スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
久米島遠征、覚え書き。
- 2013/05/26(Sun) -
遠征後、しばらくは、それほど疲れは感じていなかったが、
長旅等もあったせいか、今週初め辺りから
なんだかじわじわと疲れが出てきた。

ということで、今週の土日は休釣日とした。
天気が良かっただけに、残念ではあったが・・・。

さて、年に1回程度の遠征のため、
すぐに、タックル等についてどうだったか忘れてしまうので、
自分の覚え書きも兼ねて、先日の久米島遠征のタックルを紹介します。

P5110016-2.jpg

<キャスティング>
○ かみさん
  ・ ロッド:カーペンターTBL80/20
  ・ リール:ダイワ キャタリナ5000
  ・ ライン:バリバス アバニ キャスティングPE SMP 4号 300m
  ・ リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 130lb 3m
  ・ ノット:MIDノット
  ・ ルアー:ローデット

○ 私
  ・ ロッド:リップルフィッシャー Aquila81 SHICHIRI-custom
  ・ リール:ダイワ ソルティガ6000GT
  ・ ライン:バリバス アバニ キャスティングPE SMP 6号 300m
  ・ リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 130lb 3m
  ・ ノット:FGノット
  ・ ルアー:ガストンT2-190、BC-γ75-190、縮尺2/3PEN etc


<ジギング>
○ かみさん
  ・ ロッド:ダイコー ヴァージャーVRJS59/6
  ・ リール:シマノ ツインパワーSW8000HG
  ・ ライン:DUEL ハードコアX8 4号 300m
  ・ リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 100lb 5m
  ・ ノット:PRノット
  ・ 歯切れ防止先糸:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 200lb 30cm
  ・ 先糸ノット:オルブライトノット
  ・ ジ グ:クーニーズ背黒150g、ヤンバルアートクラフトチャクラジグ135g etc

○ 私
  ・ ロッド:テンリュウ ZIGZAM531S-8
  ・ リール:USダイワ ソルティスト6000H
  ・ ライン:DUEL ハードコアX8 4号 300m
  ・ リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 130lb 5m
  ・ ノット:PRノット
  ・ 歯切れ防止先糸:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 200lb 30cm
  ・ 先糸ノット:オルブライトノット
  ・ ルアー:GL工房 ツルジグロング バーチカル200g、菊池工房 DeepSlider剱 200g etc 


<エビング>
  ・ ロッド、リール等は、ジギングと同じ
  ・ 天 秤:NTスイベル ストレート天秤 40cm
  ・ ハリス:DUEL HDカーボン船ハリス 20号 3m
  ・ フック:マルフジ2倍針  ムツ20号、22号
  ・ ワーム:ダイワ DRスティック3.5inch
                デッドリーシャッド、マイワシ、サーベルグロー

 2日目に大物を逃したのは、エビングには必要ないと思い、前日に歯切れ防止対策の200lbの先糸を取ってしまっていたから。
ただ、あの引きなら、ナイロン200lbを付けていても、厳しかったかかも・・・。
 フロロカーボンの万鮪80号であれば、多分大丈夫だろうが、このラインは太くて固いのでスイベルに結ぶことは困難なため、スリーブで止めなければならない。
 そうすると、システムプライヤーも必要となるが、大物を獲るためには、小物までいろいろと用意が必要となり、出費も嵩むなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
マグロ解体ショー。
- 2013/05/22(Wed) -
初めての久米島遠征は、大物はでなかったものの、
数釣りができて楽しかった。

2日目にちょっとしたミスで大物を逃したのが、
心残りではあるが、
これも、経験値のアップに結びつくものと考えている。

さて、釣り上げた魚の内、約50kgはかみさんの実家に発送した。
かみさんの実家はかに屋なので、
面倒な解体作業もプロの料理人である義弟が、
チョチョイのチョイと捌いてくれる。

