釣りの神様に見捨てらてしまった!
- 2008/09/16(Tue) -
2008.9.14

かつて、陸の孤島と云われた雄冬。
もう、4年も通っている。

船は小さく、船長さん達もみんなご年配で、何を言っているかよくわからないこともあるが、
みなさん、味のある、いい人ばかりだ。

今年、3回目。
友人達6人で、勝宝丸に乗せてもらった。

前回は、強風と潮が速く、今一つの結果だったので、今度こそはと、意気込んで6時に出港。
IMGP0364.jpg
港には、シャケ狙いの釣り人が数人居たが、シャケの姿は見られなかった。
沖でハネでもあればと、シャケ用のロッドなどの準備もしたが、出番はなし。

いつものことだが、ポイントに10分程度で到着。
IMGP0365.jpg
今回は、船長お勧めの半月天秤と1ヒロのロングハリスで勝負だ。

早速、仕掛けを落とすと、「んっ」。
今回も、潮が速く、不安がよぎる。

案の定、根掛かりの連発だ。
さらに、なんと電動が故障して、動かない。

そんな中、周りではポツポツと釣れている。
特に、後方右側の方が、40cmクラスをポンポン上げている。
やっぱり、後ろかと後悔するが後の祭り。

自分はというと、不安が的中、当たりすらない状況。
とその時、かみさんにいい当たり。
竿がゴンゴンいっている。

上がってきたのは、42cmのクロちゃんだ。
また、かみさんにやられた。

その後、潮も少し落ち着いて、釣りやすくなり、
友人達にも、そこそこのクロゾイやマゾイが上がるが、
自分は、全くの不調。
IMGP0366.jpg

11時頃、潮がまた早くなり、ここで終了。
結局、チビクロゾイとガヤの2匹だけ。
一度だけ、いい当たりがあったが、バラしてしまった。
ツイていない時は、こんなものだ。

これまでの雄冬では、最低クラス。
ほとんどハズレのない雄冬で、なんと2連敗を喫してしまった。
腕が悪いのか、タイミングが悪かったのか。
本当に、トホホな気分だ。

ご覧のとおり、なんとも寂しい釣果に・・・・・。
IMGP0367.jpg
50㍑のクーラーがスカスカでむなしい。
ちなみに、大きい魚はかみさんの釣ったもの。

かみさんにもかなり大きい当たりがあったようだが、スカだった。
あれは大きかったと、いつまでも悔しがっていたが、逃がした魚は大きいものだ。

さぁて、次は、ヒラメかタラで爆釣といくかー?
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オホーツクの海は冷たかった。 | メイン | タックル紹介(船釣り編その2)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/24-b66bdc07
| メイン |