世界遺産はスリリング、知床のカラフトマス釣り。
- 2011/08/23(Tue) -
遅めの夏休みをいただき、
毎年恒例の知床半島のカラフトマス釣りに行ってきた。

数日前から天気予報と睨めっこして、日程決めたが、
天気予報は大外れ・・・。

月曜日に札幌出発、網走管内まではいい天気だったが、
知床横断道に入ると、天候は激変、濃霧に包まれた。

夕方、羅臼に着くと、いわゆるジリで、風も強い。
波も高く明日、出港できるか心配になるほど。

今日の朝は、風は予報より強いが、
ジリは治まっていた。

早朝3時半に相泊漁港を出港。
波も高いので、モイレウシに行くことにした。
IMGP1764.jpg

モイレウシに到着してみると、やはり風が強い。
河口の前に入ると、目の前にはカラフトの群れが
背びれを出して悠々と泳いでいる。
まだ薄暗らかったので、大量の昆布が生えているのかと思ってしまった。

早速、お得意のタスマニアンデビルを投げてみるが、
スレているのか、全くアタリがない。

ルアーを変えて投げようとしたとき、
たまたま目の前にボチャンと落ちたルアーに
なんと、そのルアーがセッパリのオスの背びれに掛かって、
いきなり横走り。

なんとか引っ張り上げたが、
初ヒットが落ちたルアーでのスレ掛かりとは情けない。

その後、河口でしばらくやってみたが、
魚が居るものの、全く掛からない。

河口の釣り人も次々と磯場に移動。
私達も磯場に移動するが、場所もなく、
誰もいなくなった河口に戻ることにした。

戻ってみると、釣り人が居なくなったせいか、
先ほど以上に大量のカラフトが群れを成していた。

チャンスとばかりに、ルアーを投げると、
スレ掛かりは多いが、順調にヒットしだした。
IMGP1761.jpg

この時期なので、色づいた魚体が多いが、
極力、メスの銀毛を中心にキープすることにした。
IMGP1763.jpg

私達が釣れているの見て、磯場に居た皆さんも
河口に集まってきた。

人が集まってきたことにより、カラフトの群れはだんだんと散って、
目の前から、10~20m沖に移動した。

逆に、遠目で掛かるようになり、カラフトの強い引きを
十分満喫できるようになった。
IMGP1767.jpg

気のせいか、銀毛の割合も増えたような気がする。
IMGP1765.jpg

ここで、かみさんが、騒いでいるので、
近寄ってみると、なにやら大物と格闘しているようである。
IMGP1768.jpg

いわゆる着水ドンで掛かったらしい。
いつまで経っても、水面に顔を出さないが、
水中からでもギラギラしているのが解る。

なんとか上がってきたのは、鮭のような銀ピカのオス。
推定、4kgというところか。
IMGP1771.jpg

ここで、かなりの数のカラフトを釣っているが、
こんな立派な銀ピカのオスを見たのは初めてだ。

いい感じで釣れてきた9時前。
停泊している船頭さんが、私達に向かって大声で叫んでいるのを
かみさんが発見。

遠くて何を言っているかわからないが、
前の日に熊が出た話を聞いていたので、
これは、私達の背後に熊が出たもの確信し、
周りの人たちに急いで避難するよう伝えた。

避難しながら後ろを振り返ってみると、
若熊が藪から出て、こちらを窺っていた。

大至急、船着き場に移動。
自分の後ろに着いてきていたかみさんも
かなり焦っていたのだろう、
「転んだ」という声で振り返ると、
ロッドしっかり握って、地面に転がっていた。

「転んだ」と申告して転んでいるかみさんを見て、
吹き出しそうになったが、ぐっこらえて、
一緒に船着き場に移動した。

件の熊は、のそのそと歩き、
凶暴さは感じられず、
むしろプーさんのようにユーモラスな感じさえ受けた。

まさに、先ほどまで私達が居た河口に降りて、
食べ物でも落ちていないか探しているよう。
IMGP1772.jpg

その後も、私達の方にどんどん近寄ってくるので、
船に避難することにしたが、
なんと、私達が乗ってきた船が居ないのである。

モイレウシより熊の出没の可能性が高い
ペギン鼻やクズレ滝に付いているのだろう。

たまたま近くにいたマイボートの方が私達を乗せてくれ、事なきを得た。
結局、プーさんは、私達が船に乗り込んだ場所まで付いて来た。
マイボートの方が近くに居なかったらと思うと、ぞっとする。
IMGP1773.jpg

結局、私達を乗せてきてくれた渡船は、
いつまで立っても来てくれなかったが、
替わりに僚船が迎えに来てくれた。

プーさんは、その後も辺りをうろうろしているので、
かなり早いが9時に強制送還となった。

こんな事があると、知床の渡船もいつまで出来るか心配になる。
釣り場で魚を捌いたり、食べ物を残していったりと、
釣り人のモラルの欠如が招いた事なのかもしれないが・・・。

最終的な釣果は、自分が15本ぐらいでかみさんが10本ぐらい。
キープは、6本。
昨年に比べると半分以下という感じ。
今年は、豊漁年のはずなのに・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<マグロ獲ったど~、上ノ国沖のデイジギング。 | メイン | ブリに見放され・・・、積丹沖の夜ブリ釣り。>>
コメント
-おはようございます-
やっぱり、あそこはイ~ですね!
去年を思い出します。
ギンピカイイですね。私も行きたかったです。
 
釣果ブログを見ていたら、頻繁にプ~さん出現のネタが多かったので心配していました。

何事も無く、良かったです。
しかし、転がって 怪我は?  竿は? ・・・
2011/08/24 07:38  | URL | 猟場の番人 #yGKUnaB2[ 編集] |  ▲ top

-熊は-
ご無沙汰しております。

渡船場所への出没は、ここ数年、顕著になってきましたね。滝の方が確かに確率は高いですが、モイレウシでも僕は二回遭遇しておりますので何処でも出ると考えた方が無難でしょうね。

釣り人の問題もあるのだと思いますが、個体数も増えているのかもしれません。

いずれにしても、注意が必要な釣り場ですね。
2011/08/24 12:02  | URL | Hiroshi #zze37BRE[ 編集] |  ▲ top

-猟場の番人さん。-
こんばんは。
釣果の方は今一つでしたが、野生のブーさんを初めて見ることができたので、これはこれはで貴重な経験がでした。
かみさんも竿も無事ですが、笑いをこらえるのが大変でした。
日程は未定ですが、10月に例のボートロックに行く予定ですので、連絡しますね。
2011/08/24 20:41  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-Hiroshoさん。-
こんばんは。
なんかここ数年、熊の出没が多くなってきましたね。
前日は、船長が追っ払ってくれたとのことでしたが、この日は、船が付いていてくれなかったので、マイボートの方がいなければやばかったと思います。
熊の出没が頻繁なので、ちゃんと付いてくれる船でなければダメですね。
2011/08/24 20:47  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

--
私は行ったことがないのですが、最近、熊の出没が多くなったと聞きます。
特に、今年は多くの友人が船への避難をしていて、釣っている最中もいてくれる船頭の船に乗るようにしているとのことでした。
おそらく釣人のマナーの問題なのでしょうね。
今までは天然のカラフトを釣人と熊とが分け合ってたのですが、釣人の残す残飯や腹をさばいた後の残骸を食べる方が手っ取り早いと熊も思ってきているのでしょう。
ここも人間が自らの危険を増やしてしまったようです。
少々腹立たしいですね。
そろそろルールを決めないといけないかもしれません。
2011/08/24 22:06  | URL | TK #-[ 編集] |  ▲ top

-TKさん。-
こんばんは。
今年はありませんでしたが、一昨年、昨年と釣り場で魚を捌いた残骸がありました。
必ずしもそれが原因と云えないかもしれませんが、おっしゃるとおり、そろそろしっかりとしたルールを決めないといけないかもしれませんね。
2011/08/24 22:32  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様でした-
知床釣行お疲れ様でした。今年はカラフトが釣れる年のはずですが、それほど爆釣って感じでもないのかなあ。
クマにはお互い十分気をつけましょうね。
2011/08/27 08:14  | URL | HAKASE #-[ 編集] |  ▲ top

-HAKASEさん。-
こんにちは。

今年は、なんだがいろいろ変ですね。
道東の海アメは、例年なら川に上る時期なのに、先週、爆発したようだし。
知床に関しては、昨年より少ないし、小さい感じがしました。
熊は、むしろ貴重な経験ができたと思っています。

今日は、これから上の国沖のブリのデイジキに行って来ます。
またボーズかも・・・。
2011/08/27 09:46  | URL | TKDN@実家 #nHkyP0qc[ 編集] |  ▲ top

-危険な釣り場-
どうも、この釣り場は危険なように思われます。
熊が人間に平気で近づいてくるような釣り場はどう考えても危険だと思われます。
事故が起きてからでは遅いので、この釣り場には行かない方が無難です。
2011/08/27 15:29  | URL | 北遊人 #5CQAUZ26[ 編集] |  ▲ top

--
4kgのでっぷりとした銀ピカオスいいですね。
転びながらも竿はしっかり守る奥さん、さすが(^^)。

それにしても熊良く出没してますね。
船に乗って避難出来て良かったですね!!

私がペキンの鼻で見たときも遠目なせいか、のそのそ歩いてプーさんに見えましたが、
実際真近で見たら怖いんだろうな。

大事件が起こる前にルール作りが必須ですね…。
2011/08/28 08:39  | URL | カンデコン★ #-[ 編集] |  ▲ top

-北遊人さん。-
おはようございます。
今頃は、上の国沖でブリと格闘中でしょうか。
確かに、熊が人に近づいてくる釣り場は危険ですね。
近年、熊野出没例が増加しているので、そろそろ考えなければなりませんね。

昨日、ふた海屋さんでマグロ釣ったのは私です。
船長に北遊人さんによろしく伝えてくださいと言って置きました。
2011/08/28 10:02  | URL | TKDN@実家 #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-カンデコン★さん。-
こんにちは。

一見、愛くるしく見えても野生ですものね。
細心の注意が必要なんでしょうね。
世界遺産の絶景と釣り、毎年恒例にしているので、いつまでも続けてほしいですよね。
銀ピカのオスは、脂が載っていてうまかったです。
2011/08/28 11:36  | URL | TKDN@実家 #nHkyP0qc[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/249-e794d0ff
| メイン |