開幕戦はノーヒット、幌武意沖のブリ釣り。
- 2015/06/21(Sun) -
今年も、積丹沖には6月初めからブリが到来。
早い時期に行きたかったが、

他の釣行予定も入っており、
ちょっと出遅れの感はあったものの、
やっと、今日、今シーズン初のブリ釣りに行くことが出来た。

船は、いつもの桜丸
今年から、船長がメンディーこと関口君に変わったが、
良く気が利く好青年で、何とか釣らせようと一生懸命に頑張っていた。

平日は一人でも出港するということで、
是非、利用していただきたい。

さて、本題の釣りだが、しばらく、凪が続いたこともあって、
昨日もあまり良くなかったとのこと。

途中の海を眺めていても、ベタベタで嫌な感じ。

出港は5時。
前日、夕方まとまった釣果があったという幌武意沖に向かうことになった。

到着してみると、釣れたという情報が伝わっているのか、
周りはプレジャーやら遊漁船やらで船だらけだ。
9652.jpg
早速、ジグを落としてみると、なんだか軽い。

どうも潮が効いていないような感じだし、
おまけに、船もあまり流れない。

船長から7時半頃までが勝負だろうということで、
一生懸命ジャークする。

しかし、久しぶりのジギングなので、
変なところに力が入って、かなり疲れる。

疲れるとスローに変えて騙し騙しという感じでジャーク。

最近の釣れ方は、ゆっくりしたジャークがいいとのこと。
なので、初心者の方がむしろ釣れているらしい。

そうこうするうちに、だんだんと潮が聞き始めたなぁと思っていると、
同乗の初めてのブリ釣りという方がまずヒット。

少しして、もう一人にヒット。
さらに、少しして、かみさんと同乗者のダブルヒット。

軽い軽いと言いながら上がってきたのは、
3kg級のピンコ。
9653.jpg

この間、6時半から7時の約30分ほど。
自分は、この時間に一人だけ釣れず取り残される。

この日は、天気がいい割に、それほど暑くもなく、
海の上に居ても、快適そのもの。

潮止まりとなり、次のチャンスタイムの9時半頃までは、
食事をしたり、船長と話しをしたりと、
船の上でまったりと過ごす。

9時半過ぎに予想どおり、魚探に度々いい反応が出るが、
完全スルー、全く掠りもしない。

その後も、深場、浅場と移動を繰り返すも、
反応が出ても、やはりアタらない。

結局、その後、最後まで見せ場はなく、
11時過ぎに終了となった。

今シーズンの開幕戦は、かみさんがピンコ1本と
自分はオオナゴ3本(笑)とボーズ。

今後は、おそらく、一荒れして海がかき回されないと、
この状況は続くものと考えられる。

これから、道東遠征や海外遠征など、
いろいろと釣行予定が入っているので

第2戦の予定は、立っていないが、
次こそは、大物を釣りたいものである。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<釣り教室は厳しいのだ、黄金沖のヒラメ釣り。 | メイン | 完全リベンジ、黄金沖のカレイ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/467-3e01416b
| メイン |