GWの釣り、その1。
- 2011/05/01(Sun) -
GW前半は、風が強く、波も高く、
釣りの最盛期であるにも係わらず、
釣り師泣かせの天気が続いている。

とはいえ、せっかくのGWである。
条件の比較的いい場所を探して、釣りに行ってきた。
IMGP1628.jpg

まずは、初日の金曜日。
この日は、浜益方面は強風、寿都・島牧方面は波高であったので、
夕まづめに比較的穏やかな表積丹に向かった。

まずは、幌武意漁港の右岸のゴロタ場。
到着して見渡すと、刺し網がびっしり入っている。
これでは、釣れないだろうと思いつつ、
しばらくやってみたが、全く魚っけなし。

続いては、美国の小泊海岸。
ここには、ルアーマンが数名いたが、
ここでも、アタリすらなし。

夜、幌武意辺りでヤリイカでも狙おうかと思ったが、
風が止む気配がないので、おとなしく帰ることにした。


昨日、土曜日も天候がよろしくない。
無性に投げ釣りがしたいということもあり、
クロガシラが釣れている苫小牧に向かった。

早朝4時過ぎに勇払埠頭に到着したが、
ニシンが釣れているせいで、
全く入る隙間がない。

中央南埠頭も同様。

仕方がないので、東港に向かった。
フェンスの横でやろうと思ったが、
ここも一杯。

結局、フェンス前に釣り座を構えた。
ここでは、イワシやアメマスを釣ったことがあるが、
投げ釣りは、初めて。

取りあえず、一年振りに全力で遠投を試みる。
IMGP1625.jpg

追い風に乗って、なんとか6色。
ところが、ここは火発の排水の影響で、
仕掛けが強烈に流される。

アタリが取り難い中、微妙に竿先が揺れたような?
取りあえず上げてみると、残念ながら35cmのイシモチ。
IMGP1623.jpg
我が家は、イシモチは食べないので、リリース。

かみさんは、餌替えで上げた竿に極小イシモチ。
これ以上やっても釣れそうにないので、小一時間で終了。

その後、苫小牧の各ポイントを見てきたが、
中央北埠頭で良型のクロが上がっていた。
また、西港の南埠頭では、ニシンが順調に釣れいていた。

今日は、ここ数日で唯一、波がおさまる予報であったので、
急遽、幌武意から今期最終戦のサクラ釣りに出ることにした。

出港は4時半。
乗員は10名。今回のご一緒した皆さんは、なかなかユニークでした。

釣り場は、前浜で5分と掛からないマッカ岬沖。
朝一、期待で一杯で仕掛けを落とすが、全くアタリなし。
約1時間、周りでも全くアタリなし。

オオナゴはびっしり入っているようだが、
サクラの食いは悪いようだ。

1時間くらいして、やっと前方のバケ釣りの方と
真ん中でシャクリ釣りをしていた方に上がった。

棚は、底近くということで、
25mに落としたところで、待望のヒット。

船縁まで上げて、タモ入れというところで、
シャクリの針がタモに絡まって、残念ながらバレ。

その後も、何本か上がるものの、
上がるのは、バケの方ばかり。

この時期でバケが優勢というのもなにか変。

8時頃にやっと、ヒットしたが、500g程度と極小サイズ。
IMGP1626.jpg

かみさんは、10時頃にやっとヒット。
IMGP1627.jpg
1.5kgくらいで、これも小さい。
ヒットシャクリは深海松。

その後、鹿角シャクリでバラし、さらにもう一度バラし。
今日は、計3回のバラしと付いていない。

10時を過ぎると、やっとポツポツと上がりだしてきた。
11時頃にまたまた500gぐらいの極小を追加。

12時前に、やっと少しはサクラらしい1kgちょっとを追加して終了。
船中10名で25本ぐらい。
自分は3本、かみさんは1本と前回のリベンジならず。
因みに、自分のヒットルアーはすべてサバイバーのグリーンゴールド。

さて、ユニークな同乗者の方々ですが、
お一人は、なぜかしら竿が投竿。
もうひと方は、マス仕掛けなのにバケではなく、通常の錘を付けて竿を振っていた。
このお二人は、ずっとオマツリしまくりで、釣りどころではなかったのでは。

さらに、もうひと方は、シャクリを底に付けてからしゃくるので、
ラインがたるんで、お隣のお仲間と何度もオマツリ。

船釣りは、同乗者がチームのようなところもあり、
このような方々と一緒になったときは、苦労することもある。

できれば、マス釣りのような専門性の高い釣りの場合は、
少し勉強して、しっかりと準備してからの方がいいのではないかと思う。

この方々は、ほとんど釣れていないし、
あちこちとオマツリして、かなり周りの迷惑となっていた。

ちゃんと準備しておけば、釣果にも恵まれるし、
不快な思いもしなくて済むわけですから。

GWは、明日以降も天気が思わしくない。
天気が回復するのを祈りましょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<GWの釣り、その2。 | メイン | 投げ仕掛けゴッソリ。>>
コメント
-初心者と同船-
初心者と時々話をする機会があるのですが、誰しも最初は初心者でした。
一番の近道はベテランの方から色々と教えてもらって、共に釣行することですかね。
船ではそうしないと、同船者に迷惑を掛けますから。
最近乗った船の船頭から聞きましたが、沖メバル釣りで赤いオモリを使うと沖メバルが散ってしまうとの説明。
初めて聞きました。
2011/05/02 21:53  | URL | 北遊人 #5CQAUZ26[ 編集] |  ▲ top

-北遊人さん。-
こんにちは。
船の上でのトラブルはお互い様だと思うんですが、今回の同乗者は、探検丸持参だったりなど、どう見ても初心者ではないと思うんです。
これまでも、Going my wayで釣りをされているんだと思いますが、折角、高いお金を出して遊漁船に乗っているのに、ああいう釣り方だと今後も釣れないだろうなぁと可哀想に思ってしまいました。
2011/05/04 15:37  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/223-cad55fc3
| メイン |