カレイ転じてアブラコ祭り、室蘭港のカレイ?釣り。
- 2016/06/05(Sun) -
今日は、仲間でレンタルボートを借りてカレイ釣り。
数日前から微妙な天気だなぁと思っていたが、
今朝の白鳥大橋は風速11m。

船はつりぶねやさんでのレンタルだが、
はじめてなので、ポイントもなにもわからない中で、
強風という悪条件で不安いっぱいの船出となった。

とりあえず、船を出してみると案の定、
沖に出るのはほとんど無理。
仕方がないので、港内でロックでもやってみることにした。
9807.jpg
最初のポイントは、白鳥大橋の真下。
橋の支柱まわりを流してみる。

しかし、風が強く、うまく流せない。
なんとか、いい感じに流せるようになったところで、

まず先陣を切ったのは、生粋のロックフィッシャーであるK氏Jr。
場数をこなしているだけあって、この条件でもなんのことはない。

続いて、ロックフィッシュ初挑戦のT氏にヒット。
9811.jpg
これもなにやら大物の気配。

初めてにしては、大物にも落ち着いて対応。
9813.jpg
ゴーマルに2cm足りない48cm。

風がモロに当たって釣りにくいので、
風裏になるポイントに移動。

ここにきて、やっとアタリが出だす。

そして、ついに出ましたゴーマルオーバー。
やってくれたのは、やはりK氏Jr。
9812.jpg
(折角の大物だが、操船しながらなので、いい写真が撮れませんでした。)

船頭としては、釣れない状況が一番つらいので、ホントありがたい。

これに続いたのは、またもやT氏。
9814.jpg
本日、最重量の2kg級。

ビギナーズラックとは恐ろしいもので、
この後も、もう1本、同サイズをゲットしていた。

さて、ここまで沈黙の自分であるが、ワームを取っ替えひっ換えして、
なんとか、アタリワームを発見。

まずは、ゴーマル級をゲットしたが、
9815.jpg
その後は、カジカに魅入られ、シラミの2連チャンでガックリ。

残りお二人、K氏とS氏であるが、
K氏は良型のガヤと戯れていたが、ついに来ました。
9816.jpg
本日、最大の53cm。

S氏はというと、ここでは、なかなか調子が上がらないが、
後ほどクライマックスがまいります。

しばらくして、風も落ち着いてきたところで、少し沖目に移動。
9818.jpg
港内ではあるが、ここで、カレイ釣りをすることにした。

しばらくは、お約束のギスカジカ退治。
ギスを一掃すると、徐々にカレイが釣れてくる。

しかし、しばらくすると、また、良型ソウハチ混じりのアブラコラッシュ。
自分は、ここで、ドラグ出しまくりの良型のアブラコを3本追加。

それぞれ、カレイをポツポツ釣ったところで、
再びアブラコラッシュ。

そして、本日、写真を撮れる場面のなかったS氏についに大物が。
9819.jpg
若干ゴーマルには届かなかったが、大物をゲット。
さらに、続けて、同サイズを連チャンだ。

狙いのカレイは、あまり釣れなかったが、
この悪条件の中、それぞれ大物のアブラコをゲットでき、
船頭の責任はなんとか果たせたとホットしているところだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<癒やしの空間、近所で渓流釣り。 | メイン | 初戦は完敗、黄金沖のカレイ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/491-0e1ea9d9
| メイン |