奥が深いぞ!噴火湾のカレイ釣り。
- 2013/06/02(Sun) -
毎年恒例となっている仲間達とのカレイ釣り。
ここ数年は、ソウハチに悩まさせれたこともあって、

今回は、確実にマガレイを釣らせてくれる
八雲の「ふた海屋」さんに乗せていただいた。

いつもなら、天気の状況を確認してから予約を入れるが、
人気の釣り船のため、早くから予約せざるを得ず、
天気は運任せ。

週の初めから天気予報とにらめっこ。
何とも微妙な予報が続きハラハラさせられたが、
なんとか出港できた。
P6010002.jpg


後半、波が出る予報であったことから、
いつもより早い4時半に出港した。

約20分ほど走って、長万部よりのポイントでスタート。

いつもなら、ちょっと誘えばすぐにアタリが来るのだが、
最初のポイントでは、アタリも少なく、釣れても小物。

移動して、しばらくすると、風が止んで、天気も良くなった。
ここから、やっと噴火湾のカレイ釣りらしくなってきた。

周りでも、大物が上がりだし、
仲間で最初に大物を上げたのは、SU氏。
あと3cmで40cmの37cm。
P6010001-2.jpg

トモに入ったSG氏と隣のSU氏は好調で、
大物連発でスタートダッシュをかける。

ミヨシに陣取った自分は、今ひとつ。
潮が速いので、長め仕掛けに変えたところで、
やっと大物のアタリ。

しかし、30cmオーバーのダブルでがっくり。
P6010004.jpg

続いて、Y氏も大物ゲット。
P6010007-2.jpg

しばらくして、自分もやっと刺身サイズの36cmをゲット。
久しぶりにドラグを出されるいい引きを楽しめた。

小一時間、いい感じで釣れたが、
急に辺りに霧が立ちこめ、ウネリが入ってくると、
急激にペースダウン。

親方曰く、ウネリによる底荒れで、
魚が砂に潜り込んだ状況になったのだろうとのこと。

何カ所かポイントを変えるも、
潮が落ち着く時間になっても、
相変わらず潮が速く、おまけにウネリで
満足に小突くこともできない。

そんな中、K氏も大物をゲット。
渋い状況になってからの大物、さすがである。
P6010008-2.jpg

それでも、ポツポツと釣れていたが、
9時を過ぎた辺りから、全くアタリもなくなってしまった。

親方が機転を利かせて、最後の30分は大物ソウハチ釣り。
ソウハチは良型ばかりで、マガレイより引きが強い?
短い時間であったが、この日一番の盛り上りであった。

釣果は、マガレイ中心にスナ、イシ、ソウハチ合わせて、
40~50枚といったところか。

自分は、スナ、イシと小物をリリースして、
お持ち帰りは、25枚。
P6010010.jpg
いい時の1/4、通常の1/3といった感じ。
型も一回りほど小さいという感じかなぁ。

状況に恵まれなかったこともあるが、
そんな中でも釣る人釣る。

最近は、大物釣りに傾倒していることもあり、
繊細な釣りは久しぶりであったが、
カレイ釣りの奥深さを感じさせられた釣行であった。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<釣れない釣りはホント疲れる、雄冬沖のソイ釣り。 | メイン | 久米島遠征、覚え書き。>>
コメント
-マガレイの状況は-
今月に入ってからはマガレイの釣果は下降気味のようです。
そろそろ宗八カレイに移行の時期なのかもしれません。
ひょっとしてマガレイも産卵の食い渋りに入っているのかもです。
2013/06/04 09:59  | URL | 北遊人 #-[ 編集] |  ▲ top

--
北遊人さん。

卵がびっしりだったので、産卵の食い渋りということも考えられますね。
ということは、しばらくしたら産卵後の荒食いもあるかもしれませんね。
ソウハチは、浮きソウハチ並に大きかったですよ。
あれはあれで価値がありますね。
2013/06/04 22:01  | URL | TOM #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/364-f9c4e3c2
| メイン |