スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マガレイ来ました、黄金レンタルボートのカレイ釣り第2戦!
- 2014/05/25(Sun) -
2週間前、レンタルボートを借りて始めて釣りに出てたものの、
狙いのマガレイは全く釣れず。

24日の土曜日、K氏、S氏という同じメンバーでリベンジに行ってきた。

黄金ボートハウスは5時出港なので、同時刻に行ったが、
さすがに、ほぼピークと言ってもいい時期のため、
船を出すのに時間が掛かり、出港は5時半を過ぎていた。

この日は、前回と比べるとやや波はあるものの、
風はほとんどない。

最初のポイントはボートハウスから5分、気仙川沖12mライン。
既に、たくさんのボートが近くで釣りをしていた。
IMGP9278.jpg
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
マグロ天国、久米島遠征!
- 2014/05/20(Tue) -
16、17日の二日間、昨年に引き続き、久米島遠征に行ってきた。

今年は、日程の調整が付かず、ツアーには参加できなかったため、
無理を言って、飛行機、ホテル、遊漁船等を別途手配いただいた。
この場を借りて、クォリティーツアーズのUさんに感謝申し上げます。

同行いただいたのは、昨年のツアーでご一緒した
生粋のジギンガーのH氏。

15日は、千歳→羽田→那覇→久米島と飛行機を3本乗り継いで
夕方6時に到着。

ホテル到着してすぐに、今回お世話になる遊漁船GAINAの船長と
簡単に打ち合わせしていると、火曜日までは釣れていたが、
それ以降は、魚は居るが食わない状況が続いているとのこと。

昨年は、メバチの大きな群れが入っていてラッキーであったが、
今年はそんな状況で一抹の不安が・・・。


第一日目は、朝7時に出港。

実は、昨年お世話になった太一丸は
エンジントラブルで1か月修理が必要となり、今回はGAINAとなったのである。

事前の話では、魚の処理は太一丸以外はすべて各自でやらなければならないと聞いていたが、
北海道から来たど素人だからなのか、船長が全部処理してくれてとても助かった。

気さくでとてもいい船長なのだが、久米島でも飛び抜けて早い太一丸と比べるのは酷ではあるが、
行き帰りで移動時間が1時間違うので、その分釣行時間も1時間少なくなるというところが難点である。

9時過ぎに5番パヤオに到着。
すでに、数隻の遊漁船が思い思いのスタイルで釣りを始めていた。
IMGP0238.jpg
真ん中に小さく写っているのが、パヤオです。
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
無事帰ってまいりました。
- 2014/05/20(Tue) -
天気予報がめまぐるしく変わる先週末でしたが、
なんとかそれなりに釣れたという感じです。

残念ながら、この数日、海況が思わしくなく、
狙っていた大物は釣れませんでしたが、
2日間、楽しい釣りができました。

海外遠征ほどの疲れはないものの、
今日はちょっと眠いので、詳細は、明日以降にさせていただきます。
IMGP0248.jpg
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
鵜泊漁港のホッケリベンジ&黄金沖の初キャプテン。
- 2014/05/11(Sun) -
GW以降、風や波で海況が思わしくなかったが、
今週末は、気温も上がり穏やかで、春らしい天気となった。

まず、土曜日は、先週ボーズを喰らった鵜泊漁港でのホッケの浮き釣り。
今週の月曜日辺りからやっとホッケが岸よりし、
各地で好調との話が聞かれる。

主要な釣り場は人でいっぱいだが、
ここは、かなり奥まっており、足場も高いので、
あまり、浮き釣りの方は見かけない。
IMGP9224.jpg
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
魚がいません!道南でのいろいろな釣り。
- 2014/05/06(Tue) -
例年であれば、急激に魚が岸よりし、
あちこちで好釣果に恵まれる時期であるが、

今年は、低水温の影響なのか、
あまりいい話が聞かれない。

自分たちも、実家の長万部を中心に
道南を彷徨ってみたものの・・・。


まず、GW後半初日の3日土曜日は、
義弟からホッケを大量に捕獲するよう命があったため、

昨年に引き続き、せたなの鵜泊漁港に向かった。

到着は4時、一等地の内防先端に入ったものの、
いくら撒餌を撒いても、ホッケが寄らない。

昨年は、入れ食いだったのに・・・。

結局、一時間以上経ってもホッケは現れず、
移動を決意。

熊石方面に向かったが、途中どこも釣れていない。
また戻って、島牧が上ったが、やはり、どこも釣れていない。

結局、午前中のうちに、諦めて長万部に帰還。

先々週のサクラ釣りでは、嫌と言うほど釣れたホッケだが、
岸よりは、ちょっと遅れているようだ。

この日の午後は、先週に引き続き、
長万部の漁港で海アメの浮き釣り。
IMGP9220.jpg

ここは、いつ来ても浮きであれば、確実に釣れるのだ。

この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。