初戦は完敗、黄金沖のカレイ釣り。
- 2016/05/29(Sun) -
もう5月も終わろうという時期ではあるが、
やっと、今シーズン初の船釣りに行けることになった。

友人のOさんの船に乗せていただいて、
義弟と自分とかみさんの4名で黄金沖のカレイ釣り。

今日の噴火湾は絶好の凪で、
長万部の実家から黄金漁港に向かう途中は、
どこも、船・船・船・・・。

のっこみのマガレイを狙って、丘も沖も釣り人だらけだ。
9803
出港は、6時過ぎ。
沖には、すでにたくさんの船。

最初のポイントは、船がたくさん集まっている伊達寄りの13mライン。
早速、仕掛けを下ろすが、全然アタリがない。

のっこみ最盛期で絶好の凪なので、
釣れないハズがないと思っていたので、?????だ。

最初に口火を切ったのは、ボートオーナーのOさん。
いきなり、良型のマガレイを連発。

この後も終始Oさんの一人舞台。
この日選択した両天秤仕掛けが大当たりであった。

お次は、かみさん。
9798
そこそこ良型のマガレイをゲット。

自分はというと、この間、ほとんど釣れておらず、
やっとこさ、いいアタリ。
9801
36cmとそれほど大きくはないが、
やっと手応えのある引きを堪能できた。

その後、場所をあちこち移動するが、ポツポツと拾い釣りという感じ。
周りもあまり釣れていないせいか、ひっきりなしに移動を繰り返している。

室蘭方面に大きく移動したところで、
やっと義弟にも良型がヒット。
9802
この日の義弟は、極小サイズが連発で、
ある意味、これも高いテクニックのいることである(笑)

結局、13時過ぎまでやってみたが、状況は悪化する一方。
正直、この条件でなぜ釣れなかったかは不明である。

一つだけ、それらしい理由を挙げると、
大雨が降ったわけでもないのに、やや海が濁っていたことぐらいか。

いわゆる潮が悪かったというしかない。
たぶん、魚はいっぱいいたが
食いが渋い状況だったのではないかと思われる。

9804
これは、Oさんと義弟の釣果であるが、
この条件下でこれだけ釣れれば、
良しとしなければなるまい。


さて、時間を遡って、土曜日の夕方。
いつもの、大中漁港で海アメ釣りに行ってきた。
9797

夕方5時から7時までで極小4本とメタボが1本の5本。
9796

46cmと良型とは言い難いが、
太くて元気がいいので、タモ入れに苦労した。

それにしても、未だに20cm台の小物が多い。
例年だと、もう少し大きいハズだが、どうしちゃったんだろう。


来週は、友人とレンタルボートでのカレイ釣り。
来週こそは、のっこみ最高潮と見込んでいるが、
どうなることやら・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カレイ転じてアブラコ祭り、室蘭港のカレイ?釣り。 | メイン | 理想の仕掛けを追い求めて。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/490-9196c7fd
| メイン |