道東遠征初日
- 2008/07/22(Tue) -
2008.7.20

道東は、海アメのハイシーズン。
あわよくば、海サクラもということで、道東遠征を決行。

9時にかみさんと旭川を出発。
ドライブ気分で途中寄り道しながら、まずは、音更のフィシュランドで情報収集。

どうやら、数日前にまとまった雨が降って、あまり良くないようだ。
比較的安定しているという音別海岸に向かうことにした。

午後4時、音別海岸に到着。
海はかなり波が高い。

ちょうど帰る方がいたので情報を聞くと、全くダメとのこと。
朝のうちは、波も高くなく、それなりに上がっていたようだが、
今は、底荒れで反応無しとのこと。

う~ん。折角音別まで来たのに、このまま帰るわけにはいかない。

しかたがないので、漁港なら何とかなるかと思い、厚内まで戻ることにした。

始めての場所なので、どこがポイントかわからないし、やはりかなり濁っている。
周りを見渡すと、西側に長い防波堤があり、数名がロッドを振っているのが見えた。

早速、準備をして、先端方向に。
かなり長い、岩内の東外防ぐらいか。

先端から5名ぐらいがロッドを振っていたので、その横に入り、
5時ごろスタートフィッシング。

1名だけダブルハンドのフライロッドを振っていたが、かなり上手。
でも、釣れるのはうぐい様。

しばらくやってみたが、全く反応がない。
仕方がないので、先端に移動して、正面に投げていると、
最先端の方が、外海側で50㎝ぐらいの海アメを上げた。

正面方向はダメなようなので、また、元に戻り、しばらくやっていると、
6時半頃、先端の方が帰るので、そこに入れてもらった。

先ほどの方がライナーSL17のライブオオナゴで上げていたので、
ライナーSL14の赤金をキャスト。

7時ごろ、防波堤には誰もいなくなり、半ばあきらめながらキャストしていると、
ドーンと一発、ついにキター。

強めにアワセを入れると、手応え十分、どんどん潜っていき、ドラグが唸る。
強烈な引きで上げては潜るの繰り返しで、なかなか上がってこない。
間違えなく大物だ。

が、ここで、大きな問題が!

岸壁は、3mちょっと。
タモはあるが、かみさんはタモ入れが超が付くほどヘタなのだ。

今まで、船のサクラなどで、パニくって何度も痛い目に遭っている。
自分で入れようか迷ったが、貴重な1匹、万全を期して頼んでみたが・・・?

案の定だ。
タモの網にフックが絡み入らない。
しょうがないので、そのまま引き上げることに。

それがこれ。無事上がりましたが、口のフックに網が絡まってます。
7.20厚内2

正確に計ってはいませんが、推定60㎝。
7.20厚内1

やったー、自己最高記録だ。

名残惜しいが、かなり、暗くなってきたので、ここでストップフィッシング。
翌日、波が収まるのを祈りつつ、車中泊の準備をして、
早めに寝ることにした。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<道東遠征2日目パート1 | メイン | チビニジたくさん。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/4-023bbd63
| メイン |