初出航はイルカウォッチング。
- 2017/05/02(Tue) -
整備も終了し、準備万端であったが、
海況が思わしくなく、なかなか出航できなかった。

うねりが入り、厳しいかなぁとは思ったが、
本日、なんとか無事、初出航できた。

これといったセレモニーもせず、
朝8時、ドキドキの初出航。
KIMG0623.jpg

港を出ると予想どおりのうねり。
ビビってしまって、15ノットでノロノロ運転。
港から10分ぐらい30mラインで、まずはカレイ釣り。
ここはヒラメのポイントでもあるようだが、

時々手のひらサイズのマガレイが釣れるものの、
ギスとレントゲンばかりで直ぐに移動。

9986.jpg
移動中、この時期お約束のイルカの群れに遭遇。
今日は、最初から最後までイルカり群れに囲まれた状況であった。

イルカウォッチング。
お金を出して、わざわざ見に行く人がいるが、
自分達にとっては、全く厄介な来訪者である。

幌武意方面へ移動しつつ、カレイを狙うが、
やはりポツポツしか釣れない。

うねりの中、意を決して大きく移動。
根を探すが、ポイントなんて全くわからないので、
なかなか見つけられない。

そんな中、スローで遊んでいたT氏がなんかかかった模様。
結構重そうに巻き上げている。

上がってきたのは、腹パンパンのトウベツカジカ。
9983.jpg

これが釣れるということは、ここは根ではなく、砂地ということだ(笑)

やみくもに走り回っても根なんか見つけられないので、
ここは前オーナーのプロットしたポイントをなぞってみることに。

幌武意沖70mラインでやっていると、やっと自分ゴンゴンといいアタリ。
しかし、即バレ。トホホ…

何ヶ所か移動したところで、ホッケを少々。

午後になると少し風が強くなってきたので、
戻りながらカレイ釣り。
9985.jpg
しかし、やはりポツポツしか釣れない。

因みに、ローソク岩方面にいった方々は、かなりカレイを釣った模様。

今日は、終始うねりが高く、操船が下手くそなこともあり、
とても釣りにくい。

そのためかどうかはわからないが、
カレイ数枚とトウベツカジカ、ホッケ、クロソイという超貧果。

まぁ、今日は地形の把握と操船の練習ということで、
釣果は二の次ということにしておこう。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<たった半日で天国から地獄、大中漁港の海アメ釣り。 | メイン | 苦節3年、ついに・・・。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ideabarusu.blog39.fc2.com/tb.php/514-7e7599d4
| メイン |