4度目の正直?苫小牧東港の海アメ釣り。
- 2009/12/29(Tue) -
日本海側の天気予報は、暴風雪。
最近は、休みになると必ず天気に嫌われる。

仕方がないので、またまた苫小牧。
今年4度目、つまり、4回も天気に嫌われたということ。

6時過ぎに到着。
今回は、フェンスのかなり右側に入ることにした。

まだ薄暗い6時20分スタート。
風はないが、外海が時化ているせいで、うねりが強く、濁りも入っている。

前回は、べた凪&クリアーでダメ。
ということは、今回はいいかもしれない?
ところが、そんな期待と裏腹に、開始から1時間、全く当たりなし。

かみさんはルアー、自分はシンキングのイージーフライ13gにフライはミノー。
たまにルアーにはチェイスはあるが、いつもより少ない。

イージーフライはシンキングにしても、釣り場の高さがあるせいか、
やや表層に近いがいい感じにリトリーブできている。
だが、チェイスすらない。

地元のフライマンも今日は勝手が違うよう。
1本上げたのは見えたが、その後はパッタリ。

しかたがないので、ここで、最終兵器のウキ釣りをしてみることに。
タックルは、シマノのホリデー磯540、1.5号。
浮きは、釣研の飛ばしナナメの中。
ハリスは、フロロ2号。フックは、丸せいご15号。
付け餌は、キビナゴ。付け餌の上、30cmにカミツブシ1Bをセット。

ウキ釣りは久しぶりなので、少しワクワクする。
とりあえず、竿受けにセットして、イージーフライを引いていると。

浮きがすぼっと沈んだ。
慌てて、竿をとりアワセを入れる。
あまり大きくないのはわかったが、
1.5号の磯竿にラインも2号ということで、
慎重にやり取りして、浮かせたところで、タモ入れ。
IMGP1132.jpg
37cmの小ぶりな海アメちゃん。
ウキ釣りではじめて海アメを釣ったが、
竿が満月になって、ルアーより引きが楽しめる。

仕掛けを入れ直すと、すぐに当たり。
今度はフッキングもばっちり。
IMGP1133.jpg
ちょっとサイズアップして、40cm。

辺りを見渡すと今日は釣れていない。
左側でポツポツと釣れているが、
いつもと比べると全然釣れていない。

その後、3本追加して、終了間際、少し上下に誘いを入れるとヒット。
結構良い引きで、タモ入れ。
IMGP1135.jpg
本日、最大の43cm。

結局、6本で終了。
海アメのウキ釣りははじめてだが、ルアーに比べ小型が多いように感じる。
誘いや浮きの大きさなど、研究の余地たくさんあるが、
周りがあまり釣れていない中、これだけ釣れるのだから、
やっぱり餌釣りは強しって感じですね。

ちなみに、かみさんは残念ながらボーズ。
かなりスレているので、ルアーで釣るのは至難の業のように感じる。

さて、今年の釣行回数は、明日の釣りも入れると58回。
ルアーが6割、船と投げが1.5割、その他が1割。
ここ数年は、圧倒的にルアーが多くなっている。

10月の人事異動がなければ、軽く60回は行っただろうなぁ。
我ながら、本当に呆れるほどの釣りバカだと思う。

この一年、こんなくだらないプログをご覧いただいた皆さん。
本当にありがとうございました。
明日から、函館の実家に帰省のため、本年の更新はこれが最後です。

来年も張り切って釣りをしますので、よろしくお願いします。
みなさん、良いお年をお迎えください。

<おまけ>
10数年振りに、勇払の「鳥よし」に行ってきた。
IMGP1138.jpg
全く昔のままで、懐かしい。
メニューも昔のまま。
ラーメンとチャーシューメンとそれぞれの大盛りの4種類だけ。
IMGP1137.jpg
味も、全く変わらず、さっぱりした白湯スープ。
優しい味のスープは、思わず全部飲み干してしまう。
ちょうどお昼時、地元の方々でいっぱいだった。
値段は少し値上がりしたけれど、600円。
こういう良心的なお店が長く続いているのは、とってもうれしいものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<元旦の太平洋、長万部漁港のアメマス狙い。 | メイン | またまた惨敗、苫小牧東港の海アメ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/119-9771cd76
| メイン |