夏の風物詩、大中漁港のハモ釣り。
- 2012/08/14(Tue) -
2012.8.12

例年、お盆休みは知床遠征なんだが、
昨年、熊に遭遇して怖い思いしてをしまったことから、
今年は様子見でパス。

ということで、実家に帰りお墓参りということにしたが、
やはり折角の休みなので、釣りをしたい。

まずは、12日の夜、そろそろいい時期だろうということで、
大中漁港でハモ釣りをすることにした。

P8120001.jpg
かみさんは、団子作りなどで忙しいので、
今回は、単独釣行である。

大中漁港の内防波堤先端に陣取り、
夕方5時から準備に取りかかる。

7時を過ぎ、暗くなったところで、待望のアタリ。
竿先をグーッと引き込まれた後に、

ゴンゴンと暴れるアタリ。
間違いなく、ハモのアタリである。

約一年振り、最初に上がってきたのは、
60cmちょっとの細身のハモであった。
P8120002.jpg

その後、しばらく沈黙の後、
8時頃から何度かアタリはあるものの、

久しぶりのハモのアタリに、
アワセのタイミングが解らず、
アタリを逃すこと数度。

折角乗ってもバラしたりと、ヘマばかり。
8時半頃からがゴールデンタイム。

頻繁なアタリの中で、
やっとアワセのタイミングが解ってきた。
P8120003.jpg
こいつは、70cm以上でかなり太くて、
竿を持って行かれそうないい引きであった。

続いて、最初と同じような細め。
P8120004.jpg

9時過ぎに、今日一番強い引きで上がってきたのは、
75cmぐらいの極太。
P8120005.jpg

9時半を過ぎると急にアタリがなくなったので、
終了とした。

ハモは、料理に凄く手間が掛かり大変だが、
我が家は、そんな心配はないのである。

プロの料理人である義弟が全部処理をしてくれる。
折角なので、義弟の華麗なる包丁さばきをご紹介します。

まず、ハモの目の辺りをキリのような物でまな板に刺して、
背開きにします。
P8130007.jpg

こんな感じに綺麗にします。P8130010.jpg

ハモは骨がうるさいので、丁寧に骨切りします。
P8130014.jpg


蒸し器で蒸して、P8130015.jpg

梅肉を付けたり、
P8130016.jpg

蒸した後に、白焼きにしたり、P8130018.jpg

さらに、煮込んで、寿司にしたりと、
いろいろな料理が楽しめます。
P8130019.jpg
一番のお勧めは、寿司かなぁ。

ハモは、これからが本格化。
手軽に釣れて、食べても美味しいハモ釣り。
是非、チャレンジしてみてください。

さて、実は、13日はブリのキャスティングの予定であったが、
残念ながら、天候が悪く中止となってしまった。

近いうちに再チャレンジだな。
スポンサーサイト
この記事のURL | 投げ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<大漁に二日なし、積丹沖の夜ブリ。 | メイン | カーペンター GT-γ120ほか>>
コメント
-おいしそ~-
ご無沙汰しております。
私の一番好きな(釣っても食べても)ハモ!うらやましい(笑)

今年はまだ一度もハモ狙いに行けていません。
札幌からだと長万部は遠いですね・・・
苫小牧辺りではあまり良い釣果が聞こえてきませんし。
行きたいな大中^^;
2012/08/16 14:06  | URL | コバブー #/.OuxNPQ[ 編集] |  ▲ top

-コバブーさん。-
お久しぶりです。

ハモは、ホントおいしいですよね。
大中は、この時期は安定して釣れるので、ちょっと遠いですが、一度試してみてください。
静狩の外防波堤の中間部では、タイミングが良ければ二桁もあるそうでいすよ。
2012/08/16 22:16  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/313-665c0173
| メイン |