人は多いが魚は・・・、聖地島牧第2弾。
- 2009/12/23(Wed) -
ロクマルが上がったとか、ナナマル上がったとか、
最近いい話が聞かれるようになった海アメの聖地島牧。
最近、小物ばかりだったので、そろそろ、大物が釣りたくなり、
冬道は苦手だか、頑張って行ってみた。

今回は、札幌から高速に乗って、新しくできた黒松内インターで降り、
寿都経由で島牧へ。
所要時間は、3時間ちょっと。
日本海廻りより、アイスバーンはほとんどなく、
精神的にも、身体的にもとても楽ちん。
IMGP1128.jpg

駐車場下で6時半スタート。
今日は釣り人が多い。
ざっと見渡して、50人ぐらい。
IMGP1127.jpg

波も適度にあって、風は穏やか。
最高のコンディションだ。
しかしながら・・・・。
全く、魚の気配なし。

遙か遠く、18番の辺りで小さいのが1匹上がったのを確認。
頑張って9時前までやってみたが、釣り人が次々と帰り始めたので、
自分達も終了とした。

帰りがけに、コビチャナイと精進川でやってみたが、
ここでも、反応なしで、本日はあえなく惨敗。
すごすごと帰ってきた。

さて、実は、昨日はお休みをいただき、苫小牧東港に再度行ってきた。
前回と同じところに入り、夜明けにスタート。

一投目を投げ入れて、リールを撒いていると、
いきなり、お隣のフライマンが大物と格闘中。
抜き上げられないようなので、タモを入れてあげた。
56cm、ここではかなり大物でした。

一段落して振り返ると、今度はかみさんが奮闘中。
1匹目なので、慎重を期するため、またもや、タモ入れ。
40cmの小ぶりの海アメちゃんでした。
IMGP1125.jpg

その後、数分して、またもやかみさんがヒット。
サイズアップして、46cm。(カメラの充電切れで写真はありません。)

自分はというと、チェイス、ショートバイトはあるが、なかなか乗らない。
かみさんも、チェイスはあるが乗らないと嘆いていた。

そんな中、フェンス中間部でフライマンが入れ食い状態。
覗きに行くと、海アメが群れをなして泳いでいる。

どうやら、今日は、フェンス中間から右側に魚が溜っているようだ。
気まぐれなお魚さん達は、左側の自分達のところまでは、来てくれないようだ。

それにしても、フライでの爆釣には驚いた。
イージーフライもあることだし、
ちょっと、ここでのフライの研究をしてみよう。

今年もあと残すところ数日。
頑張って、年内にもう2回ほど釣りに行きたいところだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<またまた惨敗、苫小牧東港の海アメ釣り。 | メイン | コマイは何処に、太平洋を彷徨う。>>
コメント
--
おはようございます。
島牧は残念でしたね。私も午後の短時間18番やりましたが周りが釣れたのすら見てません。魚が遠いのでしょうかね?
それと東港でタモ入れして貰ったフライマンもブログをされてて記事アップされてましたよ。私は地元ですが3時間かかる島牧よりコンスタントに釣れるかもしれません(笑)まぁ島牧はお互い今後に期待ですね!
2009/12/24 09:06  | URL | かきさん #-[ 編集] |  ▲ top

-かきさん。-
やっぱり、まだ本調子ではないようですね。
海アメガイドによると、赤灯で粘った方が良型を上げたようです。
私だと、半日粘るのも厳しいです。

東港は、今年いいですね。
この日は、フライが断然有利でした。
2009/12/24 21:24  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/117-52c475d5
| メイン |