悪だったのは、左内径動脈の血栓が1.4mmであったものが、
半年で1mm増加したこと。

簡単には改善は見られないだろうとの判断から、
2種類の薬が追加された。

あまり長いことないかもしれないので、
今の内に好きなことに全力投球しておこう。

ということで、遠征に向けて更にやる気満々。

今回も遠征用タックルの話題なので、
興味のない方は、スルーしてください。

ペンシルは、大体用意できたので、今度はジグの用意。

まずは、道内の昼ブリにも定評が高い
菊池工房まディープスライダー剱180g、ピンクとブルーホロ。
IMGP1481.jpg
6:4バランスでスロージャークでのスライドアクションがいいらしい。

次は、シマノのスティンガーバタフライ160g、
コバルトオレンジとピンククラッシュ。
3段目も同じくスティンガーバタフライ200g、グローイカ。
リアバランスのオーソドックスなジグ。
細かなスパイラルとダートアクションが特徴。

一番下は、アングラーズリパブリックの
アンレーズ、ディープブリッジⅡ6oz、Mブラック。
リアバランスで非対称という独特のフォルム。
八丈島在住のパパ大津留氏のデザインということだが、
どのような特徴かは、よく解らない。
IMGP1483.jpg
この4本は、いずれも特売で980円だったので即購入。
スティンガーは、半額以下で超お得でした。
この記事のURL | タックル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ちょっと不安?な遠征用リール。
- 2010/12/08(Wed) -
先週は、一応、日曜日にマメイカ狙いで
美国、古平、小樽と廻ったが、ボーズ。

数日前までは、3桁釣りだったのに、
海が荒れたせいか、ほとんど釣れていなかった。

粘れば何匹か釣れただろうが、
マメイカの場合、少しばかり釣ったところでどうしようもないので、
早々と見切りを付けて、良いときに出直すことにした。
ということで、レポートを省略した次第。

さて、またまた、オークションを活用して、遠征用リールを入手した。
今回、購入したのは国内では発売されていない
USAダイワのソルティスト6000H。
IMGP1478.jpg
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ツナ用トップウォータープラグ。
- 2010/12/01(Wed) -
来年の沖縄パヤオ遠征に向けて、
マグロ用のルアーが着々と集まってきた。

まずは、GTにも使える大型ペンシル。
IMGP1475.jpg
上からボブアーツのボブチョッパー190F、ガストンT2-190、
貝田ルアーのカットバック190、同じくカットバックの規格不明。
重さは、80g~100g。

こんな重いルアーを半日投げ続ける体力は多分ない。
ということで、ライトタックル用のペンシルも用意した。

IMGP1477.jpg
上からザウルスのトビペン14、ボブペン120Fのピンクとブルーチャート、
ボブスライダー120Sのピンクとブルー、
アングラーズリパブリックのシーウィッチSW-130Fピンクとイワシ、
一番下が貝田ルアーのカットバック130。
重さは、30g~50g。

ほとんどがウッド製なので、通常価格はもの凄く高価。
大体1個3,000円~6,000円ぐらい。

貝田ルアーなんかは、販売数量が少ないので、
プレミアまで付いちゃっている場合もある。

通常であれば、サラリーマンが短期間でこれだけ集めるのは、とても厳しい。
ところが、今回、オークションでなんと1個当たり1,000円ちょっとで買うことができた。
もの凄くラッキーだった。
あとは、青系の大型ルアーを2、3個仕入れて、完了である。

このあとは、100g~200gのジグを10本程度、
ツナロッドと大型スピニング2個用意しなければならない。

年に一度か二度の遠征に、行く前からにかなり出費を強いられそうだ。
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |