デイジキ用フック。
- 2013/08/21(Wed) -
これまで、夜ブリや遠征用のフックは、フィッシャーマンの紫電を使用していたが、
デイジギには、ちょっと重くごっつい感じがしていた。

そこで、いろいろと検討した結果、
カルティバのジガーライト早掛に変えてみた。
IMGP0073.jpg

アシストラインは、ガリスのイソハンター270lbとダイニーマノットⅡ40号。
どちらも、ちょっと太すぎかなぁ。

ダイニーマは、遠征の歯切れ対策に使用しているものなので、
特に、太すぎな感がある。

今年は、これまで、あまり釣ってはいないので、
このフックがいいのかどうかまだ解らないが、

前回、フォールで喰ってきた際も、
難なくフッキングしていたので、
よさげな感じがしている。

今週末も、デイジギの予定であるが、
最近、型が4kg級と小型化しているのが残念である。

小型のブリは暴れてバレやすいので、
このフックがきっと活躍してくれるはずである。
スポンサーサイト
この記事のURL | フック巻き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<1本の呪縛からの解放、積丹沖のブリ釣り。 | メイン | 呪いの1本、積丹沖のブリ釣りほか。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/378-a0775d3b
| メイン |