久しぶりの大漁、瀬棚沖のヒラメ&長万部漁港の海アメ釣り。
- 2015/06/07(Sun) -
2017. 6. 6

釣りはどんものでも楽しいが、
その中でもベストは何かと問われれば、
ヒラメ釣りと答えるほど、ヒラメ釣りは楽しい。

土曜日、満を持して、今年初のヒラメ釣りに行ってきた。

出港は、4時半であったが、4時には皆さん集合していた。
結局、4時過ぎには瀬棚漁港を出港。

最初のポイントは、鷹巣岬を見渡す12mライン。
9621.jpg

開始してしばらくはアタリなし。
やっと、15分後に前方の方にヒット。

その後、すぐにもう一人の同乗者もヒット。
しかし、自分達には、しばらくアタリなし。

絶好調の瀬棚であれば、朝一だとバケを数回振っただけヒットするのだが、
この時間帯は、潮が動いていないせいか、なんだか変だ。

小一時間して、やっと40cmぐらいの小物がヒット。
そのすぐ後、ちょっとサイズアップして45cm。

この後、急に潮が速くなり、さらに、うねりも有り、
釣りにくくなるが、だんだんとアタリが出てくる。

しかし、今一つ活性が低いにも係わらず、
自分達は、かなり大きい餌を付けているので、
アタリだけ終わることが多い。

自分達の餌は、長万部で「モグリ」と呼ばれているもの。

これ、実はオオナゴの通称で、
夏の高温時に砂にもぐって夏眠する習性から、
こう呼ばれているのである。

実家の知り合いの卸業者の方が、市場で無理矢理買わされて、
処分に困っていたものを大量にいただいた。

大きさは20cmぐらいと大きいが、
真空でパックしたものを実家の-20℃の冷凍庫に入れているので、
鮮度は抜群なのだ。

大きい餌には、大きいヒラメが来ると信じて、
あえて大きい「モグリ」を使っている。

8時前にやっといいアタリ。
ロッドはガンガンいって、ドラグも出まくり。

上がってきたのは、久しぶりのロクマル。
9623.jpg

この大物の引きが楽しくて、遠く瀬棚まで通っているのだ。
9624.jpg

一方、かみさんはというと、
ちょっとしたミスもあり、ここまで全然ダメで、
アタリも取れないという状況。

バケを水牛に変えてミスを修正して、
アタリが出だし、やっとヒット。

このとき、船中全員ヒットし活性が上がったと思ったが、
また、しばらく喰い渋り。

次のゴールデンタイムは、9時頃。
ここで、かみさんがやりやがった。
9627.jpg

50cmオーバーのダブルである。
合わせて1mオーバーとこれは重たかったはずだ。

この日は、一時間毎にゴールデンタイムという感じで、
10時頃、かみさんがロクマルに1cm届かない59cmをヒット。
9628.jpg

自分も負けずに、またもやロクマル。
9629.jpg
これは、上針に喰ってきたので、ブリがと思うほどの強い引きであった。

その後は、活性も上がり、アタリが頻発するも、
食い込ませることができたり、できなかったり。

このもどかしさと大物の暴力的な引きが、
ヒラメ釣りというものを熱くさせるだ。

自分は、ここ瀬棚の場合は、最低10枚をノルマとしているが、
最後の一枚までが大変だった。

アタリを乗せられず、乗せても船縁でバラしたりと・・・。

結局、ラスト1分でやっとヒット。
船長のタモ入れと同時に、終了となった。

釣果は、自分がロクマル2枚を含む10枚とリリース2枚で、
かみさんは8枚。

同乗者は、18枚と12枚。

朝は、瀬棚では珍しい程のの渋さであったが、
終わってみれば、船中48枚と大漁であった。

潮がめまぐるしく変わり、途中から風も強くなるという悪条件の中、
適切に操船いただいた船長に感謝である。

この日の状況は、寿喜丸さんのブログに同乗者の状況も詳しく掲載されています。


この日は、夕まずめで長万部漁港で海アメ釣り。
いつもの場所には、先行者がいたので、
お話を伺うと全く釣れていないとのこと。
9631.jpg

仕方がないので、外海側でやって見るが、
濁りが酷く、アタリすらなし。

30分ほどしていつも場所に戻ると、
先ほどの方は、すでにお帰りになっていた。

ダメもとでやって見ると、すぐに浮きが沈む。

今年は、海アメが入って来なくてやきもきしていたが、
やっと入ってきたようだ。

再度、浮きを投入すると、即ヒット。
9632.jpg

あまり大きくはない割に、良く引くなぁと思っていたが、
上げてみると、腹がパンパンの40cmであった。

その後、連続して 3本を追加して、
あと一本で帰ろうと思い、投げ返えそうとリールを巻いていると
ガツンとヒット。

1.5号の磯竿なので慎重に遣り取りし、
やっとの思いで引いてくると、
到底抜き上げられそうなサイズではない。

タモも持ってきていないし、近くに誰もいない。

仕方がないので、斜路まで100m以上あるが、
引っ張って行って、斜路に引き上げるしかない。

なんとか斜路に到着。
魚もグロッキー状態なので、なんなく引き上げられた。
9633.jpg

鼻曲がりのオスでサイズは52cm。
小物が多いこの漁港では、大物の部類である。

まだまだ釣れそうではあったが、
これで満足して終了とした。

ここしばらく、あまり大釣り出来ていなかったので、
この日一日で挽回できた気分である。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<完全リベンジ、黄金沖のカレイ釣り。 | メイン | 三重苦で絶不調、黄金沖のカレイ釣り。>>
コメント
-連日お疲れ様です-
TOMさん 今日は
先日は有難う御座いました
予定数量しかも良型ゲット流石ですね~

翌日はヒラメの釣り名人達は完敗でしたよ(涙)
1日違いで大変な差が出てしまいました早朝流れが無く沈黙!
潮が動き出しましたが沈黙状態でたまに当たりは有っても乗って来ません 
スレかかりが多くヒラメは居ても食いつきませんでした(惨敗)です。
2015/06/08 11:16  | URL | 寿喜丸 #-[ 編集] |  ▲ top

-寿喜丸船長。-
こんばんは。

今回もいっぱい釣らせていただきありがとうございました。

日曜日は、ダメでしたか。
小樽方面も全然ダメだったようです。
急激に水温が下がったせいなのでしょうか?
土曜日もなんかいつもと違うなぁと思っていましたが、私達はギリギリセーフだったということですね。

イケスに魚がいっぱいなので、春シーズンにもう一度に行こうか、秋にしようか悩み中です。

いずれにしても、またよろしくお願いしますね。
2015/06/08 22:59  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top

-大漁おめでとうございます!-
こんばんは!TOMさん。
ヒラメといい、アメマスといい、お見事な釣果ですね。
長万部漁港のアメマスを100m引っ張って、斜路にずり上げるとは凄すぎです(笑)。

7月の例の釣り、詳細が決まりましたらアナウンスお願いいたします。
2015/06/11 21:22  | URL | shinya #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

-shinyaさん。-
こんばんは。

かなり遅れていましたが、やっと長万部にも海アメが入ってきました。
たぶん、サクラも入ってきていると思います。
さて、道東の件ですが、近いうちに船長と打ち合わせをしてご連絡します。
日程は、前にお話ししたとおり7/18午後になります。
2015/06/12 21:56  | URL | TOM #HHwP0Xsw[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/465-f2fe704c
| メイン |