海アメはいずこへ?苫小牧東港の小物釣り。
- 2013/12/01(Sun) -
予定していたせたな沖のタラ釣りが中止となってしまい、
なにを釣りに行こうか悩んだあげく、

土曜日、そろそろ海アメが釣れ出すかと思い、
苫小牧東港に行ってみた。

IMGP9164.jpg
まだ薄暗い6時過ぎに到着してみると、
フェンス前には、サビキの方しかいない。

ルアーマンは、フェンス前ではなく、
右側の立ち入り禁止区域の横に集中している。

おそらく、この辺りが釣れるのだろう。
早速用意してやってみるが、全くアタリなし。

そうこうするうちに、先行者の方々が三々五々帰ってしまった。

仕方がないので、フェンス前でやってみるも、
ここでもアタリはない。

とおりのおじさんが、なんか細長い魚を釣っている。
見せていただくと、40cm近いサヨリであった。
IMGP9162.jpg
写真で見ると、それほどではないが、
実際には凄く大きいのである。

北海道でこれほど大きいサヨリが釣れるなんて驚きだ。
火発の暖水の恩恵を受ける苫小牧東港ならではだろう。

こんな大きいの見てしまうと、釣ってみたくなり、
早速、磯竿とサビキを用意。

かみさんはというと、底付近にいるサバを狙うようである。
IMGP9163.jpg

餌を持ってきていないので、それほどではないが、
かみさんは順調に釣っている。

サヨリは、さすがに餌なしでは釣れないので、
隣のおじさんのアミを使わせていただいた。

すぐにアタリがあるが、これがなかなか釣れないのだ。
サヨリは、口が小さい上に、下あごが突き出ているのため、

掛かっても、横走りされるとすぐに針から外れてしまう。

古い仕掛けを使っていたこともあり、大半はバラしてしまったが、
なんとか小さいのを2本だけ釣ることができた。

因みに、隣のおじさんは、30本以上釣っていた。

サヨリが釣れなくなり、サバと戯れ、
10時前には終了。

釣果は、ご覧のとおり。
IMGP9166.jpg
まともな道具を持ってきていなかったが、
適当に遊べて、それなりに楽しめた。

サヨリは、刺身にしたが、
上品な味で美味しくいただきました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 小物釣り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<HAOLI Slim&Longコレクション。 | メイン | 無事合格しました。>>
コメント
-サヨリが釣りたい-
青森時代にサンマ級のサヨリ釣りに嵌り込んでいました。
飛ばし浮きに小型のアタリ浮きでチヌ針1号に南極オキアミの頭と尻尾を取って刺してエサにしていました。
口が堅いので合わせを確り入れないとバレます。
青森でも人気の魚種で、秋田からも釣り人が来ていました。
刺身で食べると絶品です。
もう10年以上も昔になりました。
2013/12/04 15:47  | URL | 北遊人 #5CQAUZ26[ 編集] |  ▲ top

-北遊人さん。-
こんばんは。

青森の釣り方、面白そうですね。
北海道では、これだけ大きいものが釣れるのは、火発の暖水の恩恵に預かる苫小牧東港だけではないでしょうか?
キス、鯛、サヨリと青森では釣れるのに、北海道ではほとんど釣れないという魚種がありますが、ブレーキストンラインを実感として感じますね。
2013/12/04 23:23  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/395-812b6a64
| メイン |