マグロ解体ショー。
- 2013/05/22(Wed) -
初めての久米島遠征は、大物はでなかったものの、
数釣りができて楽しかった。

2日目にちょっとしたミスで大物を逃したのが、
心残りではあるが、
これも、経験値のアップに結びつくものと考えている。

さて、釣り上げた魚の内、約50kgはかみさんの実家に発送した。
かみさんの実家はかに屋なので、
面倒な解体作業もプロの料理人である義弟が、
チョチョイのチョイと捌いてくれる。

先週土曜日、実家に魚を取りに帰った。
P5180074.jpg



2~3kgクラスは、2日後に届いた頃には、
もう食べ頃であったとのこと。

8kgを超えるものは、十分に寝かせて、
釣ってから6日後の土曜日に解体することにした。

まずは、義弟の鮮やかな包丁捌きをご覧いただきたい。
1匹捌くのに4分掛からないという早業である。
[広告] VPS


半身を2つに切り分け、1本を4つに切り分ける。
P5180082.jpg

さらに、切り分けた身をサクに切り取る。
P5180084.jpg

マグロの刺身用の切り身の完成!
P5180085.jpg

私達は実家がかに屋であることから、
日頃から何かあると手巻き寿司をするのであるが、

その時は、近海ものの良質な本マグロを仕入れて食べているので、
マグロなどの魚介類には、かなり口が肥えしまっている。

そういった点を考慮しなければならないが、
やはり、脂が乗っておらず、
ちょっと物足りなさを感じる。

漬けや竜田揚げなど、一手間加えるといいのではないかと感じた。
また、刺身にするなら、少し厚めに切って食べた方がいい。

昨日、職場の仲間と刺身をつまみに宴会を催したが、
わさびよりも、ショウガやニンニクの方が合っていた。
ニンニクは絶品だったなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<久米島遠征、覚え書き。 | メイン | 道南の釣り、政泊海岸の海アメと、長万部の海アメとカレイ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/361-4e571031
| メイン |