激濁りで柳の嵐、釧路沖のアオゾイ釣り。
- 2015/09/23(Wed) -
2015. 8.21

週末の荒天で欠航続きでしばらく振りの更新となってしまった。

シルバーウィークは、恒例となった釧路沖のアオザイ釣りを予定していたが、
週末の釧路沖は波高4mの大時化。

そこで、土曜日の予定を月曜日に変更し、
なんとか出港できることとになった。

朝5時半に出港。
釧路港は、泥水のように真っ茶色で、嫌な予感がする。

ポイントは、昨年よりちょっと走って、100mライン。
期待を胸に、仕掛けを下ろすと、すぐにアタリ。
9759.jpg
しかし、アタリが弱い。
上がってきたのは、案の定、柳の舞。
9758.jpg

周りでも、大小様々な柳の舞が続々と上がる。

柳の舞しか釣れないので、移動を繰り返すも、どこに行っても柳の舞。
仕方がないので、棚を底から8m切ってアタリを待っていると、
やっと、アオゾイが釣れ出す。

ここで、S氏にも特大のアオゾイ。
9757.jpg

しかし、しばらくすると柳の舞の嵐。

船長曰く、柳の舞が広く散らばっており、
どこに行っても、柳の舞の餌食になってしまうとのこと。

周りでも、忘れた頃に上がる程度で、釣れる気がしない。

木曜日までは、順調に釣れていたそうだが、
その後の大荒れで、濁りが入ったせいなのか・・・。

船長もいろいろとポイントを変えて頑張ってくれているが、
どこに行っても柳の舞ばかりで、ほとんど諦めモード。

11時を過ぎた頃、サケの群れが入ってきて、
急遽、サケ釣りに変更。

自分達は、サケよりアオゾイが釣りたいのだが、
船中全体がサケ釣りモードなので仕方がない。

地元の方は、しっかりとサケの仕掛けを持参しているが、
自分達は、アオゾイ仕掛けのまま。

それでも、群れさえ入れば、これでも釣れるらしい。

しばらくすると、やはりサケ仕掛けの方にヒット。
その隣にいたかみさんにもヒット。

ちょっと小振りではあるが、メス。
9760.jpg

1時半をまわったころ、かみさんにまたもやヒット。
今度はさっきより大きそう。

ちょっと暴れられたが、無事ネットイン。
4kg級のオス。

ここからが、この日のハイライト。
かみさんが釣れていたので、オマツリした思ったS氏は、
同じタイミングでリールを巻いている。

しかし、かみさんは、無事ネットイン。

S氏?

その時、ラインが前方に流されていて、変だなぁと思っていたら、
2mほど先でサケを発見。

すぐに船長を呼んで、タモ入れ。
上がってきたサケは、キングかと見誤るほどデカイ。
9761.jpg

6kg、いや7kgあるだろうか?

実は、S氏は、ブリ釣り2回目で10kgを上げるほどの強運の持ち主。
今回も、本領発揮である。

結局、自分は、アタリのみでサケはボーズ。
地元の方で多い人は5本も釣れていた。

さて、肝心の釣果であるが、アオゾイは惨敗の5本。
それと、サケが2本とタラが3本。
9763.jpg

一方、柳の舞は、大小様々の型で100Lクーラー満杯。
9762.jpg

実家のみんなの期待を一身に背負って行った釣行であったので、
これでは、まったくダメ。

10月も連休があるので、リベンジを誓って、すぐに船長に予約を入れた。

これから、海が荒れてくるので、出港できる確率は低くなるが、
なんとか、タイミング良く出られることを祈っている。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<三兎追う者は一兎も得ず、黄金沖のいろいろな釣り。 | メイン | スクランブル発進、積丹沖のブリ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/478-acd9f605
| メイン |