久米島遠征覚え書き&マグロ解体ショウ。
- 2014/06/15(Sun) -
今週は、海が荒れて、予定はすべてキャンセル。
仕方がないので、ボートを見に行ってきたが、

狙いのボートが今一つ満足いくものでなく、
ボート購入は、ふりだしに戻ってしまった。

さて、今年の久米島遠征は、あまりいい状況ではなかったが、
小物ではあったものの、念願のキャスティングでマグロが達成できて、それなり楽しかった。

久米島遠征は年に一度のことなので、タックル等に忘れてしまう。
覚え書きとして使用したタックルを掲載します。
IMGP0253.jpg
○ かみさん
 ・ キャスティング
   ロッド:リップルフィッシャーAquila81 SHICHIRI-custom
   リール:ダイワ キャタリナ5000
   ライン:バリバス アバニ キャスティングPE SMP 4号 300m
   リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 100lb 3m
   歯切れ防止先糸:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 200lb 30cm
   先糸ノット:オルブライトノット改
   ノット:FGノット
   ルアー:ローデットF180 マイワシホロ、カタクチアルミetc

 ・ ジギング、エビング
   ロッド:ダイコー ヴァージャーVRJS59/6
   リール:シマノ ツインパワーSW8000HG
   ライン:DUEL ハードコアX8 4号 300m
   リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 100lb 5m
   ノット:PRノット
   歯切れ防止先糸:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 200lb 30cm
   先糸ノット:オルブライトノット改
   ジ グ:GL工房 ツルジグロング バーチカル200g etc
   ワーム:ダイワDRスティック ネオンピンク

○ 自分
 ・ キャスティング
   ロッド:カーペンター TBL80/30
   リール:ダイワ ソルティガ6000GT
   ライン:バリバス アバニ キャスティングPE SMP 6号 300m
   リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 100lb 3m
   歯切れ防止先糸:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 200lb 30cm
   先糸ノット:オルブライトノット改
   ノット:FGノット
   ルアー:マングローブスタジオ ボラドール フローディング190mm、シマノ オシアサーディンボール アルミキビナゴetc

 ・ ジギング
   ロッド:テンリュウ ZIGZAM531S-8
   リール:シマノ ツインパワーSW12000HG
   ライン:DUEL ハードコアX8 4号 300m
   リーダー:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 100lb 5m
   ノット:PRノット
   歯切れ防止先糸:フィッシャーマン スーパーステルスショックリーダー 200lb 30cm
   先糸ノット:オルブライトノット改
   ジ グ:スミス CBマサムネ フルアバロン155g etc
   ワーム:ダイワDRスティック ネオンピンク

なお、久米島で釣れた鮪は、北海道まで郵送が可能で、船長に言っておくと、
最終日に港まで運送屋さんが集荷に来てくれる。

料金は、発砲、ドライアイス、氷を含めて35kgで1万円ほど。
ちょっと高いが、貴重なマグロを美味しくいただくためにはいたしかたない。

しかし、かみさんの実家がかに屋であることは、
こういうときに、すごく役立つのである。

それは、プロの料理人である義弟が見事に捌いてくれることと、
値の付くものは売れるということ。

因みに、10kgオーバーの1本は、1千円/kgで売れたので、送料をほぼ回収できました。



それでは、義弟の見事なマグロ解体ショウをご覧ください。
IMGP0286.jpg
マグロは、かみさんが釣ったものであるが、
船上では12kgと言っていたが、

一週間寝かせて計ってみると、約12kg。
ということは、内蔵と血、一週間の乾燥を考慮すると約15kgであったと推定される。

まず、背中とお腹に中骨まで包丁を入れます。
IMGP0288.jpg
                    
                                    IMGP0289.jpg

次に、尻尾に縦に1cm程切れ目を入れ、
そこに中指を入れ持ち上げながら、中骨と身を切り離します。
IMGP0290.jpg

                                    IMGP0291.jpg

中骨に残った身には、スプーンで綺麗にとって、中落ちにします。
IMGP0292.jpg

半身を、さらに半分にして、四半身にします。
IMGP0293.jpg
                                        
                                    IMGP0294.jpg

四半身としたものを適当な大きさに切って、保管します。
IMGP0300.jpg

                                    IMGP0301.jpg

昨年は、ドライアイスでカチンカチンで届いたが、
今年は、ドライアイスと氷の半々で送ってもらったことと、

今年から兼城漁港に製氷施設ができ、
船のイケスが氷いっぱいだったので、

鮮度が保てたためか、
昨年のメバチより今年のキハダの方が美味しかった。

自分達の少し後に行ったグループは、
50kgを始めに20kgオーバーを数匹釣ったとのこと。

来年行くとすれば、時期をしっかり検討しなければならない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 久米島遠征 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<天変地異の前触れか?せたな沖のヒラメ釣り。 | メイン | ヒラメ欠航でスクランブル、積丹沖のブリ釣り。>>
コメント
--
コメント入れたつもりだったんですが・・。入れたつもりのコメントをもう一度書かせていただきます(笑)。親戚に調理人が居るなんて最高ですね!これだと、安心して大物を釣ってこられますね♪私は妻の負担が増えるのが気の毒なので今まで通り貧果を世世続ける所存です(笑)
2014/06/17 07:20  | URL | 夫婦釣り #-[ 編集] |  ▲ top

-夫婦釣りさん。-
こんばんは。

身内に料理人が居て、加工場を使えるのは本当に助かります。
いまでは、家で魚を捌くことがなくなりました。
かみさんの実家は、長万部のバイパス沿いで濱乃屋というドライブインをやっています。
かに飯セットが好評ですので、近くに行ったら寄ってみてください。
釣り仲間だと言えば、何かいいことがあるかもしれませんよ。
2014/06/17 21:52  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/419-caf6a946
| メイン |