パラオ遠征、最終日。
- 2013/01/16(Wed) -
楽園での夢のような3日間。
ずっと、ここに居たい願わずには居られない。

この日は、GTエキスプレスに予約が入っていたため、
キャプテンバレットのキャビンボートに乗せていただいた。
PC300037.jpg

キャプテンバレットは、BSで放送された「夢釣行」に
ガイドとして出演しており、

私達は、この番組を録画して、
穴が空くほど何度も見て、
GTフィッシングを勉強したのである。

なので、初対面ではあるが、
なんだかとても親近感を感じてしまった。

さて、最終日は、ダイビングのベストポイント、
ベリリュー島で勝負。

マンタで有名なジャーマンチャネルを通って、
ベリリュー島へ。

まずは、ベリリュー島の北部のリーフでスタート。
この日も相変わらず風が強く、
思うようにポイントに投げられない。

ふっと周りを見渡すと、
ウミガメがあちこちに。
これは、幸運の女神なのか?

最初のポイントは、何事もなく移動。

次は、島の南部。
このポイントは、かの番組でロケが行われたポイント。
IMGP1907.jpg
ここも、いかにも出そうなポイントだが、
リーフエッジは向かい風となり、キャストできないため、
逆方向にキャスト。

IMGP1914.jpg
数投すると、明らかなGTのバイト。
ルアーを止めてみたが、ヒットには至らず。

IMGP1912.jpg
かみさんのルアーにも、GTが数匹チェイスするが、
これもヒットせず。

その後も数回バイトはあるが、
ドッカーンとは出てくれず、モアーっという感じで、
あまり活性は高くないようだ。

お昼は、島に上陸してランチ。
PC300039.jpg

午後からは、ダイビングポンイントでもある
ベリリューコーナーでのジギング。

ここは、岸から300mぐらいで、
水深が100mぐらいまで落ち込んでいる。

生憎、ウネリが高く、船がなかなか落ち着かない。
魚がいれば、磯マグロなどが直ぐにヒットするとポイントであるが、

何カ所か移動するが、この日、魚はお留守だったようだ。
これも、台風の影響なのだろうか?

その後、風がどんどん強くなる中、
キャストしまくるが、
残念ながら、この日はノーフィッシュ。

私達も残念だったが、それ以上にバレットが残念がっていた。
今度来るときは、一日だけでいいから、
絶対に自分にガイドさせて欲しいと懇願された。

結局、今回は、台風の影響に祟られ、
二人とも本命には出会えなかったが、

いろいろな魚種を釣ることができたので、
それなりに楽しめた。

本来であれば、今回GTを釣って、
今年は、マレーシアにセイルフィッシュを
釣りに行こうと思っていたが、

かみさんから、GTを釣るまでは、
次に進ませないとの指令があり、

3度目の正直を目指して、
再度、パラオということになりそうだ。

GW明けぐらいになるかなぁ。
次こそ、GT釣ってやるー。
IMGP1916.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | パラオ遠征 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2連続ボーズ、苫小牧東港の海アメ狙い。 | メイン | 条件は良かったが・・・、瀬棚の海アメ狙い。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/339-587505ad
| メイン |