10時間耐久オフショア、積丹沖のサクラマス釣り。
- 2013/04/06(Sat) -
例年なら、この時期は最低でも3回は、船に乗っているのだが、
今年は、週末になると必ず時化。
やっと、今年初のオフショアサクラに行くことができた。

船に乗るため、久しぶりに2時起き。
自分は、典型的な夜型人間で、
早起きは、大の苦手。
でも、釣りだけは別で、頑張って起きるのである。

今日も、茶髪のイケメン、タクヤ船長に乗せていただいた。
出航は5時で、まずは、水無沖に向かった。
P4060006.jpg

今日は、久しぶりに波も風もなく、
絶好の釣り日和。

船長の合図で、しゃくりを降ろす。
ちなみに、今日は、バケが5名、しゃくりが私達の他に1名の計8名。

開始早々、トモのバケ釣りの方にヒット。
続いて、すぐに自分ヒット。
しかし、小さい。500g級のヤマメクラス。
その後も、順調に釣れ、サイズアップするものの、
やっと1kgというところ。
P4060009.jpg

周りも順調に釣れているが、やはり型がイマイチ。
かみさんはというと、久しぶりのためか
しゃくりの扱いにちょっと戸惑い、苦戦。
P4060014.jpg

ところが、何カ所かポイントを移動した7時半頃、
思い切ってベタ底に落としたところ、型ものを3連発。
2kg級ではあるが、体高のあるまともなサクラが釣れた。
P4060008.jpg

ここからは、群れに当たると、船中で2、3本釣れるという状態。
10時頃にかみさんにいいアタリ。
これは3kgオーバーか?と期待したが・・・
[広告] VPS

結局、その後は、見せ場もなく、11時に沖上がりとなった。
釣果は、船中8人で60本。

自分が定数、かみさんは6本。
しゃくりは、前半が深海松、後半はサバイバーのイワシブルー。

型ものは出なかったが、しゃくりで定数釣れたので、
良しとしておこう。

さて、帰港前に、船長からこの後、遊びで釣りに行くので、
行きませんかというありがたいお言葉。

二つ返事でOKして、お客さんを降ろし、
すぐに、再度、余別沖に出た。

今回は、4人全員しゃくりなので、
心おきなくしゃくりを振れる。

まず、後ろの方が2連チャン。
自分も、すぐに、スレ掛かりでまず一本。
しかし、その後、4連続バラし。

かみさんは、しゃくりにも馴れ、
順調に釣り上げている。

タクヤ船長も午前中は、お客さんのアシストに専念していたので、
釣りができなかったためか、気合いで釣り上げている。

3時頃になり、アタリもなくなったのを機に
帰港することとなった。

今シーズン初のオフショアは、
なんと、ぶっ続けの10時間。

疲労困憊して、自分もかみさんも、
あちこち身体が痛いが、
久しぶりに、お腹いっぱい釣りを満喫できた。

タクヤ船長に感謝である。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マスシャクリ、サバイバーコレクション。 | メイン | 道南の釣り場の偵察。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/347-1f9c9802
| メイン |