イルカ襲来、積丹沖のサクラマス釣り。
- 2014/04/20(Sun) -
3月から延期続きだったサクラ釣り、
例年より1か月遅れでの初出港となった。

余別漁港を5時出港。
今回もイケメン、タクヤ船長の光洋丸に乗せて貰った。

最初のポイントは、港から10分の来岸沖。
いきなり、ホッケの入れ食い。
しゃくりでもジグでもなんでも付いてきてしまう。

しばらくすると、無線からイルカがいるとの情報が。
確かに、遠くでイルカが跳ねている。

それから数分後、なんと船の周りはイルカだらけ。
一体何頭いるんだろう。

船は、完全にイルカに包囲された。
IMGP9203.jpg
ここでの釣果は、小一時間でこんな感じ。
IMGP9206.jpg

スロージャークは、フックを前後2つ付けているので、
ダブルで掛かってしまうぐらい入れ食いであった。

しばらくして、サル湾で上がったとの情報があったので、
急いで向かう。

途中、鳥山があり、オオナゴの反応があったので、
水無沖でやってみるが、

残念ながら、このオオナゴの群れには、
サクラは付いていなかった模様。

IMGP9210.jpg

サル湾には、10隻以上の遊漁船が集まっていたが、
朝一からは掛かっていない模様。

結局、ここでもホッケの山。

ここで、S氏がいつものとおりやってくれました。
IMGP9211.jpg
小さいけど、マゾイ。

やっぱり、外道を釣るのも超一流である。

船の近くでバシャーンとなんか跳ねたので、
よく見てみると、なんと、今度はオットセイ。

今日は、邪魔者のオンパレードだ。

オオナゴの反応を求めて、余別沖に戻り、
数カ所移動するが、やはりホッケ、ホッケ・・・。

タクヤ船長がすり身にするとのことで、
サクラは諦め、真剣にホッケ釣り。
IMGP9209.jpg

ここでも、S氏は、変わり種をゲット。
IMGP9212.jpg
うまそうなホヤである。

自分は、スロージャークの練習を兼ねたホッケ釣り。
長時間、練習ができたので、

かなり良い感じにジャークできるようになった。
きっと、今年のブリ釣りに生かせるだろう。

11時に帰港となったが、結局、船中サクラはボーズ。
余別、来岸、日司の遊漁船すべて合わせて、
サクラは3本という、非常に厳しい状況であった。

この時期はイルカが来るので、
例年は、3月から4月中旬までとしている。

水温7.5℃とまだサクラの適温ではないが、
イルカだけは来てしまうなんて皮肉なものだ。

今日は、珊内沖で4kgオーバーが釣れたとの情報が流れ、
明日以降、余別でもなんて期待されているが・・・。

よっぽどいい情報でもなければ、
オフショアのサクラは、これで終了。

今後は、ショアから狙うことにしよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ショアでもサクラは釣れません! | メイン | 2か月振りの釣り、せたな沖防のカレイ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/410-cb41297a
| メイン |