迷いに迷って、スロータックル。
- 2017/03/12(Sun) -
最近、ジギングでワンチッピでガンガンジャークしていると、
翌日、腕や肩がパンパンで凄く辛いと感じるようになってきた。

3年前、激安スロータックルを買って、
サブタックルとして、ちょこちょこ使っていたが、
昨年辺りから、スローってなんて楽なんだろうと実感するようになってきた。

そこで、今年からスローメインで行こうと思い、
半年以上、悩みに悩んで、やっと、タックルを購入した。

まず、リール。
ソルティガH15-SJにしようか悩んだが、
結局買ったのは、これ。
9974.jpg

オシアコンクエスト300HG。
このリールにしたのは、何と言ってもマイクロモジュールキア。
まだ、ラインを巻いていないが、巻きすごく滑らか。

ただ、このリールを青物に使っている方は、
ほとんどが改造しているように、

自分も、ハンドルをオシアジガーリミテッド1500HGのものにしょうと思っている。、
つまり、ハンドルの長さを70mmから85mmに長くするということ。

ついでに、ノブも夢屋 ラバーT型パワーハンドルノブに変えるため、
現在、取寄中である。


次は、ロッド。
これ、本当に悩みに悩みました。
結局、買ったのは、オシアジガーインフィニティB634。
9975.jpg

スローのロッドは、その性格上、
掛けてから、ロッドをラインと一直線にして、
リールで魚と綱引きをするという感じとなる。
そうしなければ、ロッドが折れてしまう。

でも、この魚とのやり取りがどうにも性に合わないのだ。
じゃあ、スローなんか止めればということになる。
そう、今一つ、スローにのめり込めなかったのが、このためだ。

ところが、最近、曲げてもいいよっていうロッドが出てきた。
それが、このインフィニティと天龍のホライゾン。

特に、ホライゾンプログレッシブは、
これまでのホライゾンSLにより張りをもたせたもの。

この2つで悩みに悩んで、実際に釣具屋さんで触ってみて、
自分の好みにより近いインティニティを選んだ。

あとは、4OZにするか3OZするかも、かなり悩んだが、
これも触ってみて、4OZにした。

正直なところ、実際に釣りをしてみないとよくわからないので、
自分の選択が正しかったかどうかは、これからの判断になる。

来週、凪が良ければ、サクラマスで出ようと思っているので、
できれば、なんとか入魂したいものだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | タックル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |