ボーナスは、ジギングタックル。
- 2012/01/11(Wed) -
いろいろなジギングのタックルを使ってみたが、
自分にとって、一番しっくりきたタックルを
ボーナスでもうワンセット買ってしまった。
(ただし、新品ではなく、オークションでの中古である。)

ロッドは、スミスオフショアスティックAMJ-54L。
P1110002.jpg
このロッドのいい点は、何と云っても軽いこと。
さらに、適度に柔らかく、もの凄くジャークしやすい。

見た目は、細く頼りなさそうに見え、
JIG Wtも210gまでなので、
夜ブリではアンダースペックではないかと心配になるが
400gのジグもなんなくシャクることができる。

昨年、残念ながらバラしてしまったが、
かみさんが10kg級と思われる大物を掛けたものの、
全く問題なかった。

デップが柔らかめのため、デイジギにも問題なし。
おそらく、この柔らかいデップは、
流行のスロージャークに向いているものと思われる。

また、スパイラルガイドがとてもいい。
P1110003.jpg
ベイトロッドは、ジャークすると
ガイドにラインが絡まってしまうという欠点があるが、

ガイドがトップに向かって徐々に下に向かい、
トップガイドは完全に下を向いている。
このことで、ラインが絡むことはほとんどない。

別に、スミスからお金を貰っているわけではないが、
いろいろといい点はあっても、
悪い点がほとんど見あたらない。

強いて上げれば、デップが柔らかい分、
ジグの踊りが若干悪くなるかもしれないという点ぐらい。
この点も、堅いロッドのようにジグが跳ね上がらなくて
逆にいいかもしれない。

いずれにしても、このロッドは他のロッドに比べて、
ジャカジャカジャークしていても、とにかく身体が楽なのである。
この点が最大のメリットである。

リールは、ご存じソルティガZ30。
P1110001.jpg
オークションとしては、若干高めではあったが、
I's Factoryのアルミラウンドノブと
ほぼ新品に近いX8のPE4号が付いていたので、
お得であったと思う。

自分は、シマノのオシアジガー2000Pを使っているが、
やっぱりソルティガの方が軽いし、小さいので、
遙かに使いやすい。

実は、スミスのオフショアスティックとソルティガZ30は、
かみさん用のタックルとして、既に使っている。

かみさんから借りて使ってみると、
ことのほか使いやすかったので、
同じものを買ってしまったというわけである。

これからジギングを始める方で、
デイジギと夜ブリの両方を
1組のタックルで済まそうと考えている方には、
是非ともお勧めしたいタックルである。
スポンサーサイト
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<かなり高かったけど、カーペンター GT-γ105。 | メイン | 真冬の釣りは厳しい、道南の海アメ。>>
コメント
--
たしかにティップは柔らかいほうがいいと
初心者のボクも思います!

ジグがはねちゃうというかはじいてしまう感じが
いいアクションにならないようで・・・

次回購入はオフショアスティック狙ってましたが
これで決断できました!
2012/01/12 11:35  | URL | ゆうちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-ゆうちゃん。-
こんばんは。

こちらでは、圧倒的にソルティガコースタルが多いのですが、個人的には、ベイトタックルに関しては、オフショアスティックの方が使いやすいと思います。
ただし、あまりに楽ちんなので、スピニングタックルが使えなくなるかもしれませんよ(笑)
2012/01/12 22:55  | URL | TKDN #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/271-9ada45bb
| メイン |