入魂完了?、積丹沖のサクラマス狙い。
- 2017/03/20(Mon) -
2017. 3. 19

今年初釣りは、積丹沖のサクラマス。
先週辺りから、いわゆる切れ目に入っており、
前日18日も船中1本とのこと。

あまり期待せずに、ホッケでも釣るつもりで、
積丹は余別漁港に向かった。

9977.jpg
出港は、6時。
続々と港から船が出ていく。

最初のポイントは、サル湾水深47mライン。
皆さん、それぞれシャクリを下ろすが、誰にもアタリはない。

30分ほどしてい神威岬沖に移動。
ここでは、ホッケが入れ食い。

9978.jpg

しかし、全体に型が小さい。
30分もすると入れ食いもあっという間に終了。

しばらくして、かみさんのシャクリにオオナゴが掛かってくる。
つまり、かみさんの棚にオオナゴの群れがいるということ。

タクヤ船長が棚を全員に伝達したところで、
トモの方にやっとサクラがヒット。
しかし、この1本で終了。

ポイントを前浜移すと、
また、ぽつぽつとホッケが釣れてくる。

そうこうするうちに、またトモの方にサクラがヒット。

何度か同じラインを流していると、
同行のS氏にどうやらサクラがヒットした模様。

まったりしていた船長が慌てて駆けつけ、
無事タモ入れ。

9979.jpg
小振りではあるが、貴重な1本。
キラキラと光っています。

結局、この日は、船中サクラ3本とホッケが少々で終了。
他の船も、かなり苦労していたようで、
船中1本なんて当たり前という状況。

自分たちは、サクラマスはボーズでした。


さて、ニュータックルであるが、
オシコン300HGは、予想以上に巻きが滑らか。
さすが、マイクロモジュールギア。

オシアジガー∞B634は、まずまず。
150~180gのジグがメインなので仕方がないが、
もう少しテップが入ってくれたほうが、ジグが動くと思われる。

今回、釣ったのはホッケだけだったので、
まだ、よくわからないところもあるが、

青物を掛けたあとのことを考えると、
B634の方がコントロールしやすいかもしれない。

つまり、北海道で青物を中心にこのロッドを考えと、
魚を掛けることを重視するならB653で、
掛けたあとの遣り取りを重視するならB634という感じだろうか。

いずれにしても、このタックル、
青物の実釣でどうなるか、今から楽しみである。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<苦節3年、ついに・・・。 | メイン | 迷いに迷って、スロータックル。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/512-277d9a43
| メイン |