久しぶりの小物釣り、小樽港のチカ釣り、おまけに船仕掛け。
- 2015/04/26(Sun) -
もう5月になろうというのに、天候が今ひとつ安定しない。
先週も今週も強風で皆さん苦労しながら釣りをしているところであろう。

自分達はというと、この条件では釣れる場所は混み合っていると考え、
兼ねてから紹介いただいていたボートや
積丹方面で売りに出されているものなどを見学にあちこちに行っていた。

今日は、ヒラメなどの餌の確保のため、
久しぶりに小樽港にチカ釣りに行ってきた。
9575.jpg
早めに行って早く帰って来ようということで、
釣り場の到着は、早朝5時過ぎ。

朝イチはパッとしなかったが、
気温の上昇とともにだんだんと釣れ出す。

チカは、群れが通過する度に釣れるという感じて、
常時入れ食いという感じではない。
9576.jpg

地元の方は、群れが来るとすぐには上げず、
追い食いさせて、上手に連掛けしている。

自分達は、掛かるとすぐに上げていたが、
真似をして追い食いさせると、鯉のぼりが出来上がる。

結局は、9時過ぎまてで70~80匹ぐらい。
型は、10cm~20cmぐらい。

大きいものはヒラメ用の、小さいものは海アメの浮き釣り用の餌。
その他は、食用に。

久しぶりのチカフライは、フカフカでとても美味であった。


さて、先週は、義弟からのリクエストもあり、
久しぶりに、船のカレイ仕掛けを真剣に製作していた。
9577.jpg

前にも紹介しているが、自分は船のカレイ仕掛けは、ほとんどこれしか使わない。
9578.jpg

この仕掛けは、今は亡き函館の倉島釣り具で作り方を教えていただいたものである。
一見シンプルではあるが、作るのはとても大変なのだ。

コツは、いかに上手に撚りを入れられるか。

撚ることによる縮みを計算して全長を決め、
4本撚りと2本撚りを組み合わせて作るが、
撚りを失敗するとすべてパーなのである。

この仕掛けの特徴は、4本撚りの部分にウィリーを巻いて、
瞬間接着剤で固め天秤としていること。
9580.jpg

それと、重りを付けるクロスラインスナップの使い方。
9583.jpg

通常とは使い方が違い、横向きに使う。
これにより、テコの原理で、少ない竿の動きで仕掛けを踊らすことができるのだ。

なお、4本撚りの部分は、天秤の部分から最初の針までと幹糸部分。
9582.jpg

2本撚りは、最初の仕掛け以降。
9581.jpg

2つの特徴から、お解りいただけると思うが、
この仕掛けは、マガレイの小突き釣りに特化した攻めの仕掛けである。

とにかく、小突く、狂ったように小突く。
その後、スローモーションのようにゆっくりを仕掛けを持ち上げる。

小物は、小突いている最中に掛かり、
大物は、ゆっくり持ち上げた時に掛かる。

比較的、大きいものが掛かりやすいのも、
この仕掛けの特徴でもある。

太平洋は、GW明けから本格的なマガレイのシーズンに入る。
今年もこの仕掛けで大物を釣り上げたいものである。
スポンサーサイト
この記事のURL | 小物釣り | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<連休は3連チャン、せたなのカレイ×ホッケ×ホッケ。 | メイン | 奇跡の1本だったはずが・・・、積丹沖のサクラマス釣り。>>
コメント
--
以前にもブロ友さんが手作りの仕掛けを公開してましたが見事なクオリティーに驚きました。それにも劣らぬすばらしい仕掛けですね。私は専ら既製品にちょっとした手入れをするだけでお見せ出来るようなものでは有りません(笑)。
マガレイのハイシーズン突入ですが釣果楽しみにしております。
2015/04/28 09:32  | URL | 夫婦釣り #-[ 編集] |  ▲ top

-夫婦釣りさん。-
こんにちは。

この仕掛けは、見た目よりかなり手が掛かりますが、もう、売っているところがない上に実績があるので、頑張って作ってます。
ただ、深場や流れの速いところには不向きなので、噴火湾専用みたいなものです。
2015/04/29 14:51  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/461-35fd6ffd
| メイン |