釣り場防衛軍!太平洋のサケ釣り。
- 2014/09/27(Sat) -
今週は、土曜日に夜ブリ第2戦の予定であったが、
強風になると予想されるので、中止となってしまった。

しかし、折角の休日を釣りをせずに費やすのももったいないので、
急遽、いつものポイントにサケ釣りに行くことにした。
IMGP9417-1.jpg

前回、ぶっ込みの方が2名、河口に陣取っていたので、
ルアー組は、かなり窮屈な思いをさせられた。

あくまで一般論だが、サケの釣り場は、
河口付近は、ルアー。

一人で何本も竿をたて、場所を取るぶっこみは、
河口から離れたところでというのが、暗黙の了解となっている。

しかし、先週のぶっこみの方は、この釣り場に人が少ないのをいいことに、
河口の一等地を独り占め。

この方は、高齢で釣りもベテラン部類である。
当然、そのルールも十分に承知であろうから、
今更、暗黙の了解について、説明するなんて野暮なことはできない。

地元の方となんとか対策を打たなくてはなりませんねなんて話をしていた。

対策としては、この方より早く行って、場所を確保するしかない。
ということで、いつもより、早く家を出て、1番に釣り場に到着する予定であった。

しかし、なんと、真っ暗な釣り場に先行者が・・・。
一瞬、嫌な予感が頭を過ぎったが、取り越し苦労で、
対策を打たなきゃと話していた地元の方であった。

私と全く同じ考えで、ぶっ込みの方より早く来たとのこと。
自分達とこの方で、ルアー組の釣り場を十分に確保できるようにした。

この方とは、この釣り場に来るルアー組のため、
ぶっこみから、この釣り場を守りましょう!
なんて、大げさに誓い合ったのである(笑)

さて、釣果は、前回に続きボーズ。
かみさんは、掛けたものの、数秒でバレ。

全体で4本。
ハネは時々見られるが、群れが古いので、
新しい群れが入らないと苦戦が続くものと見られる。

帰りに、登別漁港を覗いてみると、
10時を過ぎているにもかかわらず、
港内で4本釣れていた。

そろそろ、来月のマレーシア遠征の準備をしなければならない。
初めての釣りなので、同行の方々の迷惑にならないよう、
しっかり準備しなければ・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | ルアー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ド干潮だけど、太平洋のサケ釣り。 | メイン | 2日違うだけなのに・・・、太平洋のサケ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/433-29144230
| メイン |