先週土曜日、実家に魚を取りに帰った。
P5180074.jpg

この記事のURL | 久米島遠征 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道南の釣り、政泊海岸の海アメと、長万部の海アメとカレイ釣り。
- 2013/05/19(Sun) -
遠征帰りの週末。
本来であれば、ゆっくり身体を休めるべきところだろうが、

長万部の実家に送ったマグロを取りに行くことから、
そうなれば、やっぱり釣りだなということで、
土日と釣りをしてきた。

まず、土曜日は、自分の大好きな釣り場のひとつ政泊海岸。
P5180070.jpg
早朝4時に到着。
ここは、険しい崖を下りるため、
すっかり明るくなってから、慎重に降りる。
この記事のURL | 投げ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久米島遠征、番外編。
- 2013/05/16(Thu) -
最終日は、午後の帰りの便まで時間があるが、
釣りをせずに、島内観光をすることにした。

まずは、ホテルから目と鼻の先の兼城港。
P5130041.jpg
この港の外防波堤は、とにかく長い。
白老港も真っ青だ。
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
久米島遠征、その2。
- 2013/05/15(Wed) -
12日日曜日、この日も今にも雨は降り出しそうだが、
なんとか持ちそうという予報。

前日、身体中に湿布を張って寝たものの、
朝起きると、やはり体中が痛い。

遠征に備えて、しばらく筋トレしていたが、
まだ足りなかったということか。

この日も、7時過ぎに出港。
まず、前日調子のよかった中層パヤオに向かった。

到着すると、相変わらずの風。
中層パヤオなので、トップに出ないだろうということで、
ジギングでスタート。

しかし、前日たくさん居たメバチは移動してしまったようで
誰にもアタリはない。

しばらくやってみたが、見込みはなさそうなので、
別の中層パヤオな移動することになった。

移動先のパヤオでも、群れは薄く、
Hさんがジグで1本上げただけ。

さらに、前日最初に行った5番パヤオに向かった。

ここも、前日と異なり、風が強い。
キャストしてみるが、シイラも少ない。

本来の予定では、午前中にパヤオでマグロを釣り、
その後、浅場でカンパチを狙うことにしていたが、
マグロが釣れないので、7番パヤオに移動するか、
浅場のカンパチかみんなで協議。

午後からは、カンパチ狙いとすることにして、
とりあえず、エビングに切り替え、
しばらく、ここでマグロを狙うことにした。

エビングに替えて、自分は2本、かみさん1本、
小物を釣ったところで、移動となった。

しばらく走って、150mラインでジギングを開始。
P5120025.jpg
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
久米島遠征、その1。
- 2013/05/14(Tue) -
4月に異動があり、課が変わったことから、
今年は、遠征は無理かなぁと思っていたが、

この時期は、それほど忙しくないということで、
グループのみんなの許可を得て、
遠征に出ることができた。

今回の遠征場所は、マグロ天国久米島。
できるだけ休暇を取らずに、
面白そうなところということで、決定した。

10日金曜日、家を8時半に出発、
久米島のホテルに到着は、夜の6時。

P5100001.jpg
飛行機嫌いの自分としては、
那覇から久米島までのプロペラ機は、
たいした揺れなかったものの、地獄でした。
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
無事帰って参りました。
- 2013/05/13(Mon) -
只今、4日間の久米島遠征から帰ってまりました。
2日間の釣りと約7時間の移動で疲労困憊のため、
結果は、明日以降にアップします。
P5120033.jpg
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
GWは釣り三昧、ホッケにカレイに海アメ釣り。
- 2013/05/06(Mon) -
2015.5.3~6

後半戦のGWは、微妙な天気であったが、
取り敢えず、全日程釣りに費やすことにした。

まず、初日の金曜日は、長万部の実家に帰り、
夕まずめに長万部漁港で海アメ釣り。

4時からスタートして、最初の一投で掛けたものの、
目の前でバラし。
その後は、残念ながら全く反応なしで終了。

4日は、義弟からホッケを釣ってこいとの命により、
約10年振りのホッケ釣りに出かけた。

P5040006.jpg
この記事のURL | ウキ釣り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。