時化の中の過酷な釣り、噴火湾のサケと積丹の夜ブリ。
- 2013/10/06(Sun) -
今週は、今シーズンのブリ釣りの最終戦で、
土曜日の夜、積丹から出港することとしていた。

しかし、噴火湾のサケも気になっていたので、
急遽、朝、スクランブルで行ってみることにした。

いつもの釣り場への到着は、4時半。
薄明るくなってからスタート。

今回は、目の前に無数のサケが背びれを出して泳いでいる。
情報では、先週の日曜日に大量のサケが岸よりした模様。

火曜日が最も熱かったようで、
地元の方は、この日、8本上げたと聞いた。
IMGP9118.jpg
まずは、浮きルアーを流してみる。
サケの群れに入ると魚の身体に当たるが、
全く食わない。

これは、近間の群れは、口を使わないと判断し、
少し遠目を狙ってみることにした。

しばらくして、浮きの近くで魚がバシャバシャしながら、
浮きに付いてきて、そのうち、段々とリールが重くなる。
アタリである。

前回、早合わせで痛い目を見ているので、
リールが動かなくなるまで、待ちに待って、
強いアワセを入れて、ヒット。

遠目でのヒットなので、十分に魚の引きを味わって、
無事、ランド。
IMGP9117.jpg
小振りなので、雌かなぁと思ったら雄。

その後、浮きフカセに変えてからは悲惨。
3ヒット、ノーキャッチ。

うち2回は、アワセ切れ。
それも高切れである。

かみさんはというと、
途中からルアーを外して、
なんちゃって浮きフカセにしたところで、

数回のアタリとバラしのあと、
なんとかヒット。

結局、7時頃には群れは去ってしまったので、
8時で終了とした。

結局、自分達は、1本ずつ。
釣り場全体では、8本程度。

今後は、新しい群れが入って来なければ、
かなり厳しい状況になるだろう。

さて、今日、義弟と友人は、一日粘って、
それぞれ、5本と健闘。

だだ気になるのは、ついに、この釣り場にも。
引っかけおじさんが登場してしまったことである。

義弟達が注意しても、ニヤニヤして一向に止めなかったとこと。
今週、火曜日にも、札幌ナンバーのジムニーに乗った二人組が、
引っかけに入ったとのことであるが、

その時は、いつもお話をしている地元の方が注意したこともあり、
しばらくして、帰ったようだ。

この釣り場は、昨年、義弟が偶然見つけ、
地元の方々とほぼ自分達だけしかいない、平和な釣り場であった。

引っかけが入ってくると、次々とそういう輩が入ってきて、
ついには、公然と引っかけが黙認されることになる。

自分がその場に居合わせたら、注意することもなく、
即座に118に通報したいと思っている。

やっと平和にサケ釣りができる場所に出会えたのに、
釣り場が荒れることは、絶対に許さない。


この日の夜6時から、余別から夜ブリに出港した。
予報では、2mの波となっており、

船酔いに弱い船釣り師である自分は、
当然、死ぬことを覚悟していた。

港を出てみると、やはり凄い波。
船の上でまともに立っていられない状況。

おまけに、魚探への反応もない。

まず、6時半頃に常連のI氏が3kg級をゲット。
しばらくして、かみさんもゲット。

しかし、小さい。
長年ブリ釣りに出ているが、
始めて見る小ささの1kg以下。

かみさんは、7時半頃にももう一本上げたが、
これも、1kg以下。
IMGP9119.jpg

この画面でお解りいただけると思うが、
常にこんな状況ですごい揺れでした。

自分も、7時頃に掛かったものの、
なんと、高切れ。

先週からPEラインの高切れが多発しており、
原因が定かでないだけに、今後が不安である。

8時頃からは、魚探への反応もほとんどなくなり、
さらに、風と波が逆で凄く釣り辛い。

波も収まりそうにないので、
10時半に早上がりとなった。

釣果は、6人で7本。
うち5本が1kg以下という貧果。

時化後であったことと、戻りブリも入って来たので、
かなり期待していたが、

船長曰く、前日荒れすぎたのかもしれないとのこと。
ということは、今日は波も落ちて爆なんてことになっているかもしれない。

因みに、なんと自分は、全く酔いませんでした。
途中、ラインが高切れしたので、

リーダーを組むため、
下を向いて揺れる船中でFGノットを編み込んいたが、
なんら問題ないのである。

かみさんが、しきりに大丈夫かと声を掛けてくるが、
全く酔っていないので、返答するのがうっとうしいぐらいであった。

我ながら、船酔い強くなったと感心しきりである。

いずれにして、今シーズンのブリは、これでおしまい。
前半に7.5kgを獲って、期待したが、
その後は、じり貧で小物ばかりとなってしまった。

デイジギの遊漁船も増えてきたので、
来年は、一層楽しめるかもしれない。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<女心となんとやら・・・、噴火湾のサケ釣り。 | メイン | 秋の味を求めて、噴火湾のサケとせたなのヒラメ。>>
コメント
-新しい群れ待ち・・-
こんばんは!TOMさん。
週休日の勤務の振替で、昨日行ってきました。
月曜日の平日ということもあって、釣り人は私を入れて7人くらいでした。釣果は、夕刻まで粘ってホッチャレのオス3本。トバにしようかどうかと迷いましたが、結局全てリリース・・。釣方はすべて浮きフカセです。河口の前には、朝方アキアジが群遊していましたが、浮きルアーには全く喰いませんでした。見ていた限り、朝のうちは、私のフカセも入れて2本かな・・。日中に河口左側にアキアジの群れを見つけ、2本追加・・。その時点では貸し切りでした。

砂浜に、腹を裂かれたアキアジが数本転がっていましたね。残ですが、ひっかけの輩が暗躍しているのは事実のようです。職業柄室蘭警察署にも伊達警察署にも知人が数名いますので、ひっかけをやっている連中を見たら、即刻通報します(笑)。

2013/10/08 23:24  | URL | shinya@セカンドハウス #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

-shinyaさん。-
こんばんは。

この釣り場も今週いっぱいというところでしょうか。
先日、大荒れの中、義弟と友人がそれぞれ10本以上上げたようですが、やはり、かなり色づいていたとのことでした。
私達も天候を見ながら、今週末に最後の釣行に行こうと思っています。
さて、今年は、オフショアのサケはいかがしましょう。
お暇なときにでもメールください。
2013/10/09 21:35  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/387-e184211f
| メイン |