FC2ブログ
オフショアヒラメタックル
- 2011/07/20(Wed) -
今シーズン、しばらく振りにオフショアのヒラメ釣りをやってみたが、
引きは楽しいし、食べても美味しい、やっぱり面白い釣りだ。

ここ数年オフショアのヒラメ釣りから遠ざかっていたのは、
All kindsなため、この時期、いろいろな釣りで忙しかったためと、
道央圏では、釣れても2、3枚でボーズ覚悟。
ということで、必然的に他の釣りを優先してしまった。

ところが、今年から通い始めた瀬棚は、
全然様相が違う。

もちろん、船長さんのポイント選択ということもあるが、
数も出るし、型も良い。
すっかり、瀬棚のヒラメ釣りに嵌ってしまった。

さらに、瀬棚ではバケが400gととても楽。
しかし、かみさんのタックルはちょっとオーバースペックだったので、
この際だから、新調した。

かみさんのお気に入りのロッドは、何と云ってもダイワのディーオ。
グラスなのでちょっと重いが、粘りがあっていい竿である。
これまでは、120号を使っていたが、バケ400gではちょっと堅すぎ。

たまたまオークションで80号のディーオ2が出されていたので、即入札。
定価の半額で落札できた。
IMGP1732.jpg

リールは、ダイワのIt's ICV300solar。
IMGP1729.jpg
水深が20m程度なので、糸巻量が気にならないので、
250が欲しかったが品切れで、仕方なく300にした。

このリールは、コンパクトかつ軽量でとても扱いやすい。
自分はタナセンサー400DXなので、余計小さく感じる。

タックルが道央圏に比べライトでバケも軽い。
その上、釣れる訳だから、
もう、瀬棚以外でヒラメ釣りをする気がなくなってしまった。

札幌から遠いので、なかなか行き難いかもしれないが、
私達は、かみさんの実家が長万部のため、
比較的楽に通うことが出来るということもある。

ヒラメは食べて美味しいのは、秋だと聞く。
秋にも美味しいヒラメを釣りに行くことにしよう。
スポンサーサイト



この記事のURL | タックル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |