正直疲れました、1級小型船舶操縦士免許学科試験。
- 2013/11/10(Sun) -
今日は、ボート免許の試験日であった。
残念ながら、実技試験は、荒天のため延期となってしまったため、
午前中に学科試験だけ受験してきた。

場所は、小樽のフェリーターミナル。
IMGP9154.jpg
2週間前に学科の講習を受けてから、
この日まで、睡眠時間は毎日3~4時間と、
かなり頑張って勉強した。

一級の試験は、二級相当の一般科目50問に加え、
上級科目の海図3問を含めた14問に答えなければならない。

一級受験者の中には、海図の勉強をする時間が無駄なので、
最初から海図は捨てて、その他の設問を完璧にするという方もいるが、

上級科目は、14問中10問正解でなければならず、
海図を捨てた場合、その他の設問で2問不正解で不合格となる。

自分の場合、機関の問題が少し苦手であったので、
海図も真剣に勉強する必要があった。

ということで、睡眠時間を削ってまで真剣に勉強しなければならなかったのである。
IMGP9152.jpg
試験時間は2時間20分であったが、
一時間半程度で全問解答できた。

試験終了後、廊下に解答用紙が張り出され、
自分の解答をチェックできるようになっている。

さて、結果であるが、
マークシートへの転記ミスさえなければ、間違いなく合格。

不正解は、一般科目でケアレスミスで2問。
上級科目では、海図はちょっと苦労したが、全問正解。

やはり機関の設問で1問不正解があったが、
これにはちょっと不満もある。

その設問は、
「ディーゼルエンジンで燃料タンクの底部に溜まったドレンは、燃焼不良の原因となるため、
定期的にタンクから抜いておく。」というものである。

最初は正解としたが、再度見直した際に「んっ?」と疑問を感じた。
というのは、燃料タンクにはドレンを抜くコックがなく、
ドレンを抜くのはセジメンタであるので、不正解とし直した。

しかし、結果は正解。
この設問では、ドレンをどこから抜くのかということを問うているのではなく、
ドレンを抜くことの必要性を問うているということなのだろう。

他の設問では、各種の機関と機能に関して詳しく問うているので、
非常に解りにくい設問で、間違えた方も多いのではないかと思う。

今後に関して、一考いただきたいものである。


さて、この前日の土曜日は、実技の講習があり、
実際に小樽港で16フィートの練習船に乗ってきた。
IMGP9151.jpg

微速前進、増速、後進、変針、避行行動、スラローム、人命救助、着岸・離岸。
一通り試験と同じ操船方法を学んだ。
IMGP9149.jpg

写真の前方に浮かんでいるのが、人に見立てたブイである。

これをニュートラル状態でゆっくり前進しながら、
取り上げなければならないのだが、これが結構難しい。

また、すべての動作を行う前には、
必ず前後左右の安全確認が必要となるのだが、
これも忘れてしまうことが多いので、本番では注意が必要だ。

スラロームは、結構船体が傾き、スリル満点。
この日は、天気も良く、講習というより、
楽しく操船体験ができたという感じであった。

延期になった実技試験は、来週の日曜日となった。
余程のことがなければ不合格とはならないとは聞いているが、
リラックスして頑張ってこよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | ボート免許 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<惨敗、噴火湾のサケ&船舶免許実技試験。 | メイン | 初戦と最終戦、長万部沖のサケと大崎沖のブリ。>>
コメント
-いよいよ・・-
こんばんは!TOMさん。
見逃しておりました・・。
2級飛び越えて、いきなり1級取得ですか?!・・。
お疲れさまでした。後はファィナル実技だけですね。頑張ってください。

懐かしいですね。私が2級(旧4級)を取得したのは10年前・・、1級は7年前ですね。筆記試験では、一般の問題は中学校の数学と理科の知識があればなんとかなるので、たいしたもんではないのですが、機関と海図、私の場合はロープワークでも難儀しましたね。機関は過去問題を丸暗記・・、海図は時間がかかりましたね。中学校の技術・家庭で使う、巨大三角定規やコンパスを購入し、毎晩テーブルに広げて四苦八苦しておりました(笑)。

免許取得のあかつきには、船舶の購入ですか?。私は妻に免許取得の折に、船は買わないとの約束で獲らせてもらったので、これから地道に交渉します(笑)。今私がやっている全ての釣りを止めて、船釣り1本にするのなら考えても良いと少し軟化してきましたので・・(笑)。
2013/11/14 21:46  | URL | shinys@自宅 #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

-shinyaさん。-
こんばんは。

最近は、ジギングが人気で休日になかなか乗ることが出来なかったり、キャスティングをやらせてくれる船もほとんどないのと、いわゆるジギングガーの皆さんとちょっとノリが合わなかったりと、いろいろ不都合が生じてきましたので、それじゃ自分で船を出すしかないかということで、取ることにしました。

とはいえ、異動などの問題もありますので、ボートは何年かしたらと思っています。
しばらくは、レンタルボートで我慢します。

学科に関しては、若い頃ならこんなの屁でもなかったはずなのに、驚くほど物覚えが悪くなっていて、心底年を取った感じましたね(笑)

今回は、高いお金を払ってスクールに行きましたが、学科は独学でも十分だし、実技も知り合いにボートを持っている方がいればちょっと乗せて貰えば問題ないと思いますので、今になって一発試験にすれば良かった後悔しています。
因みに、いきなり1級という方は、全体の1/3程度だったと思います。

いつか、お互い船長になれた暁には、一緒に出港しましょう(笑)
2013/11/14 23:00  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/392-047d20c4
| メイン |