ハンマーヘッド A-CUP
- 2012/02/22(Wed) -
先週末は、釣れる気がしないのと、寒さに耐えかねて、釣りはお休み。
道南方面に行った友人は、2kgオーバーのサクラを釣るなど、
いい思いをしたようだ。

リンクを張っているshinyaさんも、同じく道南で2本キャッチしている。

やっぱり、この時期でも釣れないと諦めずに、
行なければダメということだ。

さて、憧れのGTフィッシングに向けて、着々と準備を進めている。
これまで、ポッパーは、カーペンターのシーフロッグを入手したが、
これは重量が120g。

かみさんが使うには、ちょっと重たい。
軽くて、いいポッパーはないものかと探していたら、
ちょうどいいものを見つけた。

ハンマーヘッドのA-CUP。
P2220001.jpg
重量は、55gである。

私達は、もともと投げ釣りから釣りを始めた。
すぐに、遠投の必要性を感じて、
ロッド、リールとも遠投使用とした。

当然、錘は30号前後。
つまり、100g以上の錘を下げて投げているわけである。

そう考えると、120gのルアーを投げるのは、
それほど苦ではないように思えるが、

投げ釣りでは、1回の釣行でせいぜい20~30回程度しか投げない。
一方、GTフィッシングでは、一日一杯投げ続けるのである。

GTフィッシングも遠投が有利である。
このため、100g以上(最近は200gが主流?)のルアーを力一杯投げ、
さらに、ジャークし続ける必要がある。

そうなると、よほど鍛えていなければ、身体が持たない。
自分でも自信がないのに、ましてや、かみさんには到底不可能である。

ということで、距離を犠牲にしてでも、
比較的軽いルアーも用意する必要がある。

カーペンターのシーフロッグと比較するとこんな感じ。
P2220002.jpg
二回りほど小さく感じるが、もの凄く小さいというわけでもない。

このA-CUPには、A-CUP・LCという、若干重く飛距離が稼げるタイプがある。
今回、中古ではあるがブラックラメを購入したので、

LCのピンクorオレンジ系とシルバー系を購入して、
GTルアーの購入は打ち止め。

気になるものをすべて集めていたら、
お金が幾らあっても足りないからね。

さて、週末、特に日曜日は、
日本海側のコンディションがいいようだ。

我慢して、もう一週休みにするか、
一気に道南まで行くか、悩むところだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | タックル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<Ripple Fisher Aquila81 SHICHIRI Custom | メイン | アンビリバボー!激安深海松シャクリ。>>
コメント
--
TOM様
着々と装備は整っているようですね。
頭の中は、イメージトレーニングで特訓中、羨ましい限りです。

今年は、行っちゃって下さい。
筋トレも、頑張って下さい。
 
私は、氷割りで筋トレしています。
何の為?・・・
2012/02/23 21:50  | URL | 猟場の番人 #Pe0og0Jg[ 編集] |  ▲ top

--
猟場の番人さん。

こんばんは。
そうなんですよね。
イメトレは出来ているんですが、筋トレが・・・。
それと、休みが取れるかですね。
ご友人のニュージー遠征どうだったんでしょう。
今度、メールで聞いてみます。
2012/02/23 22:31  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/279-b397bfc0
| メイン |