North Creekさんに行ってきた。
- 2011/05/07(Sat) -
今日は、職場の仲間と雄冬沖のソイ釣りの予定であったが、
波が高く、欠航となってしまった。

今シーズンの雄冬沖は、これで4回目の欠航。
週末、天候が荒れる悪循環から抜け出せないことには、
どうにもならない。

ということで、時間もできたので、
リンクを張っているNorth Creekさんに行ってきた。
IMGP1648.jpg

ここのオーナーさんとは、昨年、知床の渡船で一緒になり、
その後、いろいろと情報交換をさせていただいている。

今日も突然訪問したにもかかわらず、
2時間も釣り談義をさせていただいた。
釣り好きが話し出すと時間なんて、あっと云う間だ。

お店は、事務所のようなお部屋の棚に
まるでおもちゃのように、様々なダーデブルが展示されている。IMGP1649.jpg

自分は、国産ばかり使っているので、
正直、ダーデブルと云われてもピンとこなかったが、
長い歴史を持つmade in USAのスプーンである。
IMGP1650.jpg

当然、ダーデブルの専門店である。
お店の中は、すべて、ダーデブル。
オーナーのこだわりを感じます。

IMGP1651.jpg
このコーナーは、非売品。
既に生産中止となった貴重なものなどがコレクションされている。

今回は、カラフトや道東の海アメ用に4点購入。IMGP1652.jpg
一番右のカナダ国旗のルアーは、
これで釣るのは大変だなぁと思ったが、
かみさんが、これで釣りたいとのことで購入。

かみさんの釣りにセオリーは通じないのだから、
好きなようにさせるのだ。

でも、釣れたら楽しそうだ。

オーナーは、群馬県出身で釣りが好きで、
北海道に移住したそう。

気さくで人の良いオーナーさんなので、
ダーデブルを使ってみたいという方は、
是非、寄ってみてください。

いつもお店にいるわけではないようなので、
事前にお電話を入れた方が良いかもしれません。

夏の道東の海アメや初冬の長万部沖のサケ釣りで
ご一緒しましょうと約束してお店を後にした。
スポンサーサイト
この記事のURL | タックル | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<GWの釣り、その4。 | メイン | GWの釣り、その3。>>
コメント
-こんばんは-
本日は、楽しい時間をありがとうございました。
今度是非、ご一緒させて下さい。 足手まといですが・・・ 頑張ります。
時間が空きましたら、何時でもふらっといらして下さい。
ダーデブルでの釣果報告も、お待ちしていま~す。
2011/05/07 22:05  | URL | 猟場の番人 #yGKUnaB2[ 編集] |  ▲ top

-ダーデブル最高!-
TKDNさん、おはようございます。
昨日は職場の仲間で石狩沖防に渡ろうと思っていましたが、強風のため中止になりました。船長の話では全体的に時期が早いようで、釣果もポツポツといった感じのようです。

ダーデブル専門店ってあるんですね。私も昔使ったことがあります。種類も豊富で「スキーター」「ミジェット」「スピ二―」とか「コピーキャット」ってのもありました。悪魔の顔が印字されているというのには子供ながらも魅かれましたが、当時のお小遣いでは高くて買えなかったです。(笑)

開高健の「フィッシュオン」にもこのダーデブルが登場します。カナダでの釣りでシングルフックに換えた赤白のダーデブルを使い巨大なサーモンを釣り上げるといったシーンがあります。この本でのダーデブルの印象は強烈でした。

そんなことで私にとっても思い出の深いダーデブル。これからの釣果を楽しみにしています。
2011/05/08 06:42  | URL | HAKASE #-[ 編集] |  ▲ top

-猟場の番人さん。-
こんばんは。

昨日は、アポなしなのに長時間お邪魔して申し訳ありませんでした。
今年は、是非、道東の海アメや長万部沖のサケに行きましょう。
北海道ならではの豪快な釣りが楽しめると思いますよ。
2011/05/08 20:12  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-HAKASEさん。-
こんばんは。
今年は、石狩や岩内の沖防はいい話を聞かないですね。
遠いですが、どうせ行くなら瀬棚沖防がお勧めです。
夕方から乗って、夜はソイ、朝はカレイというパターンがクッドかと。
ダーデブル、子供のお小遣いには、ちとお高いかも。
今回購入したオーソドックスなスプーンは、コピーキャットです。
カナダ国旗のスプーンでなにが釣れるか楽しみです。
2011/05/08 20:20  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/227-a1ea3fc7
| メイン |