久しぶりの夜遊び、積丹方面のマメイカ、ミズイカ。
- 2009/11/23(Mon) -
09.11.22

三連休は、長万部沖のサケを予定していたが、
知り合いの漁師さんの船に空きが無く、あえなく断念。
先々週に引いてしまった風邪の影響か、
体調もまだ十分ではないので、近間で遊ぶことにした。

ということで、最近、マメイカが良く釣れている積丹方面に行くことにした。

実は、この時期のマメイカ釣りは、恒例になっている。
といのは、この時期マメイカを大量に仕入れて、
春の船ソイの餌にするのだ。

マメイカは、商品価値が低いためか、スーパーではなかなか見かけない。
このため、厚田の朝一で購入するのだか、これでは少し大き過ぎる。
この時期に釣れるマメイカが丁度いい大きさなのだ。

数年前は、あたりまえに3桁釣れたものだが、
ここ数年は、タイミングが悪いのか、あまり岸よりしていなかったのか、
今一つ、釣果に恵まれなかった。
IMGP1072.jpg

まずは、いつものパターンで明るいうちは美国漁港で勝負。
場所は、遊覧船乗り場の堤防のやや先端より。
準備を整えて、3時半スタート。

まだ明るいので、餌木は青。
とりあえず、イカが居るか確認するため、目の前にチャポン。

1.5号の餌木なのでなかなか沈まない。
50カウントで軽くちょんちょんとシャクリを入れると、
マメイカが数匹、餌木に近寄ってくる。

なかなか抱きついてくれないので、餌木が数㎝浮き上がる程度の
微妙なアクションを入れるとしっかり抱きついてくれ、
一投目から幸先良くキャッチ。
IMGP1076.jpg

潮が満ちているのか、餌木がなかなか沈まないので、
時間が掛かるが、サイトフイッシングで1キャスト1ヒット。

一方、かみさんは、イカは近寄ってくるものの、
うまくアクションが入れられず、手こずっている。

そうこうするうちに、やや遠目にキャストすると、
ノーアクションのフォール中にヒットするようになり、
かみさんも入れ食い状態になった。
IMGP1075.jpg

地元の方が近くで、「ここは4時40分までだぞー」、
「今のうちにいっぱい釣っとけー」と叫んでいた。

そう、ここは、暗くなると釣れなくなるのだ。
暗くなり、釣れなくなってからは、かみさんはロックフィッシュ。
自分は、餌木で頑張ってみたが、予想どおり、暗くなってからは、ポツポツ程度。
かみさんは、短時間に25cmぐらいのソイを2匹も釣っていた。
ここは、もう釣れないと判断し、今度は、幌武意漁港に異動。

ここでの狙いは、ミズイカ(ヤリイカの子供)。
先端は、ホッケ狙いの釣り人でびっしり。
先端からやや中間よりでスタート。

ここは、深さがあって、風も強かったので、
2号の蛍光のピンク系の餌木を使用(某釣具店の特売で198円のもの)。

開始して、しばらくは棚やポイントがわからず苦労したが、
15分程して、待望の1匹目をゲット。
IMGP1079.jpg
大きさは、25cmぐらい。

大体感覚が掴めたところで、連続ヒット。
かみさんもなんとか1匹ゲット。
IMGP1078.jpg

いい感じで釣れていたが、30分ほどすると、
当たりがピタッと止まる。

晩ご飯のおかず分は釣ったので、ロックフィッシュに変更。
港の中心にある突堤先端に移動。
数投するとチビクロが釣れたがそれっきり。

南風が強くなってきたので、南風を凌げる入舸漁港に移動。
ここでは、かみさんがロックフィッシュ、自分がイカ狙い。
イカは全く釣れる気配が無かったが、
かみさんがチビクロをゲット。

最後に帰りがけ、余市漁港の自衛隊前を覗いてみたが、
この時間は、釣れていなかった。
墨痕が到る処にあったので、少し前には釣れたのだろう。

気がついたら、10時前。
久しぶりの夜遊びで少し疲れたので、
ここでストップフィッシング。

今日の釣果は、マメイカは60匹、ミズイカが6匹。
クロゾイが2匹(リリース2匹)。
餌用のマメイカがもう少し欲しかったが、まぁよしとしておこう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 小物釣り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2匹目のドジョウ、美国漁港のマメイカ釣り。 | メイン | 今は無き優れ物、イージーフライ。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/109-d5607fa2
| メイン |