冬の釣りは厳しい、海アメを求めてぐるり道南めぐり。
- 2010/01/09(Sat) -
3連休の初日、ちょっと無理をしても、残り2日間ゆっくりできるので、
頑張って、道南の漁港とサーフを偵察?に行ってきた。

金曜日、札幌を午前2時過ぎに出発。
今日は、安全のため、高速を使って、国縫まで。
そこから、峠を抜けて年末にも行った道南の漁港に6時前に到着。

既に、ルアーマンが2名準備中。
スタートは、6時半。
斜路でやってみるが、前回と違い全く当たりなし。

薄明るくなった頃、ぞくぞくと人が集まってくる。
今日は、フライマンが多い。
IMGP1154.jpg
混み合うのは勘弁なので、斜路向かいの防波堤に移動。
ここで、浮き釣りをやってみる。

たまに浮きが沈むが、餌のキビナゴを半分だけ食われたり、
食い込みが悪い。
どうも海アメとは違うような気がするなあと思いつつやってみると、
スゥーと浮きが沈んだ。
上がってきたのは、時期はずれのホッケ。
IMGP1156.jpg
もの凄くげっそり痩せたローソクボッケ。がっくり。
その後、当たりもなくなり、移動を決意。

結局ルアーでは、まだ暗いうちに、前述のルアーマンが1匹ずつ上げただけ。
後は、フライマンが全体で5、6匹上げたぐらいだったと思う。

昼前にサーフに到着。
時間が時間だけに、ほとんど諦めムード。
おまけに、外は吹雪模様。
かみさんは、もうやらないと車で昼寝。

向かい風なので、ジグを選択。
30分ぐらいして、集中力が切れ、
ミスキャストして、40mぐらいのボチャンと落とした時、
いきなり来ました。いわゆる、着水ドンってやつ。
IMGP1158.jpg
砂まみれですが、小ぶりの海アメ36cm。
ヒットルアーは、道東で実績の高い、サンダージグのチャート。
とりあえず、奇跡的にボーズは免れた。

その後、帰り道、あちこち漁港をめぐり、
最後は、猛吹雪の中、大平のワンドでやってみたが、
何もなく終了。

走行距離は、500km弱。
天気予報に裏切られ、吹雪の釣りを強いられ、
お魚にも見放され、ホントに疲れた。

残り2日間の休み。
ゆっくり身体を休めることはできるが、
さて、この釣りバカが家にじっとしていられるだろうか?
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イワシフィーバー、苫小牧東港の海アメ釣り。 | メイン | 早々と準備、夜ブリ用ジギングロッド。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/123-37a3775c
| メイン |