沖防貸し切り、瀬棚漁港沖防のカレイ釣り。
- 2015/05/10(Sun) -
2015. 5 .9

土曜日は、友人と黄金のレンタルボートで初出航の予定であったが、
強風のため中止となってしまった。

カレイ釣りのピークとも言えるこの時期、
せっかくの休日を無駄にするのももったいない。

天気予報を確認すると、
唯一、道南日本海方面のみ安定した天候とのことであった。

そうなると、当然思いつくのは、瀬棚の沖防。

早速、寿喜丸に予約の電話を入れ、
無理を言って、午前11時から午後6時半までという
変則的な時間設定で渡してもらうことにした。

瀬棚到着後、Y副船長とご挨拶もそこそこに、
早速、沖防に向かっていただいた。

どういう訳か、沖防には誰もいない。
このハイシーズンに誰も乗っていないなんて・・・。

GW明けの休日なので、皆さん仕事が忙しいのだろうか?

自分達としては、先端に入って全方位に投げ放題で、
こんなありがたいことはない。
9597.jpg
自分は、真っ正面に6色の遠投。
かみさんは、たこの網があるので、斜めに4色と遠慮気味に遠投。
9602.jpg
欲張って、コマセ籠を付けた竿は、港内側にチョイ投げ。

開始早々の一投目からかみさんにアタリ。
いきなり良型のダブル。
9596.jpg
さすが一等地、こんな時間でも釣れちゃうのだ。

とはいえ、昼間なので、そんなに頻繁にはアタリはこないが、
ヒットすると30cmオーバーと型がいい。
9598.jpg

そうこうしていると、寿喜丸が目の前を通過。
9599.jpg
船長がヒラメのへら引きに出かけるところだった。

3時頃からは、頻繁にアタリが出だし、忙しい。
9601.jpg

ただ、コマセ籠を付けたチョイ投げ竿は、
ホッケが籠を突くだけて、なかなかヒットまでには至らなかった。

たぶん、浮き釣りをしたら、爆釣であっただろう。

4時頃になると、アタリが頻発するが、小型が多くなる。
もう時期的に、小物の数釣りの時期に入ったということだろう。

釣果は、12時から6時までこんな感じ。
瀬棚沖防2
(寿喜丸さんのブログから拝借)

早朝からでないにも係わらず、
これだけ釣れれば、大満足である。

さらに、ヒラメ釣りの帰りがけに船長が寄ってくれて、
ヒラメと良型ホッケをプレゼントしてくれた。

ヒラメは、只今3,000円/kgだそうだ。
それに良型のホッケで、ほぼ沖防渡しの代金が浮いてしまったかもしれない(笑)

船長、ありがとうございました。
次に行くときは、おみやげ持って行きますね!

さて、来週も瀬棚でヒラメ釣りの予定。
しかし、台風の影響なのか、予報が芳しくない。

なんとか、予報が変わってくれることを祈っている。
スポンサーサイト
この記事のURL | 投げ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<三重苦で絶不調、黄金沖のカレイ釣り。 | メイン | 連休は3連チャン、せたなのカレイ×ホッケ×ホッケ。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/463-370585c1
| メイン |