どうなってんの?天気予報、浜益海岸の海アメ釣り。
- 2012/05/27(Sun) -
今日日曜日は、午後から仕事が入っていたので、
土曜日、朝まづめで浜益に行くことにした。

天気予報は、風は強いものの、曇りとのこと。
しかし、朝、起きてみると小雨が降っていた。

天気予報は、曇りなので、たいして降らないだろうと、
朝3時に出発。

ところが、浜益に向かえば向かうほど、雨が強くなり、
厚田の手前では、土砂降りになってしまった。

さすがに、これでは釣りにならないので、
引き返して、一眠り。

起きてみると、今度は天気になっていた。
たしか、午前中は曇り、午後は雨の天気予報だったはずだが、
いったいどうなっているのだ!


今日、日曜日は、午後から仕事だったが、
なんとも収まりが付かないので、
朝、再度、浜益に向かうことにした。

天気予報は、曇りのち晴れで、風は絶好の2m。
ところが、朝3時に起きてみると、またもや小雨。

さすがに、今度こそは予報は外れないと信じて、
浜益に向かった。

浜益に向かう途中、段々と風が強くなり、
浜益到着時には、5m程度の風。

さすがに、腹が立ってきた。
Yahooさん、ちゃんとした天気予報出してくださいよ。

とはいえ、折角来たのだから、竿を出すことにした。
P5270115.jpg
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征、動画編。
- 2012/05/23(Wed) -
パラオでの3日間は、本当に夢のようだった。
あまり釣れなかったけど、

非日常の南国の大海原で、
ただキャストしているだけでも楽しかった。

休みさえ取れれば、今すぐにでも行きたいところだ。

さて、今回、御同行いただいたM氏が取ってくれた写真が、
先日DVDに焼いて送られてきた。

空けてびっくり、私達の知らない間に、
たくさんの動画を撮っていてくれていたのだ。

私達は、初めてのことだったので、
自分達の釣りで手一杯。

さすが、ベテランの余裕である。
この動画は、本当に記念になった。
M氏には、重ね重ね感謝の気持ちでいっぱいである。

それでは、まずは、かみさんのファーストGTから。
7kgほどの小さいGTだったが、さすがGT、いい引きでした。

M氏の的確な指示と励ましで、何とか獲れました。
[広告] VPS


<タックル>
ロッド:リップルフィッシャー アクイラ81七里カスタム
リール:NEWキャタリナ5000
ライン:バリバス アバニキャスティングPE SMP5号
リーダー:フィッシャーマンショックリーダー130lb
歯切れ対策:ザイロンノット40号30cm
ルアー:マリア ローデット180mm クリア
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
カレイが違う!長万部沖のカレイ釣り。
- 2012/05/20(Sun) -
2012.5.19

土曜日、毎年恒例となっている仲間との長万部沖のマガレイ釣り。
朝、起きてみると気温は8℃。

先週のパラオは30℃以上、今週は8℃
気温にして、20℃以上の差。
自業自得とはいえ、さすがに、ちょっと身体に堪えるなぁ。

早朝6時、大中漁港を出港。
先週の南国パラオとは趣は異なる噴火湾らしい景色がお出迎え。
朝霧に煙る駒ヶ岳もとてもきれいだ。
P5190107.jpg
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征、釣行3日目。
- 2012/05/17(Thu) -
2012.5.13

泣いても笑ってもパラオでの釣行は今日で最終日。
まだ、私達は、ターゲットのGTを釣っていない。

この日は、お土産購入のため、早く上がりたいので、
1時間早く7時半にアドルフに迎えに来てもらった。

ここは、私達の宿、デセケルホテル。
日本で云えば、民宿に毛が生えたような感じ。
でも、1階はスーパーだし、とても便利な宿でした。
3-1.jpg

最終日は、初日同様、ウエストパスへ向かった。
3-2.jpg
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征、釣行2日目。
- 2012/05/16(Wed) -
2012.5.12

釣行2日目は、凪ぎもいいので、
島北部の西側のテールトップというポイントに行くことにした。

移動に1時間半程掛かるので、
この日は6時半にアドルフに迎えに来てもらった。

ポイントに向かう前に、
昔、日本人が造った水路を通って、ちょっと寄り道。
2-2.jpg
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征、釣行1日目。
- 2012/05/16(Wed) -
2012.5.10~11

2年以上の歳月を掛けてタックルの準備を進めてきた
念願のパラオ遠征がやっと実現した。

ターゲットは、ルアーフィッシングの最高峰
ジャイアント・トレバリーである。

釣りを始めた当初、海外まで釣りに出かけるなんてことは、
夢にも思わなかったことである。

ここまで釣りに嵌るとは、我ながら呆れてしまう。


5月10日午後に千歳を出発。
今回は、大韓航空を利用する激安ツアーのため、
仁川空港経由である。

仁川には、夕方5時過ぎに到着。
ここで、3時間以上の待ち時間。

アジアのハブ空港、仁川はもの凄く広い。
世界のブランド品が一堂に会しており、
全部見ようと思えば、1時間以上は必要。

そんなものには、全く興味がないので、
待ち時間が長いこと。

今回は、御同行いただくM氏とここで合流。
M氏は、群馬県から成田経由である。

M氏とは、一昨年、カラフトマスの知床舟渡しで偶然一緒になったのがご縁。
縁とは、実に奇なるものである。

仁川を夜8時過ぎに出発。
パラオには、深夜2時前に到着。

飛行機が苦手な自分には、約5時間のフライトは苦痛そのもの。
とはいえ、ほとんど寝ていたけどね。
1-1.jpg

空港から一歩外に出てみると、
まとわりつくような湿気で、一気に汗が噴き出した。

カラっとした気候なれた北海道人には、これまた苦痛である。
この日は、ホテルに入って明日に備え身体を休めたいところだが、

翌日の釣りに向けてやることが山ほどあり、
結局、ベットに入れたのは、4時を過ぎてからであった。
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
無事帰還いたしました。
- 2012/05/14(Mon) -
パラオでの夢のような3日間から
本日、現実世界に帰ってまいりました。

パラオとはいえ、今回は状況はかなり厳しく、
結果としては、かみさんがなんとかGTをゲット。

私は、キャッチ出来ませんでした。

3日間、キャストしまくったので、
かなりダメージを受けているため、
詳しくは、後日、レポートします。

今日は、この辺で・・・。

P5130057-2.jpg
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
パラオ遠征用ルアー
- 2012/05/06(Sun) -
GWの4連休は、前半に瀬棚沖防の投げ釣りを予定していたが、
暴風雨のため断念。

荒天の合間に、サクラでも狙いに行こうと思い、
いつでも出撃できるよう、長万部の実家に待機していたが、
雨風は止まず、これも断念。

結局、この三日間は、旨いもを食ってばかりで過ごしてしまった。

とはいえ、今日、やっと少し晴れ間が見えたので、
2時間程、投げ練をした。

やっとGT用のハードタックルにも徐々な馴れ、
飛距離は、相変わらず70~80m程度だが、
スムーズかつ安定して投げられるようになった。

かみさんは、5m程飛距離が伸びた。
その要因は、キャストがスムーズになったこと。

自分は、これが限界だと思われるが、
かみさんは、もう少しうまく力を入れられれば、
まだ伸びそうな感がある。

さて、遠征の準備も大詰め。
2年掛けて集めたルアーを仕舞う前に、
一式、広げてみた。

まずは、トップウォータープラグ。
P5030001.jpg
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |