脚立フィッシング、苫小牧東港の海アメ釣り。
- 2011/12/04(Sun) -
H23.12.3

今週末は、大荒れの天気予報だったが、
土曜日の午前中はなんとかなりそうだったので、

ちょっと早いかなぁとは思ったが、
苫小牧東港に海アメを釣りに行ってきた。
IMGP1849.jpg

この時期から3月までは、北海道の場合、しかたがないことだが、
なかなか好条件に恵まれない。
ましてや、週末に好天に恵まれることなど、そうそうない。

しかし、太平洋側は、比較的穏やかな場合がある。
特に、苫小牧東港のフェンス前は、
火力発電所が風よけになるのだ。

ただし、ここは、人工物に囲まれた中で行う釣り。
一般的な自然の中での行う釣りとしての趣は一切ない。

ましてや、みんなが脚立に乗っかっての釣りなんて、
実に奇妙な光景である。

冬の間、釣り道具のメンテで物足りない釣り人が、
ちょっと魚と戯れようかといった感じだろうか。

釣り場への到着は6時頃。
フェンス前の良い場所は、すでに数名の釣り人が入っていた。
IMGP1848.jpg
今、釣れているのは、サビキでは小サバとサヨリ。
ワームでアブラコといったところか。

フェンスの中間より左側に入り、
ルアーを投げながら、海を覗くと、
目の前に小魚が大きな群をなしていた。

まだ暗くてよくわからなかったが、
もしかして、マイワシ?なんて思って、
サビキを入れてみた。

ところが、撒き餌を撒いても魚は寄ってこない。
しばらくして、小さなサバが釣れた。
IMGP1850.jpg

相変わらず、群れた小魚の正体はわからないが、
マイワシではないことは確定。

かみさんがサビキをしゃくっていると、
スレで魚が掛かり、やっと正体が判明。
20cmぐらいのボラであった。

正体か判明したところで、サビキは終了。
ルアーに専念する。

ルアーに専念して、二投目、なんか軽いアタリ。
取りあえず巻いていると、小さい海アメが掛かっていた。
IMGP1851.jpg
33cm、ここのアベレージが40cmぐらいなので、
まだ、ちょっと早いのかもしれない。

すぐに投げ返すと、またヒット。
今度は、少し引きが強い。
しかし、残念ながら目の前でバレ。

かみさんには、チェイスはあるが、
ヒットまでは至らない。

しばらくして、また、ヒット。
今度のは、もの凄く軽い。
上がってきたのは、28cmの極小海アメ。
IMGP1853.jpg

この後、すぐにヒットしたが、またもや目の前でバレ。
ヒットルアーは、いずれもシマノのスピンドリフト。

このルアーは、友人のお薦めで、
今年、厚内で皆さん苦労していたところで、
大物を連発したルアーである。

軽い割に良く飛ぶし、動きもかなりいい感じ。
シマノは、サイレントアサシンも良く飛ぶし、
最近、いいルアーを出している。

今年は、いろいろな釣りで少し遅れてスタートしていたが、
ここも、同様にまだ少し早いという感じ。

取りあえずは、ボラの子供達が居なくならないと、
ちょっと辛いかもしれない。

さて、来週は、土曜日が仕事なので、釣りはお休みかなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ちょっとそこまで、苫小牧東港の海アメ&カーペンターシーフロッグ。 | メイン | 大潮の引き潮では・・・、静狩漁港のカジカ釣り。>>
コメント
--
その脚立フィッシング・・
夏は青物が釣れていたみたいですねそこで・

カンパチとか


そっそう
スキルジグは

僕のお気に入りでして
タラには最高のジグでしたよ!それは400g弱でしたが
安く手に入れましたね~羨
2011/12/05 00:17  | URL | ゆうちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-ゆうちゃん。-
こんばんは。

そちらは、年中アメマスが釣れてパラダイスですよね。
こっちでは、これからの時期、こんなところでなければ釣りにならないんです。
ここは、火発の暖かい暖水の影響でいろいろなものが釣れますが、夏の青物はフクラギですね。
でも、サビキ釣りですよ。

タラが400gのジグで釣れるなんていいですね。
こちらでは、水深150~200mで、ジグは750g~1kgです。
電動使っても、かなりの重労働ですよ。
2011/12/05 21:50  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/264-5c46e4eb
| メイン |