スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の味を求めて、噴火湾のサケとせたなのヒラメ。
- 2013/09/29(Sun) -
食欲の秋、釣り物も美味しく食べ頃となる時期である。

まずは、土曜日、ここ数週間毎週通っている噴火湾のサケ釣りに行ってみた。
到着は、5時前。

釣り人は、2名。
いつもながら、ここはサケ釣り場であるにも係わらず、人が少ない。

この日は、干潮が3時過ぎであったので、
まず、立ち込んで沖目を狙った。

開始2投目でアタリ。
しかし、餌を突いただけ。
水面で身体をくねらせる姿が見えた。

しばらくして、またアタリ。
今度は、本アタリになるまでじっくり待って、

アワセを入れたつもりだったが、
痛恨のすっぽ抜け。

その後、何度かアタリはあったが乗らず。
そうこうするうちに、潮が満ちてきて、
波打ち際でヒットする姿が見えた。

すぐに、波打ち際に移動すると、
背びれを出したサケの群れが見えた。

早速、キャストするが、食わない。
一度群れがいなくなり、

しばらくして、また戻ってきたところで、
やっと、かみさんにヒット。

しかし、もう少しのところで、バレ。

すぐに、またアタリ。
今度は、しっかり食い込ませて、ヒット。
IMGP9108.jpg

一年振りのサケは、やや大きめの雄であった。
IMGP9109.jpg

自分は、ここでも、ドラグを出されるアタリがあったが、
またも、すっぽ抜け。

結局、チャンスタイムは6時~7時の一時間。
この間、4名で4本のサケが上がった。

この日は、これまでで一番魚影が濃かったように思う。
チャンスタイムに、ちゃんと釣っていれば、
もっと釣れたと反省しきりである。

今日、日曜日は、一年振りのせたなのヒラメ釣り。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
3連休は1勝2敗、噴火湾のショアサーモン第2弾。
- 2013/09/23(Mon) -
3連休は、ヒラメ、ブリ、サケと迷ったが、
いろいろあって、サケ3連戦となった。

初日の土曜日、友人S氏を伴って、
いつものポイントに行ってみた。
IMGP90106.jpg

ちょっと寝坊して、現地到着は5時前。
S氏は、とうの昔に到着していたようだ。

急いで準備を済ませ、釣り場に向かった。

この日は、釣り人7名。
有名ポイントでは、肩がぶつかるほど混み合う中、
ここは、釣り人が少なく実にあづましい。
この記事のURL | ルアー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨の中頑張ってみたが・・・、噴火湾のショアサーモン第1弾。
- 2013/09/16(Mon) -
今週末は、所用で実家の函館に帰省。
ということで、3連休の前半は釣りはお休み。

今日は、天気も回復し、気持ち良く釣りができるはずであったが、
結局、今日も雨。

雨の中の釣りは嫌いなので、止めようかとも思ったが、
あまり強くない予報だったので、
今シーズン初の陸っぱりのサケ釣りに行ってきた。

IMGP9099.jpg

陸っぱりのサケは、殺伐とした雰囲気が嫌いで、
しばらく遠ざかっていたが、

昨年、義弟がたまたま見つけた釣り場は、
人も少ないということで、数年振りに復活。

この釣り場は、例年、あまり釣れないところらしく、
このため、人が少ない訳だが、

昨年は、ほんのちょっとの期間だけだったが、
プチ爆釣したのである。

現地到着は、5時。
まだ薄暗い中、準備をすませて、釣り場へ。

案の定、川から茶色い濁流が流れており、
それほど酷くはないが、雨も降り止まない。

こんな条件なので、ほとんど期待できない状況であったが、
濁りの少ないところにサケはいるかもしれないので、
取り敢えず、頑張ってみることにした。

ハネも魚影も確認できないが、
極希に、河口でサケがもじっている姿が見えた。

数は別として、とりあえず、サケはいるようだ。

少し河口を離れ、濁流の影響を受けないところ狙っていると、
目と鼻の先でアタリがあり、サケがうねる姿が見えたが、
残念ながら、針掛かりせず。

少しして、隣の方が近間でヒット。
まだ魚影は薄いようだが、間違いなくサケはいる。

その後、群れを探して、あちこちと彷徨うが、全くだめ。
先ほどの場所で粘っていた方が、今度は遠目でヒット。

時間の経過とともに、サケは遠くに移動したようだ。

結局、3時間ほど粘ってみたが、
自分には、アタリが一度あったのみ。

川にもサケが上っている様子も見られないし、
昨年、義弟が爆ったのが、翌週のことだったので、
水温を考えると、来週か再来週辺りがピークかもしれない。

来週も3連休。
太平洋のキャスティングのブリも気になるし、
秋のヒラメも釣れて始めた。

今年は、まだ、ハモも釣っていないし、
どこに行こうか迷ってしまう。
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
凪の日は釣れない?積丹沖の夜ブリ第2弾。
- 2013/09/08(Sun) -
2013.9.7

