はじめての凪、室蘭沖のヒラメ釣り。
- 2016/07/10(Sun) -
2016. 7. 9

先週に引き続き、2週連続のつりぶねやさんのレンタルボートでのヒラメ釣り。

今回は、メンバーががらっと変わり、いつも一緒のSD氏、
それと、数年振りに一緒に釣りをするSG氏とM氏。

このお二人、かなり気合いが入っており、
5時半集合と行っていたが、
自分が到着した5時には、すでに準備完了の状態であった(汗)

今回は、メインをヒラメとし、状況次第でカレイも狙おうというスケジュール。
9850.jpg

今回で3度目の室蘭沖であるが、
はじめて波も風もない凪の中で出港できた。
ポイントは、いろいろと迷ったが、
まず、朝一は、前回もヒラメが釣れた
北防波堤の先端近くを流してみることにした。

到着して、ヒラメ釣りはじめてのSG氏にレクチャーしていると、
いきなり、M氏にヒット。
上がってきたのは、ちょっと小さめの40cm弱。

その時、隣のSD氏にもアタリがきており、
じっくり食い込ませて、食べ頃の50cm弱をキャッチ。
9842.jpg
開始早々、幸先良く、2連発である。

ここは、ポイントをはずすと、急に深くなるので、流すのが難しい。

そこで、自分は、潮の流れや風の状況を掴むまで、
ワームで遊びながら操船に努める。

しばらくして、またM氏にアタリ。
ヒラメだーと叫んでいるが、残念、大物のソウハチでした。

すぐに、またも、M氏にいいアタリがあり、
今度こそ、大物ヒラメかと思ったが、
上がってきたのは、50cmオーバーのアブ。
9844.jpg

続いて、SD氏にいい感じのアタリ。
9843.jpg
今度は、50cmオーバーの良型である。

小一時間したところで、アタリも減ってきたので、崎守沖に移動。
あわよくば、マガレイなんて考えたが、
ヒラメもカレイもアタリなし。

船も数隻いたが、あまり釣れていなかった。

また、北防波堤に戻り流すが、やはりアタリは少ない。

ここから、自分もバケに変え、真剣しゃくっていると
やっとヒラメらしきアタリ。

今シーズンの初物なので慎重に取り込み、
見事、50cmオーバーをキャッチ。
9847.jpg

昨年から、太平洋のヒラメ釣りに出ているが、
黄金周辺よりも、この辺りの方がご覧のとおり肉厚な感じがする。

この後は、根回りのガヤと戯れたり、
SD氏が刺身サイズのソウハチを釣ったりとそれなり遊べるものの、
本命のアタリが少ない。
9846.jpg

そこで、大物が釣れているという情報があった
マスイチ沖へ大きくポイントを移動。

ここのポイントは、港からそう離れていないものの、
羅臼や小幌のような断崖絶壁が続く見事な景色であった。

こういう絶景の中での釣りは、本当に贅沢だと感じる。

さて、ここまで沈黙のヒラメ初挑戦のSG氏、
微妙なアタリを何度もものに出来ず、
だんだんと無口になってきたところであるが、

ポイント移動の一投目で明確なアタリ。
全員の注目を集める中、慎重な遣り取り。

タモ入れに入る自分も緊張したが、
なんとか50cmオーバーをキャッチできた。
9848.jpg

同じポイントを何度か流す中、
なんだかかいこむなぁなんて思っていると、

突然、ゴンゴンという暴力的なアタリ。

これは大物のアブだろうと思って水中を覗いてみると、
大物のヒラメがゆっくりと上がってくる。

さすがに大物、タモ入れで一暴れされたが、
なんとかランド。
9849.jpg
凄い肉厚の63cm。
自己新記録達成である。

さらに、しばらくして、M氏にもかなり強いアタリ。
また大物ヒラメかと期待したが、
先ほどよりさらに大きな50cmオーバーのアブであった。

ここでは、自分とSD氏がもう一枚ずつ追加したところで、潮止まりとなったので、
港内でアブでも狙おうと白鳥大橋下に移動。

あまり期待せず、雑談しながら、まったりと釣りを楽しんでいると、
突如、M氏にとんでもないアタリ。

巻き上げにかなり苦しんでいる横で、
タモを構えて待っていると、

タモを持つ手が震えるくらいの
とてつもない大物が目に入ってきた。

先ほど同様に、タモ入れで何度も暴れられたが、
なんとかキャッチ。
9851.jpg

今日イチの65cm。

釣りに関しては、いつも張り合っているM氏とSG氏。
この日は、SG氏の50cmに対して小物1枚と
心中穏やかではなかっただろうが、これで、一発大逆転。

この他にも、50cmオーバーのアブを2本も上げているだけに、
今日は、すべてM氏に持って行かれた感じだ。

結局、ヒラメは、船中9枚と数は出なかったが、
60cmオーバー2枚、50cm級が6枚と釣れると大物ということで、
なんとか形にはなったと、船頭としては一安心。

ただ、朝一からマスイチ沖に行っていたら
もう少し釣果を伸ばせただろうと反省しきりである。

さて、来週は、今シーズン初のブリ釣り。
1か月前に欠航となっているだけに、
今回は、なんとか出てもらいところだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<初戦は大苦戦、積丹沖のブリ釣り。 | メイン | 海況の変化には敏感に、室蘭沖のヒラメ釣り。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/497-1ff1e6c0
| メイン |