完敗!噴火湾のサケのハネ打ち、第二弾。
- 2014/11/16(Sun) -
2014.11.15

噴火湾のサケのハネ打ちができる期間は、とても短い。
数年前までは、10月下旬から11月下旬までと1か月間であったが、
ここ数年は、11月第2週から第3週までの2週間ほどとなってしまった。

土日しか釣りができないリーマン釣り師は、
たった2回しかチャンスがないのだ。

先週は、いつもと違う船に乗ってちょっと苦労したが、
今週は、いつもの船で出られることになった。

早朝5時半出港。
船長から先週のお話を聞くと、
長万部の前浜で釣って、50本オーバーだったとのこと。

前浜なら、移動は15分ほど。
こんな楽なことはない。

この日は、中ノ沢方面に南下。
移動時間は、15分ほど。

まだ暗いので明るくなるのを待っていると、
八雲の船が、2時間近く掛けてぞくぞくとやってきた。
IMGP9496.jpg
この日は、波が高く、ハネを見つけにくい。

しばらく探すがハネが見つけられないので、
魚探の反応を見ながら、とりあえずやってみることに。

水深15mから20m辺りにサケの反応があるため、
カウントダウンしてルアーを沈める。

噴火湾のハネ打ちで60gのルアーを使うのは、
こういったときのためである。

この日は、風が強く、船がかなり流されるので、
風上でルアーを投げ、ラインを出してルアーを送り込み、

船が流れるのに任せて、一切リールを巻かない。
いわゆるほっとけ釣法をしていると、微かなアタリ。

そのまま、放っておくと、だんだとアタリが強くなる。
ここでアワセを入れたところ、がっちりフッキングし、

追いアワセもして、ロッド立ててリーリングに入ったところで、
フッと軽くなる・・・・。

えっ!確実にフッキングしたはずなのに・・・。
バラした?すっぽ抜けた?
どうなったよく解らない。

とにかく、逃してしまったことは確か。
がっくり・・・。

これが最初で最後のチャンスになるとは、
このときはつゆ知らず・・・。

その後もハネはほとんど見られず。
たまに見つけられても、誰にも掛からない。

吹雪の中、頑張ってキャストするも、
誰一人掛からない。
IMGP9495.jpg

気温は、-3℃程度なのだが、
風が7m程あり体感温度はかなり低く感じる。

滅多にないことなのだが、
かなり着込んできたにもかかわらず、
ガタガタと震えがきてしまう始末。

身の危険を感じたので、
身体に震えが来る度に、
ヒーターの効いた操船室に入れて貰い、
暖をとりながら頑張った。

結局、何名かアタリがあったものの、
キャッチにはいたらず、
船中ボーズで11時半に帰港となった。

敗因は、前日から急激に冷え込んだことによる水温の低下。
朝の段階で10℃、昼頃には逆に9.5℃まで低下。

この水温では魚はハネず、中層を回遊する。
そうなると、この釣りは非常に厳しい。

今後、水温の上昇は見込まれないので、
噴火湾のハネ打ちは、ほぼ終了と考えて良いだろう。

水温低下に伴い、魚は岸よりするので、
これから長万部周辺の河口では、
釣果が上がってくるのではないだろうか。

さて、先週釣ったサケは、仕入れたサケとともに山漬けにして、
こうやって店の前で乾されている。
IMGP9497.jpg

うち一本は、型の色も良かったので、
5,000円で売られていったそうだ。

自分達の釣った魚が、良い値段で売られていくというもの、
うれしいものである。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<三連休は釣り三昧、余市魚港のマメイカ&黄金沖のカレイ。 | メイン | 骨折り損の・・・、噴火湾の鮭のハネ打ち。>>
コメント
--
お疲れ様でした。16日は波風強くて我が家は断念しました。釣った魚が間接的とはいえ、お金になるとは面白いですね(笑)。私もカレイくらいだったら売るほど釣れるので、通販で売ってみようかしら(^-^)。
2014/11/18 14:27  | URL | 夫婦釣り #-[ 編集] |  ▲ top

-夫婦釣りさん。-
こんばんは。

この時期になると、噴火湾と言えども、休日と凪が合う日なかなかないですよね。

サケのほか、ヒラメ、アオゾイ、マグロなどは、店で売ることができるので、多少、実家の売り上げ貢献できます。
カレイも干したソウハチなら売れるかもしれませんよ(笑)
2014/11/18 22:31  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/445-bc0c3641
| メイン |