今年は、デイジギの回数が増えたことで、
必然的に夜ブリの回数も減っているが、

この釣りは、北海道で独自に進化した釣りで、
日中のボートフィッシングとは違った趣もあり、
今後とも、年に数回は、通いたいと思っている。

今シーズンの夜ブリ第2戦は、7日の土曜日。
いつもの光洋丸に乗せていただいた。

メンバーは、私達と友人SU氏とSI氏。
それと、いつも同乗となる常連さん3名。

この日は、早い時間帯に釣れているということで、
船長と相談の上、夕方6時半に出港とした。
IMGP0087.jpg
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
お手頃デイジギングロッド。
- 2013/09/05(Thu) -
今シーズンから積丹のデイジギに出ているが、
皆さん、タックルが凄い。

夜ブリの皆さんは、船竿を使っている方もいたり、様々なのだが、
デイジギでは、ロッドもリールもソルティガが圧倒的に多い。

1セット約8万円、大体の方は2セット持ち込むので、約16万円。
いろいろな釣りをする自分達には到底無理。


先日、暇だったので、自分の部屋にあるロッドを数えてみたら、
投げ竿、船竿、磯竿、ルアーロット、ジギングロット、キャスティングロッド、フライロッド、
全部でなんと、64本もあった。

これでも、使わない竿は、売ったり、あげたりしたのだが・・・。

自分達もタックル一式、ソルティガで揃えてみたいが、
そんな状況なので、諦めている。


ということで、自分達は、なるべく安くて、
使いやすいタックルをオークションを中心に
いつも探している。

そんな中、お手頃価格のジギングタックルを見つけた。
それが、これ!
IMGP0084.jpg
ダイコー ヴァージャー。

もともとは、久米島遠征用にVRJS59/6を購入したのであるが、
あまりに使い心地が良いので、デイジギ用にVRJS59/4も購入した。


VRJS59/6のルアーwtは、120g~250g。
これは、遠征の他、夜ブリにベストマッチ。

さすがに、デイジギにはオーバースペックではあるが、
デイジギでも、数本釣っている。

デイジギ用には、VRJS59/4。
ルアーwtは、80g~150g。

主に、かみさんが使用しているが、
とても楽だと好評である。

因みに、今シーズン、バラしは一度もありません。


さて、なぜこのロッドを選択したかというと。
理由は、とても単純。

GT用に使用している信頼のキャスティングロッド、
カーペンターのブランクをダイコーが供給しているから。

予想どおり、カーペンターのロッドのように、
ティップが適度に柔らかく、バットが粘り強いという特徴が生かされていた。

VRJS59/6で7.5kgのブリを上げたときは、
拍子抜けするほど、いとも簡単に上がってきてしまった。

ロッドの長さの関係もあるかもしれないが、
さすがに、カーペンターのロッドのように、

曲がったバットの反動でオートマチックに
魚が浮き上がるということにはならないが、
ブレることなく、しっかりと上げられる。

ソルティガは、もの凄く完成されたロッドで、
使い心地も値段に見合ったものだと感じる。

しかし、いかんせん定価で50K以上となると
なかなか手が出ない。

その点、ヴァージャーの価格は、ソルティガの半分以下。
16kほどで購入できるのである。

これから、ジギングを始めようとしている方、
オーシャン21に現物があったはずですので、
是非、手にとって見てください。

絶対にお勧めです。
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
代表ジグコレクション。
- 2013/09/01(Sun) -
今週は、久しぶりに釣りはお休み。

WHO憲章ではないが、
現在の状況は、肉体的にも精神的にも、
また、社会的にも完全に良好な状態ではあるが、

ちょっと、オーバーペースでジギングに励みすぎたので、
経済的に厳しい状況になる前に小休止。
何せ、船賃など諸々も二人分なので・・・。

さて、デイジギは、これまで上ノ国方面に行っていたが、
今シーズンから積丹に行くようになった。

上ノ国方面だと、200g程度のセミロング系が中心となるが、
積丹では、ノーマルタイプが中心となる。

そこで、いろいろと考えて、
やはり道内の釣りには、道内のメーカーがいいだろうということで、
エンドウクラフトの代表ジグを中心に買い揃えた。
IMGP0082.jpg

上の4本は従来からある代表ジグ160g。
下の5本は、今シーズン発売された代表ジグSSS。

この中で、好調だったのは、160gのメトロンピンクと
SSSのピンクゼブラ。

なお、メトロンピンクは、武美オリジナルなので、
現在販売されてません。

このほかのジグは、定番の剣やソルティガリーフ、ハオリなど。

まだ、積丹のジギングのアクションなど勉強中ではあるが、
少しずつ、信頼のジグができ始めている。
この記事のURL | タックル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。