対GT用、かみさんのメインリール。
- 2012/10/31(Wed) -
先週は、日曜日に噴火湾でのオフショアのサケの予定であったが、
魚が入ってきていないということで、中止となった。

おまけに、先週ず~っとカゼで咳が止まらなかったことから、
思い切って釣りを一切やらず、自宅療養ということにした。

さて、年末、再度、パラオ遠征を画策しているため、
かみさん用のメインリールをオークションで購入することにした。

PA310001.jpg
ツインパワーSW8000HG。
これまでは、超軽量のNEWキャタリナ5000を
かみさん用のメインリールとしてたが、
ドラグMAXが15kgとちょっと非力。

一方、このツンパ8000HGは、25kgとまずまず。
当然、中古であるが、数回しか使っていないということで、
キズもほとんどなく、新品並に綺麗だ。

さて、GT用でなんでツインパ8000HG?と思っている方もいるかと思うが、
これには、深~い訳がある。

GTを釣るためには、何と云っても飛距離が必要。
女性の場合、飛距離が出ず、魚が出ないということもある。

そこで、PE4号というGTとしては極細とも云えるラインを張って、
なんとしてでも飛距離を稼ごうという魂胆である。

このPE4号を張るためには、ラインキャパから
12000ではなく、8000でなければならない。

PE4号では、魚が掛かってもランドできない可能性もあるが、
まずは、魚が出ないことには、楽しくないし、期待も持てない。
根ズレで切れたら、それはそれで仕方がない。
GTとの駆け引きができただけでも、よしとしようという考えである。

さらに、このツインパ8000HGとPE4号の組み合わせは、
北海道の夜ブリにもジャストフィットで、
一石二鳥なわけである。

高価なタックルを年に1、2度の海外遠征だけで使うなんて
もったいないからね。
スポンサーサイト
この記事のURL | タックル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
強風で・・・、太平洋のサケとチカ。
- 2012/10/21(Sun) -
今週は、先週とほぼ同じスケジュール。
土曜日と日曜日の早朝はサケで、
土曜日の午後にチカ。

金曜日は、胆振管内でお仕事、
夜は、室蘭のソウルフード室蘭焼き鳥で一杯。

かみさんに室蘭まで迎えに来て貰って、
そのまま、長万部へ。

天気予報では、土曜日は風、波ともいいはずだったが、
朝、到着してみると、もの凄い強風。

河口は無理なので、港で狙ってみるが、
20名ぐらいで確認出来ただけで、2本。

風か治まった来たので、河口で少しやってみたが、
風波で濁りが入り全然ダメ。
7時頃には、長万部に帰ることにした。

一眠りして、甥っ子を連れて
長万部漁港にチカ釣りに行くが、ここも、強風。
PA200001.jpg
おまけに、雨も降ってきたので小一時間で終了。

波もあり、チカもあまり釣れない。
PA200002.jpg
先週、釣ったチカをプクプクで生かして持って帰り、
実家のイケスに放流したが、
数日の内に、ヒラメとソウハチに食べられてしまった。

結局、20匹ぐらいしか釣れなかったので、食べる分はなし。
全部イケスに放すことにした。

今朝も、いつものポイントに向かったが、
またもや、天気予報が大外れで、昨日以上の強風。
結局、竿も出さずに札幌に帰ってきた。

これで、陸っぱりのサケ釣りは終了。
来週からは、噴火湾でのオフショアのサケ釣り。

今年は、資源量としては昨年より少ないということだが、
釣りとしては、道東などでは、数年振りに爆釣している。

さぁて、今年の噴火湾のサケ、どうなんだろうか。
この記事のURL | 小物釣り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大小のあぶらびれ、太平洋のサケと長万部漁港のチカ釣り。
- 2012/10/14(Sun) -
先週、とてもあずましいサケ釣りが出来たので、
土曜、日曜と太平洋某所に行ってみた。

現地到着は、5時半。
普通のサケ釣り場では、この時間ではほとんどスペースがないが、
ここは、この時間でも十分なのである。

先週は、仲間4名と地元の方1名のたったの5名で釣り場を独占していたが、
さすがに、噂が広がったのか、到着時で5名。
明るくなって確認すると10数名の釣り人となっていた。

PA130021.jpg
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4年ぶりの陸っぱり、太平洋のサケ釣り。
- 2012/10/08(Mon) -
先週は、全道的に遅れていたサケが大量に押し寄せ、
各地で大漁の知らせが聞かれた。
義弟も初のサケ釣りで7本釣ったとのこと。

陸っぱりのサケ釣りは、殺伐とした雰囲気が嫌で、
ここ数年、遠ざかっていた。

しかし、義弟が釣った場所は、ほとんど釣り人がいないという。
釣り人がいないのならばということで、自分達も行ってみた。

土曜日の早朝到着、話のとおり、釣り人はほとんどいない。
しかし、ポイントが良く解らず、この日はボーズ。

PA060006.jpg
この記事のURL | ルアー | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |