パラオ遠征、釣行3日目。
- 2012/05/17(Thu) -
2012.5.13

泣いても笑ってもパラオでの釣行は今日で最終日。
まだ、私達は、ターゲットのGTを釣っていない。

この日は、お土産購入のため、早く上がりたいので、
1時間早く7時半にアドルフに迎えに来てもらった。

ここは、私達の宿、デセケルホテル。
日本で云えば、民宿に毛が生えたような感じ。
でも、1階はスーパーだし、とても便利な宿でした。
3-1.jpg

最終日は、初日同様、ウエストパスへ向かった。
3-2.jpg

この日は、3日間で最も潮回りがいい感じ。
数投目で、バラクーダーがヒット。

しかし、数秒でバラし。
今回の釣行を象徴するように全く運がない。

バイトは、これまでの2日間に比べ断然多い。
そして、やっときました。
3-3.jpg

3-4.jpg
しかし、GTではなく、8kgぐらいのバラクーダー。
ヒットルアーは、ローデットのカタクチ。

その後のバイトは出るが、どうしてもヒットまで至らない。
やっぱり、腕が悪いと云うことか。

そして、遂にその時が来た。
かみさんにGTがヒット!
3-5.jpg

ドラグがギーギー唸る。
ファーストランをなんとか交わし、
ランディング体勢に入る。

アドルフがラインを掴んで、タモ入れ。
3-6.jpg
7kgぐらいの小さいGTだが、遂に、憧れのGTをキャッチできた。
ヒットルアーは、またしても、ローデット(クリア)。

正直、今回は小潮で潮が悪く、半分諦めかけていたが、
最終日になんとかキャッチできた。

この日は、島に上陸して昼食を取る時間が惜しいので、
昨日に引き続き、船で昼食。
3-7.jpg
この日は、かつ弁当。

少し休んで、午後の釣りをスタート。
相変わらずバイトはあるが乗らない状況。

しばらくして、かみさんにヒット。
3-8.jpg
ドラグが出ているので、GTかと思ったが、
近くまで寄せてみると、バカでかいバラクーダ。

タモが小さく、全然入りそうもないが、
アドルフが半分だけ入れて、強引に持ち上げた。
3-9.jpg

後で測ったら、13kgあった。
3-10.jpg
M氏もこんなでかいバラクーダ見たことがないとのこと。
アドルフも驚いていた。

ヒットルアーは、これもローデット(クリア)。
今回の戦いでこのローデッドは、
鋭い歯で穴を空けられ、殉職した。

3-11.jpg
手前は、自分が釣った8kgだが、
顔の大きさを見れば、その違いがわかると思う。

バラクーダはおいしいそうで、
この2匹は、アドルフ用にキープ。

続いて、この日もやはりM氏は、しっかりとGTをキャッチ。
サイズアップして、約10kg。
3-13.jpg

さらに、やはりM氏が今度は、カスミアジ。
3-12.jpg

自分もなんとかGTをと頑張ったが、
バイトもなくなり、終了とした。

帰り道、30分ほどラグーンでライトゲーム
3-14.jpg

水深は1.5m程度で、底まで丸見え。
3-15.jpg

ここでもやっぱり、M氏は上手。
3-16.jpg 3-17.jpg 3-18.jpg

3-19.jpg 3-20.jpg 3-21.jpg

南国らしい小魚がぽこぽこ釣れる。
小物だが、ひっきりなしに釣れるので、
これはこれで楽しい。

次回は、半日ぐらい、のんびり遊んでみたいものである。

これで、パラオでの釣りは終了。
リーフエッジでの釣りは、水深が非常に浅く、
潮の上げ下げの影響を受けやすいと思われる。

今回は、小潮ということで、水深が浅くなってしまっていたのが、
不調の原因だったのかもしれない。

さらに、ロッドワークやルアーの動かし方など、
勉強不足も否めない。

今回は、M氏にお付き合いさせてしまった上、
アドバイスいただいり、ご迷惑をお掛けしたりと
感謝の気持ちでいっぱいである。

今度は、もっと体力づくりと勉強に励みますから、
来年、また行きましょう。

3-25.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<カレイが違う!長万部沖のカレイ釣り。 | メイン | パラオ遠征、釣行2日目。>>
コメント
--
最高です!!奥さまのGT7キロ
普通ならでかいサイズなのに!!

いいな~僕もそこまで遠征行きたいです!
2012/05/18 01:39  | URL | ゆうちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

--
ゆうちゃん。

お久しぶりです。
私はあまり釣れなかったけど、キャストしているだけで気持ちよかったですよ。
なんかすっかり嵌ってしまって、タックルをちゃんとしたものに新調して、来年再トライしようと思っています。
2012/05/18 02:07  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-お疲れさまでした-
遠征ブログ、非常に楽しく拝読させて頂きました!

今回はなかなかタフな状況だったようですが、GTやバラクーダがトップに出る瞬間は最高だったのではないでしょうか!?

奥様のGTもお見事です!

私はGTの練習のために、去年から道内でブリやシイラのオフショアゲームを試していますが、今のところ結果は出ていません…。
トップの対象魚が道内にいれば、大分GTのイメージが掴みやすくなるのでしょうが…。

道内ではGT情報も少なく、タックルを揃えるのにも一苦労ですが、これからも共にGTを狙い続けて行きましょう!
2012/05/20 08:35  | URL | さくさく #-[ 編集] |  ▲ top

--
さくさくさん。

こんにちは。
トップにドンと出るのは、たまりませんね。
トップゲームを覚えちゃうと、ジギングがつまらなく感じてしまいます。
三日目は、かなり出たのですが、腕が・・・。

同行いただいたM氏は、カーペンターのロッドで少し投げさせて頂いただけですが、私達のロッドの違いに驚かされました。
投げやすさが半端ではなく、きっと、ルアーの動きも違うものになると思います。

来年も行こうと思っていますが、それまでにカーペンターのロッド、入手しようと思っています。

道内でもマイボートでトップゲームを楽しいんでいる方もいるそうです。
20m程度の水深で岸から相当の距離があり、ブリが回遊するポイントがあればいいのですが、道内の遊漁船では無理でしょうね。

キャスティグの練習さえしっかりしていけばなんとかなると思います、私達も来年に向けて、練習を怠らず頑張ります。
2012/05/20 12:12  | URL | TOM@長万部 #H8xcbNaY[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様です!-
奥さんGT,おめでとうございます!トップの釣り、面白そうですね~出た瞬間はドキドキもんでしょうね。やってみたいけど簡単には…ですね!北海道ならシイラでチャレンジできそうですかね?
2012/05/22 14:39  | URL | ゆってぃ #064L0iMs[ 編集] |  ▲ top

--
ゆっていさん。

こんばんは。
最初にトップで当たった時には、足が震えました。
最高に面白いゲームですね。
いつか、チャレンジしてみてください。

道南方面では、流木にシイラが付いていることがあるので、ジギングの時でも、必ずキャスティングロッドを持って行っています。
2012/05/22 22:10  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/295-b6cfea44
| メイン |