凄まじ過ぎるラストスパート、釧路沖のアオゾイ釣り。
- 2014/09/15(Mon) -
2014.9.13

7月にボートアメマスに行った際、
船長からアオゾイを頂いたのだが、

これが殊の外美味しかったので、
13日に遠く釧路まで、わざわざアオゾイを釣りに行ってきた。

金曜日、夜7時過ぎに札幌を出発。
釧路到着は、12時過ぎ。

車で仮眠をとり、6時に釧路港から出港した。

この日は、波高1.5mで風も5m以上という厳しい条件。
IMGP9401.jpg

ポイントとなる昆布盛沖までは、
通常1時間程度なのだが、
この日は、1時間半も掛かってしまった。
最初のポイントは80mライン。
船長の指示で仕掛けを落とす。

棚は、底から5m。
10分ほどして、まず、かみさんに魚信。

竿がゴンゴン言っており、アオゾイと確信。
幸先良く、40cmオーバーをゲット。

続いて、自分にヒット。
もの凄い引きで、上がってきたのは、
アオゾイの3連。
IMGP9400.jpg

この感じでいったらどんだけ釣れるのだろうと思っていたが、
その後は、柳の舞の嵐で、
アオゾイはポツポツという状況になってしまった。

しばらくして、60mラインに移動。
ここでも、やはり柳の舞。
IMGP9405.jpg
針数付いてくれるのはうれしいのだが、
狙いは君たちではないのだ。

しばらくすると、波も風も弱くなってきたので、
船長の極秘ポイントに移動。

ここまで、4時間で柳の舞7に対して、アオゾイ3という厳しい状況。
移動時間を考えると、残り時間は1時間。

棚は、底から10m。
いい反応が出ているので、追い食いさせるよう指示がある。

仕掛けを入れると、すぐにヒット。
IMGP9402.jpg
このポイントは、柳の舞もうるさくなく、いい感じ。

そうこうするうちに、入れ食いモードに突入。
かみさんのロッドが、今日一番のしなり。
IMGP9404.jpg
アオゾイ3匹、柳の舞2匹、珍しくホッケも1本。

自分もアタリがあってから、ラインを少し送り込み、
追い食いを試みる。

少し重たくなったところで巻き上げると、
針数全部にアオゾイが付いたパーフェクト。
IMGP9407.jpg
1匹1.5~1.7kgなので、これ全部で10kg以上ということになる。
重たいはずである。

同行のS氏も1本だけタラではあるがパーフェクト。
IMGP9406.jpg

このラスト1時間は、ダブル、トリプルは当たり前。
忙しくて、腰が痛くなってしまったが、
楽しくて笑いが止まらない。

遠く釧路まで来た甲斐があったというものである。

結局、もうクーラーに入らなくなり、
ちょっとだけ早上がり。

最終的な釣果は、アベ40~50cmのアオゾイが40匹。
柳の舞が50匹ぐらいと、70cmぐらいのタラが3本。
鯖が10本ぐらいとホッケが1本。

大型クーラー2つが満タン。
IMGP9410.jpg
船長曰く、これでも、あまりいい方ではないというから恐ろしい。

これだけの獲物を自分達だけで処分することは到底不可能なので、
2時に帰港して、その足で長万部の実家に向かう。

翌日は、家族総出で魚の処理。
IMGP9411.jpg
これだけの人数で処理しても、3時間も掛かってしまった。

道南では、ほとんど出回らないアオゾイ。
期待を一心に背負っての釣行であったので、
たくさん釣れて、本当に良かった。

正直、この釣りを一度味わってしまうと、
道央圏でのソイ釣りには興味がなくなってしまう。
それほど、この釣りは桁違いなのである。

釣っていて楽しく、食べても美味しいので、
この釣りは、年中行事の一つになることは間違いない。

来年は、ただ釣るだけではなく、
スロージャークやインチクなんかでも釣ってみたいと思っている。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<初物ゲット!太平洋のサケ釣り。 | メイン | モスラ襲来、積丹沖のブリ?釣り。>>
コメント
-アオゾイ-
TOMさん、こんばんは

ご無沙汰しております。釧路沖のアオゾイ釣りは、YouTubeで動画をみたことがあります。それこそ鯉のぼり状態で釣れていましたが、やはり同様の釣果の様で何よりでございます。

船の釣りはとにかく量が釣れるので、釣っている時は天国ですが、帰宅後が大変ですよね(^^:

僕も先日、初めてイカ釣りに行きましたが、正直なところ20杯もあれば十分です。もっとも、好調時は20杯など直ぐでしょうから、実際の釣りではもっともっと釣ってしまうのですが、数釣りの世界は難しいですね。
2014/09/15 22:41  | URL | Hiroshi #-[ 編集] |  ▲ top

-アオゾイ凄い-
TOMさん
アオゾイ凄いですね!!
羨ましい。
柳の舞も煮つけ美味しそうです!

こないだお話ししましたウトロ沖7本でした(メス1本(泣))
なぜか、シマゾイが一匹(笑)
釣りというか、一本釣り漁師みたいな感じでした(笑)


今週末は、オホーツクへ鮭ルアー遠征してきます!
2014/09/16 05:58  | URL | たけ #-[ 編集] |  ▲ top

--
凄いですね~。見た事無いです!おっしゃる通り道央、道南でチマチマやってるのがバカバカしくなるでしょうネ(笑)。でも、そうそう行ってられる所でもなく、たまに行くのが良いのではないでしょうか?i-179
2014/09/16 17:56  | URL | 夫婦釣り #-[ 編集] |  ▲ top

-Hiroshiさん。-
こんばんは。

まさにも鯉のぼり、長く船釣りをしていますが、これほどのことは今まで経験がありません。
最近は、船釣りと言ってもそれほどつれていませんので、たまにはいいかなぁと。
イカなんか、日本海の夜釣りでは、業者さんも多く、500なんてこともありますからね。
我が家の場合、いくら釣っても、処分に困ることがないので、安心です(笑)
2014/09/16 21:46  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-たけちゃん。-
こんばんは。

初の船鮭で7本なら御の字では。
メスが少ないのは、残念でしたね。
オホーツクは、まだ厳しいみたい。
日本海の群別、幌辺りが安定しているようだよ。

アオゾイは、バカみたいに釣れるので、独身の君は処分に困っちゃうだろうから、誘いませんから。
2014/09/16 21:51  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-夫婦釣りさん。-
こんばんは。

なんだか今までの釣りって何だったんだろうと思うほど、驚きの連続でした。
あれだけ釣っても、あっという間になくなってしまいましたので、来年は2回ぐらい行かなければならないかもしれません。
2014/09/16 21:55  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

--
アオゾイはソイの仲間ではなくて、メヌケの仲間だと聞いていましたので、その味は別格ですか。
数が釣れるのは、その釣り場が荒れていない証拠ですね。
一度は釣ってみたいですが、道南からは遠すぎます。
根室標津まで一度釣行しましたが、二度目はないです。
2014/09/17 06:36  | URL | 北遊人 #5CQAUZ26[ 編集] |  ▲ top

-北遊人さん。-
こんばんは。

正式には、クロメヌケというようです。
なので、味、食感ともソイとは格段に違います。
脂の乗りも凄かったです。
今回、釣りに対する認識が根底から覆されました。
本調子だとこんなもんじゃないということですから、遠くまで遠征する価値は十分にあると思います。
2014/09/17 20:07  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/430-830d4443
| メイン |